READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

難病FIPを発症。ちまきくんを救うご支援をどうかお願いします!

ちまき

ちまき

難病FIPを発症。ちまきくんを救うご支援をどうかお願いします!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は9月26日(月)午後11:00までです。

支援総額

198,000

目標金額 500,000円

39%
支援者
25人
残り
43日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は9月26日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

生後6ヶ月のアメリカンカール

ちまきくん♂🐱

好奇心旺盛、人懐っこい、甘えん坊、寂しがり屋さん、ワンちゃんも平気な猫ちゃん

目の前に立ち塞がり仰向けで撫でて〜!🐈

が得意なもふもふくんです。

ちまき もふもふ首

 

※現状※

ちまきくんの症状は腹水が溜まる・黄疸の症状が出るなど

FIPの進行速度が早い可能性が高いため

既に投薬の治療を始めました。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

私たち夫婦がちまきくんをお迎えして3ヶ月。

生後6ヶ月となりどんどん大人の猫ちゃんの顔つきになっているなと喜んでいました。

しかし、何だかお腹が張ってる気がするなと思い、動物病院を受診しました。

そこで獣医師よりFIPであると診断を受けました。

獣医師の説明で、

現在日本ではFIPに対して確定的な治療方法はなく

緩和ケア的な対処療法しかないため

ほとんどの場合は助かりませんと通告されました。

しかし諦めきれずになにか治療する手立てはないかと、必死になって探しました。

 

 

いくつかの病院へ問い合わせをし、

再度詳しい検査をしていただける動物病院で

診ていただけることになりました。

 

FIP診断書

↑FIP診断書

PCR検査によりFIPと確定診断を受けました。

(※動物病院より許諾をいただき掲載しています。)

 

 

 

治療法はあるにはあるのですが

日本では未承認の治療薬を長期間使用する治療で

治療薬に関しては保険適用外であるため

高額な費用がかかり、断念してしまうことが多いようです。

治療薬の投薬期間は通常最低84日間と言われていますが猫ちゃんの病状によってはさらに延びる場合もあるそうです。

 

ただその治療法で今まで助かった猫ちゃんがたくさんいるという事実。

 

費用が理由でちまきくんの命を諦めたくない。

すがる想いでご支援を募らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

FIP (猫感染性腹膜炎)の治療は先述した通り、

日本では未承認の医薬品を使用し治療をすることから

保険適用外の治療となるため、治療費がとても高額になります。

 

治療を継続していくための資金の支援を募っています。

 

 

ヤーするちまき

(ソファーの上で仰向けになってヤー!!するちまきくん 生後3ヶ月の頃)

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

現状の医療技術では完治という状態はなく

治療によりちまきくんの症状がおさまり

生きてくれることをまず目指しています。

 

寛解状態を維持し元気なちまきの姿をまた見られる事を信じて。

 

 

 

▶︎ ペット保険による補償の有無:

通院費用のうち年間通算21日間まで70%を補償(一日あたり12000円を限度とする)

※ちまきくんは元々身体が強くなく、FIPと診断される前にも通院をしていたのでFIP治療のための通院対象日数は18日間です。

入院費用のうち年間通算21日間まで70%を補償(一日あたり30000円を限度とする)

 

ちまきくんのFIP治療期間は約3ヶ月となり、また保険適用外の治療薬を使用します。

そのため、補償で賄えない残りの金額をクラウドファンディングで集めます。

 

 

↓↓FIPの症状である腹水が溜まっている様子です。↓↓

腹水が溜まっている  

/一緒に治療頑張ろうね🐱!\

 

 

▶︎現在の治療状況の詳細:

ちまきくんは病院を受診した際に予断を許さない状況であったため

獣医師の判断により最初の4日間は、入院して集中治療をしていただきました。診療・治療明細

(※動物病院より許諾をいただき掲載しています。)

 

 

 

 

 

▶︎ 万が一ちまきくんが亡くなってしまった場合の資金使途:
亡くなるまでに発生した治療費に充てさせていただきます。

 

また、プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変化が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

 

▶︎ 本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:Instagramアカウント makimimi_chimaki へDMをお願いいたします。

インスタ アカウント 

 


 

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え
https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
田島 愛香
プロジェクト実施完了日:
2022年9月20日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ちまきくんのFIP 猫感染性腹膜炎の寛解を目指して治療費の資金に充てます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
当然だとは思いますがまずは一刻も早く治療を始める為に自己資金を充てています。 これからの症状の進行状況、治療の効果などでさらに費用がかさむ可能性がありますので取り急ぎ最低限必要かと思われる金額を掲示させていただいております。

プロフィール

リターン

2,000+システム利用料


感謝の気持ちをメールにてお伝えさせてください

感謝の気持ちをメールにてお伝えさせてください

感謝の気持ちとちまきの症状の進捗などメールでお送りさせていだきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

5,000+システム利用料


ちまきくんの元気な姿!

ちまきくんの元気な姿!

感謝の気持ちとちまきの症状の進捗などのご報告と
ちまきの元気な姿の写真にご支援いただいた方のお名前を入れてデータにてお送りさせていただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

10,000+システム利用料


ちまきくんの動画です!

ちまきくんの動画です!

感謝の気持ちと飼い主の主観で厳選したちまきくんの動画をデータにてお送りさせていただきます。

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

重度の障がいを持つ利用者のために施設を増築したい のトップ画像

重度の障がいを持つ利用者のために施設を増築したい

社会福祉法人慈恵療育会社会福祉法人慈恵療育会

#医療・福祉

10%
現在
510,000円
寄付者
30人
残り
46日
車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
107人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする