プロジェクト概要

千葉県大多喜町の薬草園跡地を蒸留所へ

みなさまの応援をどうぞよろしくお願いいたします

 

房総半島のほぼ中央に位置し、自然の歴史とが共存する町 千葉県大多喜町。

 

7割を森林が占める緑豊かな町であり「房総の小江戸」とも呼ばれる城下町でもある大多喜町の広大な森の中に、1987年、千葉県立薬草園は設立されました。

 

16000㎡の敷地には約500種類の薬用植物が植えられ、更に500種類を超える生薬標本を備え、薬用植物の正しい知識の普及を目的に運営されました。

 

その後、薬草園は千葉県から大多喜町に譲渡された後、2015年末に一旦その役目を終え閉園しました。

 

私たちは、2017年春にこの場所を引き継ぎ、敷地内で栽培している植物、果実などを原料に用いた、ユニークで高品質なボタニカル・ブランデーを作る蒸留所を作るプロジェクトをはじめます。

 

ボタニカル・ブランデーという言葉は耳慣れないかもしれませんが、ヨーロッパでは「オー・ド・ヴィー」とも呼ばれる、フルーツやハーブから作る蒸留酒のことです。

 

梨やぶどう、ベリー、その他の果物を、発酵させて、複数回蒸留することで出来上がる、クリアで(ジンやウォッカのような)スピリッツの強さを持った、口に含めば、甘さはないもののフルーツの芳香が立ち上がる蒸留酒。


例えば、ジンやウォッカよりもずっと繊細で、より複雑で、ファーム・トゥ・テーブルなバージョンを想像してみてください。

 

シンプルに定義すると、ボタニカル・ブランデーは、(主に)熟成させていないフルーツブランデーということができます。

 

さて、そんなボタニカル・ブランデーの蒸留所を、薬草園跡地に作ることになった訳を説明させてください。

 

 

 

プロジェクトがはじまったいきさつ


今回のプロジェクトの代表である江口宏志です。

 

2002年にブックショップ「UTRECHT(ユトレヒト)」を東京、代官山にオープンし、書店、出版、輸入や輸出、卸売など、本にまつわる様々な業務に関わってきました。

 

2009年からはアートブックフェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR」を企画・開催し、本を作るアーティストが直接買い手とつながる場所へと成長させました。

 

 

国内外のアーティスト、デザイナー、写真家、出版社などと交流を持つ中で、たくさんの印象的な本の作り手に出会いましたが、その一つにドイツ、フランクフルトの「Revolver」という出版社がありました。

 

この出版社のコンセプトは、「archiv für aktuelle kunst(現代のアートをアーカイブする)」というもので、コンセプトが無理なく形になった魅力的な本を出版していました。

 

その出版社、Revolverの代表を務めていたのが、クリストフ・ケラー。

彼は出版物の企画、編集、そしてデザインまでを自ら手がけていました。

 

その彼が出版社の代表を退き、南ドイツの田舎で蒸留酒を作っている、という記事をなぜかオーストラリアの「condiment」という雑誌で読んだのが、蒸留に興味を持ったきっかけでした。

 

その後、クリストフ・ケラーが主任蒸留家を務めていたボタニカルジン「Monkey 47」を飲む機会があり、これまでのジンのイメージを裏切る、ハーブやスパイスの香り豊かな味わいにすっかりやられてしまいました。

 

 

南ドイツのスティーレミューレ社で修行する

 

2015年にUTRECHT、THE TOKYO ART BOOK FAIRの代表を辞した後、クリストフ・ケラーが営む、南ドイツのオー・ド・ヴィの蒸留所、Stählemühle(スティーレミューレ)で修行させてもらいました。

 

そこでは、ドイツの豊かな自然環境の元、18世紀後半に建てられた農家屋を改装した蒸留所で、少人数ながら、収穫から加工、醸造、蒸留といった蒸留酒作りの一連の流れを、とても手をかけたやり方で作っていました。

 

 

伝統的にこの場所で穫れる梨やぶどう、りんごなどは自分たちで栽培するだけではく、提携農場や果樹園で収穫したり、時には山に入って自然に生えているものを使うこともあります。

 

できるだけ自然に近いものを使うほうが、より豊かな味わいが引き出せるというのが彼の考え方だからです。

 

 

また、シチリアのブラッドオレンジやウチワサボテン、ピエモンテのヘーゼルナッツなど、これまで蒸留酒で使われることのなかった材料を積極的に用いて蒸留酒づくりを行うのも彼の特徴です。

 


 

修行中は、毎日色々なところへ収穫へ行き、その日に獲ったものをその日のうちに加工するという毎日を過ごしました。

 

 

収穫するタイミング、加工の正確さ、そして適切な醸造、そして最後に蒸留。手はかかりますが、その分隅々まで目の行き届いたものづくりを行っています。

 

 

全ては果物や植物の魅力を純度高く、香り豊かに引き出したいという彼の考えの元、これまでに作られた銘柄は200種類以上。

 

ボトルやラベルのデザインも自ら手がけ、その高い完成度は「グラスの中のアート」と評されるほどです。

 

2015年には、ドイツ南部エルマウで開かれたG7エルマウ・サミットで、Stählemühle(スティーレミューレ)社が作るフルーツブランデーが各国首脳へのお土産品に選定されました。

 

こうしてスティーレミューレで修行をする中で、日本の優れた果樹や植物から蒸留酒を作ってみたいと思うようになりました。

 

 

 

千葉県大多喜町の薬草園跡地を蒸留所へ

 

2016年に帰国し、スティーレミューレ社の蒸留酒を輸入・販売する業務を行いながら、日本のフルーツや植物を原料に蒸留酒を作る場所を探して、全国を回りました。

 

ご存知の通り、日本には南から北まで素晴らしい果物の生産地があり、それぞれに個性があります。そんな中で出会ったのが、千葉県大多喜町の薬草園跡地でした。

 

 

5000坪を超える広大な敷地には約500種類の薬用植物が植えられ、30年の時を経て十分に成長している状態です。

 

薬草といっても、漢方や生薬の材料になるようなものもあれば、香りや染料になるもの、また果実もあります。これらを原料に蒸留酒を作るには最高の環境です。

 

 

大多喜町から薬草園跡地を借り受けた私たちは、この場所を「mitosaya 大多喜薬草園蒸留所」と名付けました。

 

mitosayaは「実と莢」

 

実りの象徴である「実」と、実を守る外側のおおいである「莢」。

 

果実だけでなく、葉や根や種、時には莢までも使い、植物の可能性を拡張し、この場所でしかできないボタニカルブランデーを生みだすという思いを込めています。

 

 

mitosaya 大多喜薬草園蒸留所では、元薬草園である敷地内で栽培している植物、果実などを原料に用いた、ユニークで高品質なボタニカル・ブランデーを製造します。

 

敷地内で植栽されている約500種類の中から、香りや味を基準に生産品目を選定する一方、野生種や市場外の果物なども積極的に用います。

 

他の生産地ともつながりやすい地の利もあり、日本各地の生産者との協働や仕入など連携も積極的に行い、日本の高品質なボタニカルを用いたものづくりを行います。

 

ボタニカル・ブランデーの本場であるドイツだけでなく、ヨーロッパやアジアなど海外への展開も積極的に行う予定です。

 

 

薬草園の施設を改修して、フルーツや植物を原料にしたボタニカル・ブランデーを作る蒸留所を設立する、日本ではじめてのプロジェクトにぜひご支援をお願いします。

 

 

 

リターンについて

 

このプロジェクトにご支援いただいた方には、

2018年春を予定している一般販売を前に、優先して購入いただける優先購入権や、記念すべき初回の蒸留(ファーストバッチ)を熟成、瓶詰めしたボタニカル・ブランデーに、サインとエディションナンバーを入れてお届けするファーストバッチ購入権をご用意しました。

 

また、ノンアルコールのプロダクトを1年間に渡ってお届けるする、ボタニカル(ノンアルコール)プロダクト12ヶ月、ボタニカル・ブランデー12ヶ月など、少量生産の実験的な商品を購入できるリターンも。

 

また、蒸留所の完成時にご招待して、mitosaya 大多喜薬草園蒸留所をいち早くご案内する蒸留所ツアーにもぜひご参加ください。

 

 

 

本プロジェクトについて

 

完成時期:mitosaya 大多喜薬草園蒸留所の始動は2017年秋頃、製品のリリースは2018年春頃を予定しています。

 

完成場所(住所):千葉県大多喜町大多喜486

URL:http://mitosaya.com/
 

 

 

支援金の使用用途について

 

集まった支援金は以下のように使わせていただく予定です。

 

・薬草園建物を蒸留所へ改修するための建築費

・ろ過器、ハンドマッシャー等の機材購入

・原料となる果物、植物の仕入や植生費用

 

 

もしも1000万円を超えて支援金が集まるようなら、mitosaya 大多喜薬草園蒸留所の オープン後に来訪者を迎えるための施設内の整備に使わせていただきます。

 

実際にボタニカルに触れ、嗅ぎ、味わいながら蒸留所内を体験できる場所にしたいと考えています。

・敷地内のサイン、植物のサインプレート等の整備

・温室をテイスティングルーム兼ショップに改修

 

 

プロジェクトメンバーのご紹介

 

各分野のプロフェッショナルの強力な協力により、このプロジェクトを進めていきます。

 

‖ 江口宏志

 

僕の紹介は上に長々と書いたので省略しますが、mitosaya株式会社の代表になります。現在、スティーレミューレ製品の輸入・販売を行う傍ら、自身のウェブサイトでも蒸留や植物についての体験を発信しています。

 

 

 

‖ 石渡康嗣

 

mitosaya 株式会社取締役/株式会社WAT 代表取締役 

サンフランシスコ発の"Blue Bottle Coffee"や”Dandelion Chocolate"など、アメリカのクラフトブランドの日本上陸のプロデュースを手掛ける一方で、品川区大崎"CAFE & HALL ours"や世田谷区下北沢"long va quan"など、地域コミュニティを育むカフェ・飲食店の運営を行っています

 

このプロジェクトでは事業・運営全般のサポートを行います。いわばmitosayaのCOO (Chief Operating Officer)です。

 

 

 

‖ 朝霧重治氏

 

mitosaya 監査役/株式会社協同商事 コエドブルワリー代表

コエドビール(COEDO)は、埼玉県川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。日本をはじめ世界12か国で販売され高い評価を得ています。

 

このプロジェクトでは、設備協力、技術サポート、原料仕入・製品販売ルートの協力を行います。いわばmitosayaのCTO(Chief Technical Officer)です。

 

 

 

‖ 井上隆太郎氏

 

株式会社 GRAND ROYAL green 代表 

千葉県鴨川市の自社農園を拠点に、完全自然農法でおよそ100種のハーブ&エディブルフラワーを生産しています。

 

mitosaya 大多喜薬草園蒸留所内の植物の植生計画や維持管理、仕入などを担当します。いわばmitosayaのCBO(Chief Botanical Officer)です。

 

 

 

‖ 中山英之氏

 

中山英之建築設計事務所 代表 

伊東豊雄建築設計事務所勤務後、2007年に中山英之建築設計事務所を設立。

2014年より東京藝術大学美術学部建築科准教授。作品に、「2004」、「O 邸」、「石の島の石」、「弦と弧」など。著書に『スケッチング』など。

 

蒸留施設と関連施設の建築設計・監理を行います。

いわばmitosayaのCAO(Chief Architect Officer)です。

 

 

 

‖ 山野英之

 

TAKAIYAMA inc.代表

mitosayaのロゴやボトル、ラベル等のデザイン、蒸留所内のサイン計画などを担当します。いわばmitosayaのCCO(Chief Creative Officer)です。

 

 

 

‖ 谷戸正樹

 

ウェブサイト、リーフレット等のデザインを担当します。

いわばmitosayaのCDO(Chief Design Officer)です。

 

 

 

想定されるリスクとチャレンジ

 

蒸留酒の製造のためには酒造免許の取得が必要ですが、現在は申請を行うために必要書類の作成、建築や設備計画等を行っています。

 

順調にいけば、2017年6月上旬には申請、秋頃には免許取得が出来る予定ですが、延びる可能性があります。

 

また免許取得後に製造を開始するため、製品の出荷は2018年春頃になる予定です。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)