人としての本当の「幸せ」とは、「豊かさ」とは、何でしょうか?

何を失うと幸せではなくなり、豊かではなくなるのでしょうか?

例えば、満開の桜を見て心が躍り、花吹雪を見て思わず涙する感性。

桜を囲み、集う習慣を知り、その意味を考え、有難さがわかる知性。


幸せだと思うのも、豊かだとわかるのも、
善悪を区別できるのも、挨拶や礼儀や感謝を忘れないのも、
感じるココロ考えるアタマがあるから。

この二つが揃って初めて、
誰かと共に時間と空間を過ごすことが、
かけがえのない幸せだと思えるようになるのではないでしょうか。

ところで最近、いつ感性を磨きましたか? どこで知性を研ぎましたか?
ちなみに普段、誰と、どんな時間と空間を過ごしていますか?


(声や息遣い、仕草や視線、沈黙や静寂も、物語の世界を感じさせてくれます。)

新着情報一覧へ