READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「みんなの家」プロジェクト~親子の居場所になる石巻の保育園~

長尾彰

長尾彰

「みんなの家」プロジェクト~親子の居場所になる石巻の保育園~
支援総額
1,507,000

目標 1,200,000円

支援者
99人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2012年10月31日 11:39

子どもたちの今

 

 

今回は、震災から1年半以上経った石巻での、子どもたちの現状(いま)について、「みんなの場」という限られた体験を通してですが、少しみなさまにご説明できればと思います。

 

 

仮設住宅団地に移ることにより、震災以前に住んでいた地域から離れた地域に住む

ことになった方が多いことは、以前にここでも触れました。

さらに、多くの学校が震災の被害を受け、学校が再開しても、丸ごと他の学校に

間借りする形や仮設校舎での学校生活などが続いています。

休止中の幼稚園や託児施設もまだ多くあります。

 

学校まで、長時間バス通学となったり、元々通っていた学校が遠くなったという

理由による転校など、子どもたちは普段の生活においても、少なからず不便を

強いられています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バス通学関連記事(河北新報社HP)

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20120410_04.htm

 

 

 

 

 

さらに、仮設住宅はあくまでも「仮設」であり、近い将来にまた住居が移転する

ことになります。石巻市の災害公営住宅(いわゆる復興住宅)の完成時期は、早い

もので2014年6月が予定されており、この時期には再度、子どもたちとその家族を

とりまく環境が変わることが予想されます。

 

 

そうした状況の中、子どもたちを預ける場所や、安全・安心に遊ばせる場所が無い、

というご家族からの声を受け、私たちはこの「みんなの家」プロジェクトを進めて

います。


「安定した環境」については、安全・安心とともに、「みんなの場」においていつも

心がけていることです。「みんなの家」では、それを常設の施設で運営することで、「親子ともに安心できる場所が、いつも安定して存在する」ことを目標としています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさまのおかげで、「みんなの家」が実現にむかうこととなりました。
本当にご支援やたくさんのメッセージをありがとうございました。

 

まだ詳しくご紹介できないのですが、既に石巻在住の保育士の募集など、いろいろな準備を始めています。プロジェクト終了後には、今の「みんなの家」の進捗状況についてお伝えしたいと思います。
 
また、READYFOR? HP掲載後の進捗は、プロジェクト結のサイトでご紹介していきますので、今後も結の活動に長くご関心を寄せていただければと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

*報告書をメールでお送りします。

支援者
39人
在庫数
制限なし

10,000

3000円の引換券に加え、
*ステッカーをお送りします。
*お名前入りで推薦の絵本を設置させていただきます。

支援者
47人
在庫数
制限なし

20,000

10000円の引換券に加え、
*メッセージをプロジェクト結のHP上で写真入りで掲載させていただきます(ご希望に応じて匿名等の対応をさせていただきます)。

支援者
11人
在庫数
制限なし

100,000

20000円の引換券に加え、
*「みんなの家」のボランティア活動へ無料ご招待します。

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする