こんにちは!

クラウドファンディング挑戦中の佐々木理人です。

 

もう、1週間を切り終了まで残すところあとわずかになりました。

ここまで多くの方々にご支援いただけてることに驚きと期待を持っていただいているのだと実感し、最後までプロジェクトを完遂できるように頑張っていきたいと思います。

 

私がNikko Beer Gardenを始めるにあたり、地元のクラフトビールを知ってもらいたいという思いがありました。

 

今回協力いただいているのが、三本松茶屋が出しているNikko Brewingというクラフトビールです。日光では6年ぶりとなる地ビールの復活としてメディア関係者にも取り上げてもらっています。

 

僕がこのクラフトビールを知ったきっかけですが、たまたま知り合いに日経新聞の記事を紹介してもらったのが始まりで、見た瞬間に「ここと一緒に何かやりたい」と思い、すぐに友達を介して関係者に連絡を取りました。

 

早速、電話でNikko Beer Gardenのコンセプトを伝え、ビールを紹介できないかと相談させていただいたところ快く承諾してくれて、後日工場への見学も取り付けました。

 

そこでは、導入したばかりの機材に数人のスタッフがビール作りに精を出しており、毎日管理とチェックをされていました。

初めて見るビール工場に新鮮さを覚えると同時に、さらに僕の中で地元のクラフトビールを知ってほしいという思いが芽生えるようになります。

 

約6機あるタンクの中には、ラガーやエールといった種類のビールが発酵を繰り返し芳醇な香りが漂っていました。

それから、後日オープニングパーティーに招待され待ちに待った試飲をさせてもらいます。複数のビールを飲みましたが、どれもが個性あるものに仕上がっており、コクと微炭酸の喉越し、香りと苦味がビール特有の爽やかさを感じることができました。

 

おいしいビールは、味ももちろん、そのビールができたストーリーを知ることで期待感と相まって美味しさを倍増させます。

 

今回Nikko Beer Gardenでは、ただ飲んで貰うのではなく、ストーリーを知ってもらった上で飲んでいただきたいと思っております。それこそが地元のクラフトビールの良さをみなさんへ伝えられるのではないかと考えています。

 

ぜひ、これからも応援とご支援のほどよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

新着情報一覧へ