みなさんお久しぶりです。NACEFです。



今回記事を書かせていただきます、日本赤十字看護大学 学部2年、広報担当の根本萌江です。



私たちNACEFは8月4日から12日間の渡航を終え、8月15日に日本に帰国しました!



私は今回が初めての渡航でした。



大学1年からNACEFに入り、“カンボジアの子どもたちのため”という言葉をいろんな場面で使い活動してきました。



今回の渡航に行って“カンボジアの子どもたちのために”という言葉の意味や重さ、重要さを実感することができました。



SKO孤児院の子どもたちも小学校の子どもたちも、カンボジアの子どもたちの笑顔は思った以上にキラキラしていて、とても眩しかったです。 レディーフォーで支援してくださった方々のおかげで今年もたくさんの子ども達に衛生物品や教育を届けることができました。本当にありがとうございます。 右から、生理用品・食器洗う洗剤・固形石鹸・歯ブラシ・シャンプー・洋服用洗剤です。 今後の夏休み期間の活動は、明日(8/19)にNACEF全員で渡航反省会を行います。 その反省を踏まえ、下半期の活動では今年度の活動・渡航のまとめをしていきます。 2016年度NACEF活動報告会を12月2日に日本赤十字看護大学広尾キャンパスで行う予定です。時間等詳しいことが決まりましたら、またご連絡させていただきたいと思っております。 数あるサポートのどれも欠けては成り立たない活動であると実感した渡航でした。本当にありがとうございました。



今後の活動もFacebook・Twitterで更新していきたいと思っておりますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです! ◆NACEF Facebook https://www.facebook.com/nacefrc/



◆NACEF Twitter https://twitter.com/nacef_rc



これからもNACEFを温かく見守っていただけたら幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。


新着情報一覧へ