ママが笑顔だと、こどもも嬉しいんです。
 
でもママは、自分のことはいつでもなんでも後回し。
食事をするのも一番最後に、冷めきったものを食べます。
食事のタイミングで食べることができず、つまみ食いで終わることもあります。(お昼ご飯食べ忘れた!なんてこともあります。)
メニューだって、こどもに合わせて、熱々のものや辛いものなどを避けたメニューを考えて作ります。
外食なんて、ラーメン屋さんと焼肉に行けたのは、こどもを産んで何年経ってからだろう・・・。(そもそもこどもたちがやけどしそうで危ないし、こどもが幼いうちは食べられるメニューが少ないので行けない。行けるようになっても、やっぱり冷めたものを食べることになる・・・。)
こどものこと、家のこと、やっていたらあっという間に時間が過ぎて、「あ、私今日座ってない。」ってことなんてよくあるし、ゆったり座ってお茶飲んで・・・なんてできないし、しません。それができるなら、「いまのうちに洗い物しちゃおう。」「いまのうちにご飯の下ごしらえしちゃおう。」「いまのうちに・・・いまのうちに・・・」と、ひたすら家族のことをやります。
 
“家族のために”という想いがいつの間にか勝って、いつの間にかそれだけでいっぱいになって、“自分のために”は忘れていきます。
それが当たり前になっていくけど、当たり前になったままだと、ママはママでしかなくなって、“自分”や“私”や“女性”でなくなっていきます。
 
『ママって自己犠牲だよ。』なんてことが言いたいのではなくて、だけど、『自分を犠牲にして自分を忘れちゃいがちだよね。』とは言いたいです。
 
ママも楽しんでいいんだよ。
ママも自分のこと、おしゃべりしていいんだよ。
ママも好きなこと、チャレンジしていいんだよ。
 
ママが笑顔だと、こどもも嬉しいんです。
 
ママンココンは、ママが笑顔になれるような場所づくりをします。
 
子連れで気兼ねなく遊びに来られる場所はもちろん
ママが学べる場所
ママがこどもからちょっと離れられる場所
ママが自分を取り戻す場所
 
そんな場所がいつの時代もきっと求められていて、だけどできては消えていく・・・。
ママから頂戴する入場料だけでは、当然ひろばは成り立たないのです。
 
かといって、運営側の誰かが無理をすると続かない・・・。
 
そこで必要なのがみなさんの支援です!!!
みなさんの力を借りて、ずっと続く居場所づくりを目指します!!
 
ママンココンがあることで、笑顔になれるママが増えると断言できるから、絶対に続けていきたいのです!!!
 
ママの笑顔のために
こどもの笑顔のために
 
ママンココンへのご支援をどうぞよろしくお願い致します!!!
 
以下、宮城県仙台市青葉区(ママンココンとは別の区)で、同じようなサロンを経営されているオーナーさんより応援のメッセージをいただき、また、ママンココンのクラウドファンディングページをシェアしていただきました。
 
応援の声、大変励みになります!!!
 
 
太白区の子育て支援はすごい。
常にリードしている。
私もシェアサロンを運営しているけれど、運営費用の捻出はたやすくない。
 
そうか!こういう形なら継続できるんだな!!
それは、太白ママの城を長年運営してきた、鈴木ゆきこさんの集大成だ。
鈴木ゆきこさんには、いつも相談にのってもらっている。
ナースアウト本部メンバーだ。
この、ママンココンができたら、多くのママが、また救われるだろう。
孤独から解放されるだろう。
笑顔を取り戻して、子供に向き合えるだろう。
仙台に、絶対に絶対に必要な場所。
ぜひ、皆様のご支援もよろしくお願いいたします。
無料の支援はシェアです。
私たちも、皆様のシェアで、この夏、クラウドファウンディングを達成させることができました。
おやこフェスも、一切、宣伝にお金をかけなくても、皆様のシェア拡散で、大勢のお客様がいらっしゃいました。
一人一人の力は小さくても、その思いを集めれば、大きなことをなしえるのだと思います。
皆様のご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。
 

ずっと続くママの居場所づくりのために
あなたの力を貸してください!!
https://readyfor.jp/projects/mamancocon

【いいね!・シェア・拡散・クリック大歓迎!!】

 

新着情報一覧へ