クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

フィリピンの「貧困家庭向けの学校」に水洗トイレを設置したい!

長井正典(NPO法人TeraKoya代表)

長井正典(NPO法人TeraKoya代表)

フィリピンの「貧困家庭向けの学校」に水洗トイレを設置したい!
支援総額
748,000

目標 500,000円

支援者
39人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

終了報告を読む


5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2018年06月21日 17:03

セブ島のスラム街の人たちを救うプロジェクトを応援しています

こんにちは。
今回は、私たちと同じくフィリピンで活動されているNPO法人セブウィッシュが取り組まれているプロジェクトを紹介したいと思います。

(プロジェクトページ:https://readyfor.jp/projects/cebufire01

NPO法人セブウィッシュの増田様は、今年の3月16日にセブ島のスラム街で起きた大火災により逃げ場がなく被災した人たちを救うため、以前の私たちと同じくReadyforで今月29日まで挑戦をしています。

この大火災は子どもたちの些細な火遊びが原因だったそうですが、緊急車両が通れる道がないスラム街では多くの人が逃げ惑い、ただただ自分の家が焼けるのを見ているしかなかったそうです。そして、幼い命が奪われてしまいました。

今回のプロジェクトの応援をすることで道路建設が実現できれば、二度と同じような悲劇を生み出さないだけではなく、普段は人々の生活道路としても活用できるようになります。そして、道路建設だけで終わりではなく、その先として消火訓練や防災訓練も行っていくことで、彼らが自ら生きていくために必要な未来を切り開くことができることでしょう。

増田様は、20年以上もスラム街中心にセブ島での支援活動をされており、何としてもこのプロジェクトを実現するために諦めずにクラウドファンディングを実施しております。プロジェクトもラストスパートとなり、出来うる限りの手を尽くしてプロジェクトの拡散や応援願いを行なっているそうです。??

増田様の思いや大火災の事実を知り、私たちと同じくフィリピンでの活動に尽力されている仲間として励みになればとシェアさせていただきました。

ぜひ、プロジェクトページをご覧いただければと思います。

★ご支援・拡散お願いします→https://readyfor.jp/projects/cebufire01

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・開校式の写真のメール
・報告書メール

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

10,000円(税込)

【サポーターの証として名刺をお届け】
・開校式の写真のメール
・報告書メール
・フィリピンのお菓子
・サポーター名刺✕5枚
・ステッカーセット(1枚)

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

30,000円(税込)

【幼稚園の壁面にお名前を残します。】
・開校式の写真のメール
・報告書メール
・フィリピンのお菓子
・サポーター名刺✕10枚
・ステッカーセット(1枚)
・学校の壁面にお名前を残します。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

100,000円(税込)

【責任者、長井が支援者様とお会いする場をセッティングいたします】
・開校式の写真のメール
・報告書メール
・フィリピンのお菓子詰め合わせ
・サポーター名刺✕10枚
・ステッカーセット(1枚)
・学校の壁面にお名前残します。
・責任者、長井が支援者様とお会いする場をセッティングいたします。

※団体の活動についてや現地フィリピンの様子をお話させていただきます。場所や日時については、支援者様と直接やりとりをして決めさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

プロジェクトの相談をする