READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

フィリピンの「貧困家庭向けの学校」に水洗トイレを設置したい!

フィリピンの「貧困家庭向けの学校」に水洗トイレを設置したい!

支援総額

748,000

目標金額 500,000円

支援者
39人
募集終了日
2015年11月30日
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

終了報告を読む


5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2020年06月08日 13:13

Terakoyaをご支援くださったみなさまへ TeraKoya閉校のお知らせ

NPO法人TeraKoyaです。

この度のコロナウィルスに関連するロックダウンの影響で
TeraKoyaは3月15日より休校状態になっておりました。

・未だ感染者は増えており再開の目処も立たないこと
・日本全体の状況もよろしくなく、フィリピンへ渡航もままならないこと

この度、年度変更に伴い新規登園は受け付けず
2020年6月7日もって閉校する事となりました。

皆様に協力していただいた水洗トイレ完備のTeraKoyaの校舎は
そのまま建物のあるパンパンガ州サンタリタ市サンタリタ小学校に寄贈する形になりました。

Readyforにてサポートしていただいた皆様には
道半ばになってしまい申し訳ございません。
そして本当にありがとうございました。

代表 長井より大事なお知らせ
 

代表理事の長井正典です。
2013年にフィリピン・レイテ島を襲った台風30号【ハイエン】の支援にレイテ島・タクロバンに行き、そこで出会った通訳のLarry。
彼からフィリピンの現状を知りフィリピンの貧しい子供達の教育支援が始まり6年の月日が経ちました。
その間に私自身リンパ癌、Larryは肺癌となり旅立ちました。
私は今も治療しながら、フィリピンの子供達の笑顔の為にTeraKoyaを維持してきました。

しかし、この度のコロナウィルスによりフィリピンの現状・維持する側の日本の現状・私個人の現状を踏まえてTeraKoyaを閉校する事に決めました。
コロナウィルスが終息した際に再びフィリピンに行き、校舎を寄贈する所存です。

学校を建てる事も大変でしたが維持する事は何倍も大変です。

沢山の迷惑・犠牲を出しながらも何とか維持してきましたがコロナウィルスの猛威には太刀打ちする事が出来ない結果となりました。

長年サポートしていただきました方々には感謝の意を捧げますと共に、開校して5年間で終わる事は断腸の思いであり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

良い言葉が全く出てきませんが、皆様方、今まで本当にありがとうございました。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・開校式の写真のメール
・報告書メール

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

10,000

alt

【サポーターの証として名刺をお届け】
・開校式の写真のメール
・報告書メール
・フィリピンのお菓子
・サポーター名刺✕5枚
・ステッカーセット(1枚)

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

30,000

alt

【幼稚園の壁面にお名前を残します。】
・開校式の写真のメール
・報告書メール
・フィリピンのお菓子
・サポーター名刺✕10枚
・ステッカーセット(1枚)
・学校の壁面にお名前を残します。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

100,000

alt

【責任者、長井が支援者様とお会いする場をセッティングいたします】
・開校式の写真のメール
・報告書メール
・フィリピンのお菓子詰め合わせ
・サポーター名刺✕10枚
・ステッカーセット(1枚)
・学校の壁面にお名前残します。
・責任者、長井が支援者様とお会いする場をセッティングいたします。

※団体の活動についてや現地フィリピンの様子をお話させていただきます。場所や日時については、支援者様と直接やりとりをして決めさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

プロジェクトの相談をする