こんばんは!

株式会社ミイコロ 洋服お直し&革製品リペアを担当している浅野です。

 

洋服お直しも、靴やバッグのリペアも大変便利なサービスなのですが

実際店頭に立っていると、まだまだ認知されていないんだなーと思うこと

が多く・・・

こちらでは、わたしたちの日々のお仕事から「こんなこともできますよ!」と

いうようなことを、わたくしの蘊蓄と一緒にご紹介できたらと思います。

 

**********************************

 

今回は【ジャケットの袖丈お直し・本切羽の場合】です。

 

〇本切羽仕立てとは?

冒頭の画像のように袖口にボタン穴があいていて、実際に袖口を開け閉めできる構造のものです。

 

一般的なのはこちらのあきみせ仕立て(ボタンで留めてあり、開きません)

 

ですが、メンズの高級仕立てといえば本切羽!というイメージがあります。

 

もともとは、スーツを着ていても腕まくりをしなければいけない外科医の

ために作られたという説をよく聞きますが、日本ではスーツといえば

フォーマルやビジネスシーンで着るもの!という風潮があり、実際にボタンを

開けて着られることは少ないようです。

ボタンを開けてシャツのカフスを見せたり、袖まくりをして抜け感を演出

するような使い方をすることもあるようです。

 

 

ところが、この本切羽仕立ては見返しをボタンホールが貫通しているため

袖先で丈をつめることができません。。。

 

ならどうするかというと、袖付け部分(肩の方)で袖をつめることになる

のですが、、、ジャケットで一番大切な袖付け部分のラインに影響することになり、かなりの制限が生じます。

 

洋服のお直しメニューは数多くありますが、最も技術と経験の要求される

メニューのひとつであります。

もちろん難関だけあってお値段もHIGH!!!

 

 

 

そこで、冒頭に掲載した写真です(前置き長かったですね)

見返し部分に少し工夫することで、袖口部分にほとんど違和感がない状態で

袖丈つめをすることができます!

 

 

 

スーツを専門で扱っているような店舗で購入された場合には、袖丈をあわせた後にボタン穴を開けられるように袖を仮仕立てにしてあるものが多いのですが

 

 

問題は、いわゆるハイブランド品ですでに仕上がったものを購入される場合

です。一般的なお直しで対応できるラインは2~3センチ短くするくらいまで。

 

でもご安心ください!全体的にバランスをとったお直しをすることで、

デザインの意匠を損なわず仕上げることができますよ!

どーーしてもこれが着たいってことありますもんね。

 

ただし、デザインによってはどーしても再現が難しいものもあることや

お直しする予算も頭に入れて購入をご検討いただくことをお勧めします。

 

 

 

 

なお、ミイコロではこんな出先でのお困りごとに対応したく

LINEで見積に対応しています。

出来る限りすぐにご返信させていただきますので、ぜひお友達登録をお願いします!

 

 

初回からずいぶん長く書いてしまいましたが

今後も定期的に投稿していきますので、お付き合いの程お願いいたします。

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ