空気も澄み渡り、秋らしくなってまいりました。

熊野古道歩きにぴったりな季節到来ですね。

本日は大丹倉での撮影風景をご紹介させていただきます。

 

 

撮影を開始したのは2012年5月末。

場所は三重県熊野市にある大丹倉。昔から苦行を行う修験者たちの聖地であったと言われております。

この日、どしゃ降りの中撮影を強行しました。画像は小屋で準備をしながら大降りをしのいでいるところです。

 

 

その後、小雨になった時を見計らって高倉剱大明神で祈願。(撮影、上映会がひと通り終了した翌年秋に願解きをしました。)

 

 

 

熊野の神様は、どうも味方をしてくれたようで。

 

 

雨が止んだところで撮影開始。

 

 

足がすくむ絶壁で撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

我々は素人ですが、出演者にはなるべく本職の方にお願いして出演いただいてます。この方は山岳道修験道を極められてる行者さんなので難所も。

 

 

雨上がりに雲が峰々に乱舞する風景。この日はなんとも熊野らしい風景が撮れました。本編のオープニングになります。

 

「こういう風景が撮りたい!」と切願しても気象状況やタイミングでなかなか撮れないものです。大手の撮影クルーだとこの1シーンのために数日を要し、きっと何十万もかかるでしょう。撮影日数も経費も限られている私たちにとって、幸先の良いスタートとなった1日でした。

 

本当に「熊野」ってすごいところだな~と実感する場面でもありました!!

 

 

 

★募集終了まで残り30日、みなさんからのあたたかいご支援お待ちしてます!

 どうぞよろしくお願い申し上げます。