千住のメモリバが挑戦するクラウドファンディング。

 

 

残りあと数時間。いよいよ本日23時までとなりました。

カウントダウンも大詰め。ドキドキも最高潮です!

24時までではないので、ご注意ください。

 

光の景色で人々を魅了するメモリバ。

単なるシャボン玉のお祭りではなく、多くの街のひとが関わって、メモリバ全体をつくりあげています。

今年度のメモリバは、地域の人々の「縁」をつくることから、さらに、中学生の「学びの場」をつくることを目指して進んでいます。

 

いただいたご支援は「中学生の学びの場」をつくること及びメモリバの運営費等に充てさせていただきます。

普段出会うことのない「アーティスト」という存在に向き合うこと。

それは、中学生にとって従来の学校教育の経験にない、新しい体験になると思います。

 

ただし、それはすぐに学びの効果が出るものではないかもしれません。

簡単に「わかる」ものではないものかもしれません。

 

ある地域の方はメモリバでの中学生の学びを「中学生にとっての人生経験」と言っています。また、メモリバを「自ら考えて行動する場所」と言っています。

そして、学びを通じた中学生が、次世代を担う役割になることを願い、千住のメモリバは挑戦しています。

 

毎年、多くの感動を生み出すメモリバのパワーアップに向けて、

最後まで、応援どうぞよろしくお願いいたします!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ