READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

動物愛護団体を資金面でサポートできるサービスをつくりたい!

mate

mate

動物愛護団体を資金面でサポートできるサービスをつくりたい!
支援総額
2,028,000

目標 2,000,000円

支援者
87人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
58お気に入り登録58人がお気に入りしています

終了報告を読む


58お気に入り登録58人がお気に入りしています
2018年07月18日 15:46

欧米にはペットショップがない/少ない実態をご存知ですか?

mateスタッフの関口です。

皆様は、欧米にはペットショップがない/少ない実態をご存知ですか。

 

ドイツやイギリス、イタリアでは、動物の店頭陳列販売は禁止、または自粛されています。日本のように、仔犬や仔猫に値札がつけられ、販売されている光景を見る機会はほぼありません。

 

私は、ペットショップを見る度に、悲しい気持ちになります。

 

ペットショップは、衝動買いを助長しているのではないでしょうか。

また、値札をつけることで、動物に金銭的な価値が生まれ、値段が安い動物=価値が低いという基準を作ってしまっているのではないでしょうか。

 

生命(いのち)に大小はない。

すべての動物が、大切に扱われるべきだと思っています。

 

前置きが長くなりましたが・・・、

日本では、動物は “商品/モノ” として扱われ、乱繁殖・大量流通という劣悪な環境に置かれ、年間約240,000匹の動物が流通過程で死亡しています。
さらに、年間約56,000匹が無責任な業者・飼い主のせいで殺処分されています。


各自治体はその状況を打開するため、保健所での殺処分を減らし、数字的には亡くなっている動物が減っているようにみせています。

 

しかし、流通している動物の数に大きな変化はなく、保健所から各自治体の動物愛護団体へ"たらい回し" にされている動物の数が増えているのが実態です。

 

その結果、自治体から動物愛護団体に負担が移り、活動継続できない団体が増えています。これでは殺処分ゼロは実現できません。


mateは、最終的にペットショップを日本からなくすことを目指していますが、まずは、動物愛護団体の資金面での悩みを解決し、明日失われる命を救いたいと考えています。

 

私たちの活動を応援していただけると幸いです。

一緒に、一匹でも多くの動物を救うための仕組みをつくりましょう!!

 

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

一覧に戻る

リターン

3,000

3,000円のリターン

・感謝メール送付
・mateオリジナルスマホ壁紙

支援者
45人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

10,000

10,000円のリターン

・感謝メール送付
・mateオリジナルスマホ壁紙
・mateオリジナルステッカー

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

30,000

30,000円のリターン

・感謝メール送付
・mateオリジナルスマホ壁紙
・mateオリジナルステッカー
・mateアプリ上でご紹介(特別マーク付与)

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

50,000

50,000円のリターン

・感謝メール送付
・mateオリジナルスマホ壁紙
・mateオリジナルステッカー
・mateアプリ上でご紹介(特別マーク付与)
・mate 公式Instagramアカウントでご紹介
・mateオリジナルお散歩用バック

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

100,000

100,000円のリターン

・感謝メール送付
・mateオリジナルスマホ壁紙
・mateオリジナルステッカー
・mateアプリ上でご紹介(特別マーク付与)
・mate 公式Instagramアカウントでご紹介
・mateオリジナルお散歩用バック
・オーダーメイドTシャツ(動物・飼い主のペアルック)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

プロジェクトの相談をする