高度成長以後の日本は大都市圏への集中が進み、

今後も手を打たなければその勢いは止まりません。

都会へ、の流れは単純に悪いことではありませんが、地方が活力を保つには

 

「医」療をはじめとした社会インフラが保証されること、

「職」業にできる産業があること、

ひとが「集」まる魅力があること、

 

を大切にしなければなりません。

 

「相双ふくしま子供病院」プロジェクトは、そのような意味で、

福島県相双(そうそう=相馬•双葉)地域の「医•職•集」の一角を担う役割を果たしたいと考えています。

 

普段は時間や距離の制限からネット上でのやり取りが多い(財)相双未来基金のメンバーが集まり、さらにプランを練り上げているところです。

2014.11.7 代表・河村
 

 

新着情報一覧へ