先週の金曜日に日野市の小学校にてワークショップを行ってきました!

オズの魔法使いの劇中歌 ”Over the rainbow” を歌い、事前に用意したフィリピンクイズをしたりして盛り上がりました。

加えて、日本の子供たちが海外の子供たちの事情に関して、多くのことを知りたがったのには考えさせられる所がありました。フィリピンのゴミ山の問題をとても真剣に、興味を持って考えてくれたのです。そのことで、私たちの側も考え続ける努力を怠ることのないようにしようという気持ちになりました。日本の子供たちの思いを背負ってフィリピンに行く、という考えがより深まるきっかけになりました。

子供たちはとても元気がありました。クイズやフィリピン紹介などのコーナーの時も、積極的に声を出して答えてくれました。けれど、その深い部分では外国の自分達と同年代の子供たちに対する好奇心や、関心、言語化できない数々の思いが渦巻いていることをうかがい知る事ができました。

 

これからもフィリピン公演に向けて努力をしていきたいと思います。その努力が様々な人たちの思いを背負っているのだ、ということを忘れないようにしたいです。

新着情報一覧へ