今回引き換え券と交換で提供しているモリンガライフパウダーですが、
多分日本、否、世界でも類を見ない程のクオリティであると思っています。

まず、水溶具合ですが、左が一般のモリンガ粉末、右がモリンガライフパウダーです。
モリンガが水にしっかりと混ざっているのが確認していただけるではないかと思います。
 

 

モリンガはその粒子が粗いため、水には混ざらないといわれてきました。しかし、モリンガライフパウダーはその『壁』を超えたんです。


それでは一体それを超えたのは誰か?それはこのモリンガコミュニティーです。
 

 

このプロジェクトを説明すると良く「ああ、フェアトレードなんですね」って言われる事多いんですが、


それだけでは語れないものだと思っています。

まず、

アフリカから原料だけを仕入れているか、アフリカから加工されたものを仕入れているか
ここ大きな違いなんです。原料というのは、「栽培したものを詰めて送る」という労働ですよね。
加工されたものというのは、「栽培したものを加工し送る」すなわち加工するという仕事なんです、

原料調達はく栽培して、良く管理する、そしてしっかり送る。マニュアル通りに行えば出来てしまう仕事ですので、単純労働という形になりますが、

加工プロセスというのは、そこに創意と工夫が必要になってきます。ガーナのモリンガコミュニティーでは、自分達でも良い物を作る事が出来ると出来るだけ小さな粉末加工を現地で行なっています。
 

 

ここを「フェアトレードで仕入れているんですね」だけで終わらせたら
もったない気がするんですよね。「自分達でも出来る」という気概と、「創意・工夫」。この2つがモリンガライフパウダーには詰まっています。
 

 


この商品を手にする時、そこを一瞬でも感じて貰えたら嬉しいですね。

新着情報一覧へ