プロジェクト概要

乳がんの早期発見早期治療の大切さを、伝える冊子をつくります!

 

NPO法人奈良ピンクリボンアピール代表の佐分利みどりと申します。パイプオルガン奏者で、奈良少年少女合唱隊『アンジェリカ』を主宰しています。2006年3月に乳がんであることがわかり、治療を長引かせないためにも治療を即決し、4月に右乳房を全摘。 6月に女性3人で「奈良ピンクリボンアピール」を結成して、2008年9月に「NPO法人奈良ピンクリボンアピール」となりました。

 

2人に1人ががんになる時代。でも知識があれば、早期発見と適切な治療で助かる時代でもあることを一人でも多くの方に伝えるために、冊子を作りたいと思っています。

 

乳がん及びその他のがんの検診受診率50%を目指し、早期発見早期治療の大切さを伝えるために、ご支援どうぞよろしくお願い致します。

 

 

誰にでもがんは訪れます。だからこそ、知っておく必要があります。

 

普段私たちは音楽をチャリティコンサートやイベント等媒体に乳がんについて啓発しています。というのも奈良ピンクリボンアピールや乳がんに興味・関心を持ってイベントに来てくださる方ももちろんのこと、がんについて知ることから逃げている人にこそ聴いてもらいたい、興味を持つきっかけにしたい考えているからです。

 

(音楽が入り口であれば気軽に問題について伝えられます)

 

2人に1人ががんになる時代。でも知識があれば、早期発見と適切な治療で助かる時代でもあるのです。がんが見つかるのは怖いです。でももっと怖いのは、見逃すこと、見過ごすこと。放置すると本人はもちろん、あなたを大切に思う人をも不幸にします。治るはずのがんで亡くなるなんて、もったいないし、悔しいです。

 

(少しでも多くの人に知ってもらいため多くのイベントに出ています)

 


乳がんについて伝える冊子を作ります!

 

チャリティコンサートやイベントで配布する冊子を作成します。一人でも多くの人に冊子を手渡し、その人から周りの人にも伝えてもらいたいと願います。がんの早期発見の大切さを伝えたいと思っています。

 

(奈良中心の活動なのでせんとくんもイベントをお手伝いしてくれました)

 

先進医療を受けるために準備できること、準備しなければならないこと。がん罹患者の立場で、自分や家族にいきなり来る“がん”に立ち向かっていただきたい思いを込めて、手もとにあれば安心な一冊を作ります。そのための冊子作成費をご支援いただければと思います。暖かいご支援どうぞよろしくお願いします。

 

 

症状が出る前に見つけることが、がんの完治の条件です。

 

「自分はがんにはかからない!」

「なんともないから、検診なんて必要無い!時間もないし。」

「がんが見つかると怖いから、検診は受けたくない。」

 

こうしたようにお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら、がんは予防できません。誰にでも平等にやってきます。症状が出る前に見つけることが、完治の条件です。だから検診を受けていただきたいと思っています。

 

検診は“大丈夫”を確認するためのものです。症状があれば、検診ではなく診察を受けてください。検診を受けて、もしがんが見つかっても、それは早期発見。正しい知識を持って納得できる治療を受け、早い社会復帰を果たしていただきたい。まずは知ることから。それを伝えるA5サイズ16ページ冊子2500部を作成します。

 

プロジェクト成功させるためにも、皆様の暖かいご支援、どうぞご支援をお願いします!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 引換券について ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

・サンクスレター

 

・今回作成した冊子

 

・オリジナル ピンクリボン ロゴバッジ

 

・ピンクリボン協賛クリップ

(ピンクリボン ロゴバッジ&ピンクリボン協賛クリップです)

 

・ピンクのキャンドルグラス

 

・当会HPへのバナー掲載(1年間)

 

 


最新の新着情報