READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

医学部入試における女性差別を認めない。弁護団活動にご支援を。

医学部入試における女性差別対策弁護団

医学部入試における女性差別対策弁護団

医学部入試における女性差別を認めない。弁護団活動にご支援を。

支援総額

7,400,000

目標金額 2,500,000円

支援者
416人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
28お気に入り登録28人がお気に入りしています

28お気に入り登録28人がお気に入りしています
2018年10月26日 21:27

目標金額の達成のお礼と「ネクストゴール」の設定について

目標金額の達成のお礼と「ネクストゴール」の設定について

 

当弁護団の挑戦したクラウドファンディングは、開始してからわずか約10時間で、目標金額とした「250万円」を無事に達成することができました。

 

私たちの活動が多くの皆様に支えられていることを実感し、また、一人ひとりの「想い」を寄せていただいた応援コメントを拝見し、弁護団一同、改めて身の引き締まる思いです。

 

ご支援をくださった皆様、また、弁護団の取組みを広めていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

皆様からの力強い後押しを受けて、私たちはクラウドファンディング期間として設定した「12月28日」まで、引き続きご支援を募りたいと考えております。

 

 

当初、弁護団活動の資金をクラウドファンディングで集めることを検討し始めた段階では、「弁護団活動をしていく上で最低限必要となり、また、達成が見込める額」ということで、目標金額を「250万円」と設定しました。

 

しかし、嬉しい誤算といいますか、皆様からのご支援のおかげで、この目標金額は早々に達成されました。

 

そこで、弁護団において、クラウドファンディングによるご支援を今後も募るのか、あるいはいったん終了とするのかについて検討をしました。

 

もともと、250万円という金額は「最低限・達成が見込める」ということで考えていたものですが、現在、東京医科大学に端を発した入試における女性差別は、文部科学省の調査などによって、東京医科大学以外においても、入試に際して女子受験生を不利に扱うケースがあったことが明るみになっております。

 

当弁護団は、東京医科大学のみならず、他の大学医学部、医大の入試においてなされた「女性を理由とした差別」についても、そのような差別にあった女子受験生を支援したいと考えています。

 

一人ひとりが個人として尊重される社会を実現するために、「教育における機会の平等確保」は非常に重要であり、私たち弁護団の活動がその一助になるならば、という思いで活動に取り組んでいきたいと考えています。

 

また、私たちは、被害受験生の代理人としての活動だけでなく、被害受験生同士の交流の場の設定、SNSを通じた情報発信、シンポジウムの企画・実施、報告書の作成など、多くの活動を実施していきたいと考えています。

 

 

そのためには、さらに多くのご支援が必要です。

 

そこで私たちは、次の目標金額(ネクストゴール)として、「500万円」を掲げることにしました。いただいたご支援金は引き続き、性差別的な操作による被害者の救済と再発防止のための活動費として充てさせていただきます。

 

また、さらに多くの方からののご支援がありましたなら、例えばシンポジウムについては、国内のみならず海外からもパネリストを招いて実施することも可能になると思います。

 

「性による差別の根絶」は、日本の社会だけにとどまる課題ではなく、世界的に推進されなければならない重要なものであり、今回の私たちの活動は、世界に向けて「日本でも性差別の根絶に向けてこのような活動が行われていること」を示す格好のケースになると考えています。

 

 

私たちの生きるこの社会が、誰にでも平等にチャレンジの機会が開かれ、一人ひとりの目標や夢への努力が正当に評価される社会であるために、弁護団一同は努力していきます。

 

皆様、さらなるご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【おわりに】
弁護団の直近の活動としては、10月29日午後4時、東京医科大学に対して成績開示や受験料返還、慰謝料支払いを求める「第1次集団請求」の請求書を持参し、しかるべき立場の方にお渡しする予定でおります。

 

弁護団活動につきましては、随時、
Facebook https://www.facebook.com/igakubu.sabetsu/
Twitter https://twitter.com/igakubujosei
でご報告してまいりますので、皆様引き続きシェアやリツイートで広めていただけますと幸いです。

 

また、お寄せいただいた支援金をどのような使途に使わせていただいたかは、2019年6月末をめどに、一定のご報告させていただければと思います。

 

2018年10月26日 医学部入試における女性差別対策弁護団
 

一覧に戻る

リターン

5,000

5,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
264人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

10,000

10,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
127人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

30,000

30,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

50,000

50,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

100,000

100,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

300,000

300,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

500,000

500,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

1,000,000

1,000,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

プロジェクトの相談をする