プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

LGBT当事者と、その理解者たちのためのフリーペーパーを継続して発行したい!

 

初めまして、こんにちは。株式会社 技術と人間・ビィマガジン編集部の村上ひろしと申します。私はLGBT当事者として、LGBTと向き合った真面目なテーマの雑誌しかないことに違和感を感じ、自分たちもひとりの人間なのだから、「読んだ人が楽しさや勇気を感じられるような、等身大のLGBTが登場するバラエティに富んだ雑誌が必要だ」と思うようになりました。

 

そこで今年5月には、その想いを形にしたフリーペーパー『Bee MAGAZINE』のパイロット版を作り、LGBT関連店、イベント会場等に設置していただき、これまでに2万部を配布することができました。

 

しかし、今年9月に発行予定『Bee MAGAZINE』第1号を発行するための資金が不足しています。等身大のLGBTが、仲間や理解者たちに生活情報や自分たちの悩みに関する知識等を届けるために、皆さまのご理解ご支援をいただければ幸いです。

 

(今年5月に東京・代々木公園で開催された、東京レインボープライドで
『Bee MAGAZINE』のパイロット版を配布しました!)

 

 

次の発売が待ち遠しくなるような、楽しいゲイ雑誌との出会い―

僕がこの雑誌に勇気を与えられたように、読む人に楽しさや勇気を与えられる雑誌を作りたいと思ったのです。

 

まだネットがなかった頃、真面目な書籍ばかりで、重く受け止めてばかりの「LGBT」という言葉。図書館でも本屋でも関連本はあったものの、どこへ行ってもそれはただの文字の羅列でしかありませんでした。

 

確かに自分の性について考え悩んだりしてきましたが、それはどこか周りと違って、僕の中の「普通」は、そんなに重く受け止めなければいけないものだろうか?と、

かえって不安を呼び寄せていました。

 

そんな時に、地元の本屋で発見したゲイ雑誌に心奪われたのでした。それは真面目な書籍にはない、ほっこりするようなネタからバカ笑いしてしまうものばかりで、次の発売までの一ヶ月の生活を楽しくさせてくれるものでした。僕にとってのLGBTは普通のことだからこそ、普通の雑誌(でも、きちんとセクシュアリティと向き合っている)ような、そのゲイ雑誌に大きな勇気を与えられたのです。

 

僕は「楽しさ」の中からだって、人を変える力や勇気が存在すると思っていますし、こういう人になりたい!という憧れだって抱くことができます。10代のときに手にしたゲイ雑誌が与えてくれた楽しさ・勇気を、今度はゲイだけではなくLGBT全体に届けるためのプロジェクトを立ち上げました。そして、LGBT当事者だけでなく、アライと呼ばれる理解者たちにも読んでもらえるものを作っていきます。

 

 

フリーペーパー『Bee MAGAZINE』について

 

フリーペーパー『Bee MAGAZINE』は、ライフ情報やカルチャー・バラエティに富んだもので、LGBT当事者だけでなく、LGBTフレンドリーな人、団体、企業等あらゆる分野を取り上げた記事やインタビューが見どころです。以下のような個人・団体のインタビュー掲載を予定しています。

 

(フリーペーパー『Bee MAGAZINE』第1号から、一部抜粋)

・FtMダンス&ヴォーカルユニット「SECRET GUYZ」

・LGBTフレンドリーな劇団と、平等な社会を目指すNPO法人

・ニューヨークで同性結婚をしたカップル

 

『Bee MAGAZINE』は、季刊誌として今後年に4回発行を予定していて、今回プロジェクトをご支援頂いたリターンには、完成した『Bee MAGAZINE』をお届けします。また、『Bee MAGAZINE』にご自身のインタビューが掲載されるリターンもございます。楽しく読めるフリーペーパーにのせて、ご自身の声を全国に届けてみませんか?

 

(FtMダンス&ヴォーカルユニット「SECRET GUYZ」のインタビューページのイメージです。)

 

 

 

皆様のご支援は、全額フリーペーパーの発行費用に充てられます。実際の費用内訳はホームページ内で閲覧できるようにいたします。

 

少しでも多くの人たちの役に立つ情報を届けたいと思い、「フリーペーパー」というスタイルにしました。誌面ではLGBT当事者に協力していただき、ライフスタイルなどをオープンにすることで「誰かの力になる選択肢を増やすきっかけ」を提供しています。

 

ですが、インタビュー等にご協力いただく方、取材費・記事作成やデザイン作業などもすべて無償でご協力頂いているので資金的に余裕がありません。そんな状況でも、どうしても全国に届けるためには「印刷代・発送代」はかかってしまいます。このフリーペーパーを安定して継続的に発行できるように、どうかご理解ご支援いただき、サポートしていただけたらと思います。

 

 

<支援金額の使途>

フリーペーパー誌面製作・印刷・物販に関わる経費に使用いたします。

 

フリーペーパー印刷費(2万部):450,000円
協力費・原稿料・撮影費:150,000円
フリーペーパー運送費:50,000円
その他雑費:50,000円
手数料(税込):132,192円
 

◎発行部数は2万部/季刊誌年4回発行予定

第1号を、9月中旬頃に発行予定で作業を進めております。

全国の協力店舗、LGBT関連店、イベント会場などに設置・配布

 

※フリーペーパーを設置・配布いただける店舗様も随時募集中です。

 

(ニューヨークで同性結婚をしたカップルのインタビューページのイメージです。)

 

 

『Bee MAGAZINE』プロジェクトは、すべてのLGBTの方々の応援・サポートになるだけでなく、「誰もが暮らしやすい社会」を目指す活動に結びつきます。

 

『Bee MAGAZINE』は、ライフ・カルチャー・バラエティに富んだ、楽しく読めるフリーペーパーでありながら、LGBTが抱える問題や不安なども取り上げていきます。そうした中で、ひとりでも多く自分のセクシュアリティに悩むLGBTの方々の手助けへのきっかけになることを願っています。

 

「ひとりで悩まないで、日本や世界には同じ仲間がたくさんいるんだよ」、「LGBTであることは病気ではない、個性のひとつだから自分らしく生きよう」というメッセージのある、一冊のフリーペーパーが誰かの心を救うことだってあるかもしれません。

 

(LGBTフレンドリーな劇団と、平等な社会を目指すNPO法人のインタビューページのイメージです。)

 

このフリーペーパーを通じて、LGBTの居場所があることを沢山の人に知ってもらい、「みんな違ってみんないい」、そんな社会を作りたいのです。

ぜひ、ご支援をよろしくお願いいたします!

 

Bee MAGAZINE Webサイト:http://www.bee-mag.tokyo/

 

 


最新の新着情報