READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

後発開発途上国マラウィの少女に高等教育のチャンスを!

小金丸依里奈

小金丸依里奈

後発開発途上国マラウィの少女に高等教育のチャンスを!

支援総額

301,000

目標金額 300,000円

支援者
23人
募集終了日
2014年10月10日
23人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年09月09日 02:23

マラウィ現地での活動の報告会を開きました

こんにちは、 マラウィ・ガールズ☆プロジェクト実行者代表の小金丸 依里奈です。

 

先日、マラウィ・ガールズ☆プロジェクトを始めるに至ったマラウィ現地でのその他の活動の報告会ワークショップを開きました。

 

マラウィでは、孤児院で英語とコンピュータ教室を始めたのですが、間違った栄養知識による栄養の偏りから、孤児の子ども達が学習障害のような集中力の欠如を患っていることに気が付きました。

そこで、フルーツや野菜を配りながら、栄養学基礎知識を教える、栄養プログラムを始めました。

そうすると、私が帰国した後にも栄養が取れるようにしてあげたくなり、菜園改善プロジェクトを行いました。

菜園で野菜やフルーツを育てられるようにするプロジェクトです。

そして その灌漑のために水が必要になり、ソーラー電気で水を汲み上げる、ソーラープロジェクトを完了させました。

このような内容をスライドにして、マラウィの文化や生活を紹介しながら報告しました。

それから、コンピュータ教室で教えた生徒達の将来を切り開くお手伝いをしたいので、マラウィ・ガールズ☆プロジェクトを始めたことをお話ししました。

 

少しでもマラウィを始め、途上国の実態と、私達にも出来る事があるのだという事を理解してくれる人が増えることを願っています。

 

以下、報告会のアジェンダをご紹介します。

 

~~~~報告会の流れ   -AGENDA-  ~~~~
1. 自己紹介
2. マラウイPJ活動報告
    ①渡航前⇒到着 (生活・文化)
    ②コンピュータの授業
    ③フルーツプログラム
    ④菜園プログラムビフォーア・アフター
    ⑤ソーラープロジェクト
    ⑥今後の課題
3. ワークショップ

 

【写真:コンピュータ教室からわかったことを報告している様子】

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・実行者からのサンクスレター。

支援者
6人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・実行者からのサンクスレター。
・報告書。
・アビゲイル、バレンティナのどちらかからの手紙。
・プロジェクト報告会招待券。
・【お土産】マラウィの伝統的な布でできたブックカバー

支援者
14人
在庫数
10

30,000

alt

・実行者からのサンクスレター。
・報告書。
・アビゲイル、バレンティナのどちらかからの手紙。
・プロジェクト報告会招待券。
・【お土産】マラウィの伝統的な布のタペストリー
・【お土産】木彫りのティースプーン 2本

支援者
3人
在庫数
2

50,000

alt

・実行者からのサンクスレター。
・報告書。
・アビゲイル、バレンティナのどちらかからの手紙。
・プロジェクト報告会招待券。
・【お土産】マラウィの伝統的な布のバック
・【お土産】木彫りのサラダフォークorアフリカの親子像

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする