プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

皆様ありがとうございました!目標額を達成しました。
単なる100%、という数字ではない。汗水たらして働いた大事なお金を頂いたこと忘れません。一円たりとも無駄にはしません。でも一日浮かれた私↑をお許し下さい。

 

涙も乾かぬうちに、ですが…。

 

30万円集まったことはみなさんに感謝しても仕切れません。しかし、私たちは30万円ではツアーをやりとげられません。宿泊費、台本の翻訳代、通訳代、ホームステイや食事のお礼など。完全に履行するには、あと30万円集める必要があります。

 

より多くの人に、このプロジェクトを知ってもらい、成果を報告できるよう、このプロジェクトを大きく育て、ネパールから帰るまで日々記事も更新していきます。

 

どうぞ、私たちにお力をお貸し下さい。

 

どんな企画なの?

世界中にお芝居を出前している「お芝居デリバリーまりまり」が昨年に続き、カトマンズやポカラの学校や孤児院、山奥の村などで、日本や世界の民話のお芝居をネパール語で上演。

 

孤児院の子供達と、彼らの半生を語るお芝居の創作も行います。

この企画を通してネパールの様子を日本に伝える事も大きな目的です。

 

We will go to Nepal to play and make theater with children at orphanage. Please help us to do this! How to help this project in English → last of this page

 


お芝居デリバリーまりまりとは?

「音楽」や「絵」と同じく「お芝居」も

もっと身近で、日常に役立つものだったはず。

 

劇場に来ない人、来られない人にも

そんなお芝居を気軽に味見して貰いたい。

そして様々な場面でお芝居を利用して貰えたら、と、「出前専門」の「お芝居デリバリーまりまり」は、2006年に都内の俳優達によって結成されました。

 

今回のこのページの筆者、萩原ほたかは創立メンバーで出演・企画を担当しています。

 

まりまりは、結成当初から劇場ではなく、高齢者施設や障がい者施設、保育園から大学、企業やNPOなどに出向いてお芝居を上演。

 

 

普通の俳優だったメンバーは今まで劇場に来てくれていた観客と全く違う、0歳~100歳まで、様々な客層に遭遇することになりました。

 

路上や施設の食堂、お祭り、色んな場所での上演で揉まれ、鍛えられ、いつの間にか国内外の演劇祭招待や事業委託を受ける様になりました。

 

・障がい者施設と周辺住民をつなぐお芝居会

・日系ブラジル人中学校の生徒と公立中学生の合同お芝居会

・高齢者施設と学童保育の交流お芝居会

などなど数々の企画を行いました。

 

2006~2018年現在まで、英仏独ブラジスメキシコなど世界ツアーをのべ十数回行い、また日本各地に出前ツアーをして来ました。

08年第一回目の海外ツアーはイギリス小学校公演。萩原ほたか一人芝居。

このあと20校ツアーなど数回のイギリス公演を数人で行う。

 

↑2015年萩原ほたかドイツ、ユネスコ演劇祭2回目の招聘公演

 

 

 

ネパールでのお芝居ツアー2017年

そんなまりまりが、2017年に、ネパールツアーをしました。

まりまりの萩原ほたかと、なんとリオデジャネイロ在住のブラジル人女優ヴィルジニアの合同プロジェクト。

 


ほたかとヴィルジニア、二人はある人物の紹介でネットで出会い

テレビ電話で稽古を重ね、ネパールで初めて対面し、孤児院などでお芝居ツアーをしました。

 

初めて会ったはずなのに息もぴったり。3週間のお芝居ツアーを成功させました。

 

全17公演、観客数は1116人。

 

2017年ネパールツアーの記録

 

演目は日本や世界の「昔話のメドレー」

すべてネパール語で上演しました。

 

 

そこで観た客席の景色は、それは美しいものでした。

子ども達の身体中からまるで楽しさや喜びが溢れ出して来るようでした。

ネパールという国の豊かさ、美しさを感じる事が出来ました。

 

ポカラの子供達↑ 

 

滞在したカトマンズの孤児院【ROKPA・ロクパ】の子供達↑

 

ポカラで泊めて頂いたお家のお母さんの、太陽の光で暖めたお湯を大切に使い、いちいち蛇口を止めながらお茶碗を洗う姿。昔ながらの民族衣装が美しかったです。

 

孤児院でも、お家でも、ネパール民謡や民族舞踊を楽器を叩きながら老若男女みんなで楽しみました。おばあちゃんの時代の日本も、こんなだったのかなぁ…と思いました。

 

 

もう一度ネパールに行きたい

ネパールはアジアで2番目に貧しい国と言われています。

でも、私達がネパールに行ってお芝居を観ていただいて目にした物、頂いたものは見た事もない程、豊かなものばかりでした。

 

孤児院【ROKPA・ロクパ】で少しだけお芝居を子供達にして貰ったのですが、彼らがお互い励ましあいながら一緒につくる劇は

笑えて、励まされて、知らずに涙が出てくる、そんな不思議な強さがありました。

 

小さな子を励ましつつ一緒にお芝居をする高校生↑

 

↑小さい方の子がもっと幼い時この孤児院に来て以来、二人は同室です。

 

 

いつもはシャイな女の子達も生き生きした演技を見せてくれました。

 

 

主役をした女の子はあとでそっと私に「ありがとう」と言ってくれました。

 

 

照れていた子も仲間に励まされて

 

 

お芝居の世界に入っていきます。

 

 

 

 

孤児院【ROKPA・ロクパ】のオーナーLea・レアは、世界中に孤児院を十軒以上持つ元舞台女優さん。とても忙しくてこの時期ネパールにいなかったのですが

帰国前日にお会いすることが出来ました。


 

孤児院併設のホテルのガーデンレストラン↑で

子供達の演じる写真たちを見たレアは

 

「この子供達でお芝居を創って、【ROKPA・ロクパ】世界ツアーをしたいと思っている」と言いました。

 

私はドキンとして、でもその場で「そのお芝居つくりを、私達にも手伝わせて下さい」とは、言えませんでした。あまりに大きな話なので。まず子供達がやりたいと思うかどうか聞いてみないといけないし。

 

ただ、この、子ども達の事を、私の友人達に伝えたい。

恐ろしい過去とそれをすっかり忘れさせる明るさと強さ。

日本や世界の子供達、大人達にもいつか見て貰いたい。そう思いました。

 

ネパールの中に満ちているもう一つの豊かなもの。

お芝居を通して旅することで、それがよりハッキリ見えてきました。

それを日本の皆に知らせたいと、思いました。

 

 

という訳で、今年もネパールツアー、敢行します!!

孤児院や学校や私設図書館やいろいろな場所にお芝居を出前する

4週間のツアーです。

 

行くのはまりまりの空とほたか。

空は昨年はブラジル在住のヴィーの代わりに、日本での準備公演や報告公演に参加してくれた「まりまり」のメンバーです。

 

 

そしてその空の強い希望もあり、孤児院【ROKPA・ロクパ】の子供達とお芝居つくりもしてきます。

世界ツアーとか大それたことは今は考えていません。

まずは子供達と係わっていくことから始めたいと思います。

その為にネパール語も勉強中です。

 

 

このプロジェクトの実現の為に、よければカンパをお願いします。
また、報告お芝居会の出張公演を注文をしていただければ、嬉しいです。

 

 

どんな風に発展するかはまだ分かりませんが、このプロジェクトは何年もかけて育てて行きたいと思っています。昨年つなげたご縁、可能性を暖めていく2年目にしたいと思っています。なので長くこの成り行きを楽しんでいただけると思います。

 

お礼にあのネパールの風を持って帰りたいと思っています。

観光だけでは感じられない、かの国の空気を、帰国後に色んな形でお伝えして行きます。

 

昨年帰国後、長野、浜松、東京等の演劇祭や中学校などで行った報告会の様子↓

 

 

写真を使ってネパールの様子を伝え、エピソードにあわせ合間にお芝居も上演しました。

 

まりまりのお芝居ツアーは昨年も日本人ネパール人、沢山の方々に助けていただいて実現しました。そんな方のお一人、谷口さんの手作りのネパールの5色の旗・タルチョの下での報告お芝居会↑

 

ネパールで見てきた風景、人間、言葉を、こういったお芝居会やパンフレット、講演会などで皆さんにお届けしたいと思っています。そして出来れば、その先の風景もご一緒に夢見て行けたら嬉しいです。

このプロジェクトが育っていけます様に…ご支援を、どうかよろしくお願いいたします。

 

_________________________________

以下にそって、お芝居ツアー・演劇創作を行ったことをもってプロジェクトを終了とする 
運営期間:2018年11月13日~2018年12月13日 
運営場所:ネパール・カトマンズ・ポカラ 
スケジュール: 
11/13~11/28 ・12/11~12 Rokpaにてお芝居上演、子供達との創作作業、近隣の孤児院や小学校に公演。 
11/29~12/9Pokaraに移動しお芝居ツアー。

__________________________________

(その後報告お芝居会を日本各地で上演、3年目のネパールツアーへとつなげて行きます)

 

スケジュール

 

 

 How to help this project in English

 

 

 

 


最新の新着情報