クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子育てママを応援する同行保育サービスの販促グッズを作りたい!

関川房代(ママのお助けコンシェルジュ)

関川房代(ママのお助けコンシェルジュ)

子育てママを応援する同行保育サービスの販促グッズを作りたい!
支援総額
300,000

目標 275,000円

支援者
43人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年12月14日 11:41

【残り11時間】コンシェルジュのスタートメンバーになった理由

泣いても笑っても、本日最終日。

 

私がコンシェルジュのスタートメンバーに手を挙げた理由をお伝えします。

 

実は私、子育て中に「助けて欲しい」がうまく言えないママでした。

自分自身が持病を持っており、子育て中に体調不良になることも多々ありました。

長女をもうけたころは働いており、仕事に子育てに、不得手な家事におぼれそうにというよりも、アップアップで文字通りおぼれていました。

 

長女の育児中はほとんどママ友さんとのお付き合いもなく、

どうしてもの時は遠方のお義母さまに来ていただく生活。

私は10年以上前に母親をなくしており、実両親には頼る術がありません。

義両親とは仲が良く、ほとんど遠慮なくお願い事をすることができます。

 

でも、「ほとんど」です。

 

ちょっと美容院へ行きたいなぁ、とか、

歯医者、そろそろ行かなくちゃなぁ、とか、

明日だけお見舞いに行きたいんだよなぁ、とか。

自分が具合が悪すぎて部屋がぐちゃぐちゃ…とか。

 

そんなことで遠方から新幹線で義母を呼ぶのははばかられます。

それに、今具合が悪くて買い物に行けないなどの

緊急の時には遠方からだと間に合いません。

 

そんな時はデリバリーサービスの店屋物や、

ネットスーパーを駆使して、主人と二人で乗り切ってきました。

今思えば笑顔も少なく、疲れ切っていたと思います。

 

数年して、長女も大きくなって、第二子を授かりました。

長女が病弱だったことと、私の持病が思わしくなかったことで

会社勤めは辞めて在宅で働いていたころでした。

 

長男が産まれた頃には長女の習い事のつながりなどで

少しずつママ友も増え、多少は助け合うこともありました。

 

その頃、「満」のメンバーと出会い、

何の気もなしに子育て支援のサークルに入ってみようかな、

という気持ちで参加したのです。

 

その出会いが私の中での一つのターニングポイントでした。

メンバーの方に

 

「そんなに頑張らないで、いつでも頼っていいのよ」

「助けて、言うのって難しいよね~」

 

との言葉をもらい、陰でこっそり涙したことも。

決定打は胃腸炎(ノロとかロタ)にかかった時。

メールで様子を友人がレトルト食品やら、子どもが食べられそうなものやら

とにかく抱えて飛んできてくれました。

 

こういうフォローは当時の私の辞書にはなく、ただただ感謝するばかり。

そして、「こんなことぐらい、いつでもやるよ」の言葉が

私の中に深~く刻み込まれました。

 

私も困っている友人を見かけたら必ず助けようと決めたのです。

コンシェルジュサービスの立ち上げにお声がかかった時、迷わず手をあげました。

 

ホントにちょっとだけ助けてほしいときのコンシェルジュ。

下世話な話、お金でお願いしたほうが割り切れることもあります。

 

きっと、同じ境遇のママさんたちならば、

この微妙なニュアンスがお分かりいただけるかと思います。

 

ママさんが安心して「助けて~!」といえる環境を整えたいのです。

そんな私ですが、実はここ最近寝込んでおりました。

周りの方々のバックアップの頼もしさが、皆さんにも届くと思います。

どうにもこうにも動け無い状況の時は誰にでもあります。

 

今日も朝から友人に「助けて~」と連絡して助けていただきました。

こんな人間関係があるのも、支えあいの心が根底にあるからだと思っています。

 

さて、プロジェクトも残り11時間!共感いただけましたら是非、ご支援を。

 

最後まで諦めずに頑張りますので、何卒ご支援宜しくお願いします。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

●サンクスメール

支援者
27人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

●サンクスメール
●広報誌「おつかれたー」(Readyfor?特集号)を1部
●広報誌「おつかれたー」(Readyfor?特集号)にお名前の掲載
●川崎市の特産品(川崎産地場野菜または銘菓「田園ぽてと」【5個入】

支援者
15人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

●サンクスメール
●広報誌「おつかれたー」を(Readyfor?特集号)1部
●広報誌「おつかれたー」(Readyfor?特集号)にお名前の掲載
●川崎市の特産品(川崎産地場野菜または銘菓「田園ぽてと」【5個入】
●法人ホームページとママのお助けコンシェルジュホームページへバナー掲載(1年間)
※バナーもおつくりします。

支援者
1人
在庫数
1

プロジェクトの相談をする