C2ca448d931523f898d4b4a229dc0f3833b087fe


私の大切な支援者さまへ
報告が遅くなったことを心からお詫び申し上げます。
シェルター設立から今日までの活動、報告をさせていただきます。


福島外国人実習生・留学生支援ネットワーク
シェルター名「HINATA」

設立経緯

代表 岡部文吾が2016年10月23日、郡山の教会でベトナム人技能実習生たちに会ったのがきっかけ。企業から理不尽な暴力、不当な扱いによって企業から追い出され、行き場のない実習生たちと交流を重ね、悩みや相談を受けているうちに心を傷め、彼らの保護や生活のサポートをするに至る。相談件数は日々増え続け、一個人が抱えられる問題ではなくなったため、経営していたベトナム料理店を閉店。その後、福島県郡山市に福島外国人実習生・留学生支援ネットワークを2017年11月25日に設立、2018年1月17日にシェルター「HINATA」を開設した。



事業方針

この社会で暮らし働く、外国人移住者とその家族の生活と権利を守り、自立への活動を支え、よりよい多民族・多文化共存社会のため、個人、団体による支援組織を目指す。
事業内容

希望を抱いて日本に来た実習生たちを待っていたのは、過酷な労働条件や人権侵害。技能実習生とは「開発途上地域等へ技能移転を図り、その経済発展を担う人作りに協力すること」を、本来目的として創設された制度である。しかし、この制度を安価な労働力として利用し、最低賃金すら払わずに長時間働かせる悪質な経営者が後を絶たないのが現状である。
実習生が実習中に生じた疑問や問題を、雇用主や監理団体に伝える等の行動を起こすと、仕事を取り上げられたり、解雇・帰国を申し渡されたりする場合がある。その場合、実習生はある日を境に宿舎を追い出され、賃金も得られず、たちまち生活に困窮してしまう。また問題を解決しないままでは帰国することもできず、また帰国することができたとしても多額の借金を抱えたまま、本国で路頭に迷うことになるケースも多い。
当ネットワークでは無収入となった相談者をHINATAにて保護し、衣・食・住の生活サポートをしながら、問題解決までの間、共同生活を行う。問題の解決に向けて労働組合と連携し、実習機関である雇用主や監理団体と解決に向けた話し合いを行い。時には解決を司法の判断に委ねる必要もあるため、法律の専門家や行政機関とも連絡をとり、実習生の権利を守る活動を行う。
救済、支援
実習生の保護
衣食住のサポート
入国管理局への相談、報告
必要に応じて在留資格変更等の代理申請
各支援団体と連携し、問題解決に向けての交渉
帰国後の就労支援
必要に応じて生活費の貸付
留学生の就労支援
地域のボランティア活動
外国人実習生、留学生向けの日本語教育支援等
福島外国人実習生・留学生支援ネットワーク 活動経歴

2017年7月27日
ベトナム人実習生保護 福岡・18歳女性・不当解雇、帰国強要
2017年11月22日
ベトナム人実習生保護 福島・24歳男性、除染作業強要
2017年11月25日
「福島外国人実習生・留学生支援ネットワーク」設立
2017年12月18日
ベトナム人実習生保護 栃木・25歳男性、不当解雇
2018年1月17日
シェルター「HINATA」開設
2018年1月17日
ベトナム人実習生保護 香川・23歳女性・パワハラ
2018年1月26日
クラウドファンディングReady for シェルター修繕費用 総額¥1,075,000達成
2018年1月30日
ベトナム人実習生保護 愛知・29歳男性・不当解雇
2018年1月30日
ベトナム人実習生保護 岐阜・21歳男性・帰国強要
2018年1月31日
ベトナム人実習生保護 北海道・22歳女性・帰国強要
2018年2月3日
ベトナム人実習生保護 群馬・29歳男性・低賃金、失踪
2018年3月7日
ベトナム人実習生保護 山形・38歳女性・不当解雇
2018年3月9日
郡山アーバンロータリークラブ主催 講演会「シェルター活動報告」
2018年3月23日
ベトナム大使館1等書記官「HINATA」訪問
2018年3月23日
ベトナム人実習生保護 福島・24歳男性2人・除染作業強要
2018年3月30日
ベトナム人実習生保護 千葉・33歳男性・除染作業強要
2018年3月31日
ベトナム人実習生保護 埼玉・31歳女性・不当解雇、帰国強要
2018年4月2日
ベトナム人実習生保護 埼玉・27歳女性・不当解雇
2018年4月27日
会社倒産による倒産以外による技能実習生の日本初の失業申請認定
2018年4月28日
日本弁護士連合会「HINATA」訪問
2018年5月14日
ベトナム人実習生保護 富山・27歳男性・不当解雇
2018年5月15日
失踪した技能実習生の初の実習先変更決定
2018年7月5日
ベトナム人実習生保護 兵庫・23歳男性・帰国強要
※年齢は保護当時
相談事例

賃金不払い、労働災害、解雇、パワハラ、人権侵害、強制帰国等。
未払い賃金の支払いを要求したら、車で3時間以上路上に置き去りにされた。
就労中に目の怪我をしたが、病院での治療を受けさせてもらえなかった。
3か月分の給料不払い、就労していた工場が倒産するので出て行くよう命じられた。
日本人の正社員から毎日暴力を振るわれた。
時給400円で毎日深夜1時まで働かされ、休日年間3日のみ。
風邪で仕事を2日間休むと、会社や監理団体に母国に帰れと言われた。
在留カードやパスポートを取り上げられ、休日外出不可。
朝8時30分から深夜3時まで就労、休日週1日。
外出は許されず、食材や生活用品はインターネット通販。給料手取り月8万。
企業の男性社員による性的虐待、妊娠、中絶。(帰国1名、自殺未遂1名)
内定企業から法外なビザ(学生から就労)変更費用を請求(15万円)され、支払いを拒否したら、解雇・寮を追い出された。
事業収支科目

支出
家賃、光熱費
通信費(電話・インターネット)
食費
衣類・生活用品等の生活費
車両の維持費、ガソリン代、税金等
交通費及び出張費(打合せ、各機関への出頭、取材、交渉等)
宿泊、出張費(遠方への団体交渉等)
生活費の貸付金
収入
関係者 持ち出し金
企業や支援者による寄付、賛助会費
助成金・寄付金のお願い

日本や世界では、例えば心臓移植が必要な幼児がいた場合、支援者から寄付を募り、募金活動をします。驚くほど簡単かつ迅速に目的が達成されます。一方、こういった外国人実習生問題、移民、難民、外国人在留者・労働者に対する偏見、差別は重視されていません。関心がないのです。なぜでしょうか。同じ命です。大きいも小さいもありません。実際、過労によって命を落とした実習生・留学生がいます。命を落とさなくとも、心を殺されています。「愛の反対は無関心」という言葉があります。マザー・テレサは「私たちの敵は無関心です。」と言いました。人間の根本は、愛と助け合いだと私は考えます。
現在HINATAは、支援をなかなか受けることができておらず、非常に厳しい財政状況にあります。どうか心あるご理解とご支援をよろしくお願いいたします。
代表 岡部文吾
振込先
寄付金や賛助会員としてのご協力をいただける方は、以下の口座へお願いいたします。
ゆうちょ銀行
[店名]八二八(読みハチニハチ)
[店番]828
[普通口座]3710994
[振込先]福島外国人実習生留学生支援ネットワーク
(フクシマガイコクジンジッシュウセイリュウガクセイシエンネットワーク)
賛助会員
[年会費]12,000円
問合せ先
福島外国人実習生・留学生支援ネットワーク
代表 岡部 文吾
[TEL]027-926-0762
[メール]nhahinata117@gmail.com
新着情報一覧へ