マラウィ・ガールズ☆プロジェクト実行者代表の小金丸 依里奈です。

早速、2名の方から支援をいただき、とても嬉しいです。

ありがとうございます。

 

私は、マラウィの孤児院で数ヶ月間ボランティアとして、栄養改善プロジェクトやコンピュータ教室を通じた就職支援などの活動を個人で企画して実行してきました。

6月に日本に帰国し、今は日本からできる支援のカタチを模索し行動しています。

 

その一つが、この「マラウィ・ガールズ☆プロジェクト」です。

本プロジェクトは、コンピュータ教室にて支援してきた学生たちの中で、成績優秀にも関わらず経済的理由から進学が困難な2人の女の子・アビゲイルとバレンティナの修学費用を集めるための企画です。

もともとは、私個人の収入からこの子たちの進学資金を準備しようと奮闘していたのですが、知人からクラウドファンディングのことを教えてもらい、今回が初めての挑戦です。

早速、支援して下さる方が現れたことに、正直感動しています。

ありがとうござます。

 

無事目標金額を達成することは、アビゲイルとバレンティナが進学できることである、また、日本にこんなにも見ず知らずの心の温かい方たちがいることを、彼女たちに知らせる事でもあります。

 

それは、コンピュータ教室を通じて彼女たちに伝えてきた「助け合いの心を育てる大切さ」の証明でもあります。

 

皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

新着情報一覧へ