READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

障がい者が生きやすい社会を目指して「とっておきの音楽祭」開催

とっておきの音楽祭 in MACHIDA

とっておきの音楽祭 in MACHIDA

障がい者が生きやすい社会を目指して「とっておきの音楽祭」開催

支援総額

90,000

目標金額 1,000,000円

支援者
6人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

障がいがある人もない人も、一緒に楽しめるイベントを!

 

はじめまして、「とっておきの音楽祭 in Machida」実行委員です。ページをご覧いただきありがとうございます。私達はこれまで、音楽を通じて「こころのバリアフリー社会」を実現するために東京都町田市でイベントを開催してきました。


「こころのバリアフリー」とは、姿形も、生き方も考え方も能力も、それぞれが違うことをお互いに認めあい、それを尊重することを目指しています。とっておきの音楽祭では障がいのある人もない人も一緒に音楽を楽しめるように企画を進めています。

 

2019年5月26日(日)、町田で4回目となる、「とっておきの音楽祭 in Machida」を開催するためにクラウドファンディングに挑戦させていただきます。2019年のイベントは、2020年オリンピックイヤーに向けてより充実した音楽祭とするため、東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京からの助成金とReadyforでのクラウドファンディングを計画させていただいた次第です。

 

皆さまどうか応援のほどよろしくお願いします!

 

 

 

世界中で開催されている「とっておきの音楽祭」とは?


障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。世界各地で同様のイベントが実施されていますが、2016年以来、東京都町田市でも有志が集い開催しています。

 

もともと、第35代アメリカ大統領ジョンFケネディの妹のローズマリーケネディに知的障がいがあったことから、ケネディ家は障がい者の支援活動に様々関わっており、1960年代には、Special Olympicsが立ち上げられ、1989年には、障がい者の芸術祭Very Special Art Festivalが開催されました。

 

以来、世界各地でその主旨に賛同する同様のイベントが行われています。日本では2001年に仙台市で第1回のとっておきの音楽祭(Very Special Music Festival)が開催され、以降、秋田、枚方、熊本等全国18か所に広がっていきました。

 

「とっておきの音楽祭 in Machida」は、2016年10月に首都圏初として開催し、2017年10月に第2回、2018年5月に第3回を開催しています。今回は第4回目の開催です。

 

 

 

町田に関わる多くの方々に支えられ開催を続けています。


2016年以来、毎年開催しておりますが、これは毎年開催することで出演ミュージシャンにとっては励み・楽しみの一つとなり、来場者にとっては音楽の文化を通して心のバリアフリーを体験していただく機会となっています。


前回までは、多くの町田市、銀行、企業よりご後援、ご協賛をいただき実施して参りました。


(町田市、町田市産業観光課、町田市障がい福祉課、町田市社会福祉協議会、町田まちづくり公社、町田市観光コンベンション協会、町田商工会議所、町田青年会議所、町田市医師会等の団体や株式会社小田急百貨店町田支店、町田東急ツインズ、三井住友銀行町田支店、西武信用金庫町田支店、八千代銀行町田支店、横浜銀行町田・鶴川・つくし野・鶴川西・成瀬、山梨中央銀行町田支店、大同生命保険、みずほ銀行、みずほ証券、大和証券など)

 

 

 

普段は発表の場があまりない方にとっても自己表現の場に

 

実施会場は、通りに面した広場や公共施設を予定しています。屋外での演奏はコンサートホールなどで演奏するのとは違い特別なものがあります。たまたま通りかかった人が足を止めて演奏を聞いてくれ、拍手をしてくれたときは本当にうれしいものです。この経験を多くの方に味わっていただきたいと考えています。

 

来場者も、一緒に歌い応援しながらパフォーマンスを楽しむ、つたない演奏でも一生懸命歌い演奏する姿に心を奪われることがあるかもしれません。ジャンルを超え、演奏する人もそれを聴く人も、そして障がいのある方も無い方も共に音楽を楽しむひとときが、「とっておきの音楽祭」です。

 

音楽祭を通じて、過去の参加者様から次のようなメッセージをいただいております。

 

―メッセージ―
・ぜひ今後も継続していただけたらと思います。ありがとうございました。
・また開催された時はぜひ出演したいです。
・参加した方々から多くの称賛の声をいただけました。
・演奏させていただく機会をいただいたことに感謝以外に言葉が見つかりません。皆さん良いイベントにしようと一生懸命な様子が伝わってきました。ありがとうございます。
・今回のイベントを通じて新たなアーティストさんと交流ができたりしたので出演してとても楽しかったです。

 

普段は発表の場があまりない方にとっても自己表現の場として楽しみにしてもらえるようになり、必ず今回も開催するべく準備に励んでいます。

 

 

 

皆様から頂いたご支援で、「とっておきの音楽祭
in Machida 2019」を開催・運営します!

 

今回の音楽祭では80~100組のミュージシャンが町田駅周辺の公共のスペース5ヶ所で演奏・歌声・ダンスなどのチカラを約50,000人の来場者に向けて表現します。


出演するミュージシャンの3~4割程度が障がい者もしくは障がい者を含むグループであり、この音楽祭が、障がい者の可能性を広げ、社会参加を促し、障がい者・健常者双方の理解を深め、尊重し合う機会となればと思っています。

 

<とっておきの音楽祭 in Machida 詳細>


開催日程:2019年5月26日(日)
当日のスケジュール:
10時~10時25分 開会式
10時30分~17時 5会場にて出演者のステージ(1組あたり約25分)
17時30分~18時30分 グランドフィナーレ
出演者:現在公募中

 

※多少の雨天であれば実行しますが、荒天の場合は中止になります。その場合クラウドファンディングで集まった資金は、来年度に行なう同様のイベント開催費に充てさせていただきます。


ゲストミュージシャンとしては、ダウン症のミュージシャンとして「新倉荘朗の世界」と題し定期的にコンサートを開催しているタケオさんが決定しています。

また今回は音楽、ダンス、様々なパフォーマンスに加え、広場で開催されるマルシェもどうぞお楽しみ下さい。

 

 

 

 

音楽の力で心のバリアフリーを!

 

とっておきの音楽祭in Machidaは、出演者、お客様、そして障がいのある方、ない方が、ともに参加し楽しめる会を目指しています。

 

そのため心のバリアフリーだけでなく、会場のバリアフリーを実現するとともに、各ステージでの手話通訳や介助ができる方も準備しています。

 

本音楽祭での体験を通じて、音楽の楽しみ方についても皆同じであることを感じてほしいと考えています。そしてこの音楽祭を続けることで、将来、街が音楽や芸術にあふれ、笑顔に溢れるようになってほしいと思います。とっておきの音楽祭にはそれを叶える力があると信じています。

 

皆様、どうぞ応援、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

資金使途


出演費:800,000円
機材レンタル費:700,000円
会場費:2,500,000円
広告宣伝費:900,000円
DVD記録費用:100,000円
旅費:500,000円
リターン費用:300,000円
手数料(税込):183,600円
クラウドファンディング返礼品:300,000円
必要金額合計:6,283,600 円

※一部をクラウドファンディングにて募らせていただきます。

 

もっとみる

プロフィール
とっておきの音楽祭 in MACHIDA
とっておきの音楽祭 in MACHIDA
米国元大統領ケネディの妹に知的障がいがあったことから、ケネディ家は障がい者の支援活動に様々関わり、1960年代にスペシャルオリンピックスを、1989年に障がい者の芸術祭を開催した。以来、世界各地で主旨に賛同するイベントが開催され、日本では2001年から仙台市で「とっておきの音楽祭」が開催され、2016年には首都圏で初となるとっておきの音楽祭が町田市で開催されている。以降、町田では毎年開催され、2019年は第4回目である。本会は障害のある人もない人も音楽を楽しみ、音楽のチカラで心のバリアフリーを目指す音楽祭である

リターン

3,000

【お気軽支援コース】お礼のメール

■お礼のメール

※手数料を引いたご支援金を、全てプロジェクトに充てさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

5,000

ロゴ入りクリアファイル

■お礼のメール
■とっておきの音楽祭 in MACHIDA 2019ロゴ入りクリアファイル

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

10,000

【メインコース】音楽祭を全力で応援!

■お礼のメール
■ロゴ入りクリアファイル
■ロゴ入りTシャツ(S、M、L)

■音楽祭のガイドブック
■記録DVD
※支援者として氏名を記載させていただきます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

20,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

支援者の記載と町田ゆめ工房クッキーセット

■お礼のメール
■町田の障がい者就労継続支援B型施設「つぼみの家 町田ゆめ工房」が製造しているクッキー詰め合わせ

■音楽祭のガイドブック
■記録DVD
※支援者として氏名を記載させていただきます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

支援者の記載と町田リス園ぬいぐるみセット

■お礼のメール
■町田の障がい者就労継続支援B型施設「町田リス園」で販売しているかわいいリスのぬいぐるみセット

■音楽祭のガイドブック
■記録DVD
※支援者として氏名を記載させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

40,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

支援者の記載・記念撮影と黎音シナモンドリンクセット

■お礼のメール
■開会式で主催者や主賓とともに記念撮影
■町田の障がい者就労継続支援B型施設「あんべるどかねる 黎音」で製造しているシナモンのドリンセット

■音楽祭のガイドブック
■記録DVD
※支援者として氏名を記載させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

支援者の記載・記念撮影と町田ゆめ工房ケーキ&クッキーセット

■お礼のメール
■開会式で主催者や主賓とともに記念撮影
■町田の障がい者就労継続支援B型施設「つぼみの家 町田ゆめ工房」が製造しているケーキとクッキーの詰め合わせ

■音楽祭のガイドブック
■記録DVD
※支援者として氏名を記載させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月
プロフィール
とっておきの音楽祭 in MACHIDA
とっておきの音楽祭 in MACHIDA
米国元大統領ケネディの妹に知的障がいがあったことから、ケネディ家は障がい者の支援活動に様々関わり、1960年代にスペシャルオリンピックスを、1989年に障がい者の芸術祭を開催した。以来、世界各地で主旨に賛同するイベントが開催され、日本では2001年から仙台市で「とっておきの音楽祭」が開催され、2016年には首都圏で初となるとっておきの音楽祭が町田市で開催されている。以降、町田では毎年開催され、2019年は第4回目である。本会は障害のある人もない人も音楽を楽しみ、音楽のチカラで心のバリアフリーを目指す音楽祭である

あなたにおすすめのプロジェクト

まっちゃん八百や児童館プロジェクト ~焼き芋は地域を救う~

特定非営利活動法人にじいろクレヨン特定非営利活動法人にじいろクレヨン

#まちづくり

18%
現在
186,000円
支援者
12人
残り
23日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする