READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

国連に対し日本の特定秘密保護法の危険性を直接訴える!

小川隆太郎

小川隆太郎

国連に対し日本の特定秘密保護法の危険性を直接訴える!
支援総額
255,000

目標 250,000円

支援者
12人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年07月31日 18:09

撮ってきた写真の紹介

 

国連内のカフェテリア。ペットボトルの水1本400円以上。

昼は早めに並ばないと、おかずが無くなってしまいます。

 

 

パレデウィルソン(私がスピーチしたNGOブリーフィングの開催場所)の前で

今回ご一緒させて頂いた海渡雄一先生(事務所のボス弁)と。

 

 

こちらはパレデナシオン。本審査が行われた会場です。

 

 

本審査が行われた会場です。天井からは何か色々ぶら下がっています・・・。

向かって左側の方に政府関係者の席があり、日本政府は各省庁から50人以上の役人が参加していました。

前方の机には、右側にナイジェル議長と国連関係者、右側に日本政府の答弁者と関係者が座ります。

規約委員は、その目の前で向かい合うような形で半円形に並んで発言していました。

 

 

ドイツのフォー議員が特定秘密保護法について、日本政府に質問してくれているところです。質問されれば、ほぼ確実に勧告が出るので、この質問を聞いたときは本当に嬉しかったですね。

しかしこの後、日本政府が反論の答弁を行ってきたので、ただちにその場で再反論の文書を、私とエセックス大学の藤田早苗さんと一緒に起案して、海渡先生と一緒に委員に手渡しました。結構大変でした・・・。

一覧に戻る

リターン

3,000

・御礼メール送付

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

・御礼メール送付
・国連会議(自由権規約委員会政府報告書審査)の傍聴レポート送付

支援者
8人
在庫数
制限なし

30,000

・御礼メール送付
・国連会議(自由権規約委員会政府報告書審査)の傍聴レポート配布
・報告会(勉強会)への御招待
※場所は東京都内で,ヒューマンライツナウか青年法律家協会国際委員会の企画として行おうと考えております。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする