こんにちは。mitosaya 大多喜薬草園蒸留所の江口です。

 

すっかり更新が滞ってしまいすみません。

とはいえ状況は滞るどころか、色々なことが日々起こり、混乱し、結果としては徐々に前に進んでいます(と信じたい)。

 

さて、秋の終わり頃には、地元の果樹農家さんのところへ伺い、生産の様子や収穫物を見せてもらってきました。

mitosayaから海へ向かう途中には、山間に果樹畑が広がる一帯があります。

 

 

最初に訪れたのは梨園を営む関さん。

ここでは8月の幸水からはじまって、豊水、あきづき、新高と、品種を変えながら、10月中旬まで収穫が行われています。

和梨が中心ですが、洋梨も何本か作っていて、中でもル・レクチェは甘みも香りも素晴らしいものでした。

 

 

 

 

次に訪れたのは、ぶどう農家さん。紅バラード、巨峰、シャインマスカットなど食用のぶどうをハウスで栽培しています。すでに収穫期は終わっていましたが、その後に色づいたぶどうを分けてもらいます。

 

 

 

 

 

最後に訪れたのは、いすみ市でほぼ自給自足の生活をしているご夫婦、「R工房」。
「昔いちご」という原種に近い苺の露地栽培を行っています。他にもサフランや古代米など、ひとひねりある品種を作っています。

 

 

 

 

栴檀(せんだん)の木。

 

実の油分が天然のハンドクリームになるそうです。

 

 

生産物もそうですが、生産者の人と話すのが一番刺激になります。

 

 

 

ちなみに今回色々な方を紹介してくれたのは、一宮町のイタリアン「AO 青」のシェフ、片岡さん。ありがとうございました。

 

 

 


---
mitosaya 大多喜薬草園蒸留所
URL:http://mitosaya.com/
EMAIL: info@mitosaya.com

Instagram https://www.instagram.com/3tosaya/
Twitter https://twitter.com/3tosaya
Facebook https://www.facebook.com/3tosaya/

 

新着情報一覧へ