1bce4d93fbc44aa5f5af356c232f25bb2ae95d72



静岡と言えば、お茶。
煎茶を思い浮かべる方は多いかと思います。
清らかな水の都、清水。
鎌倉時代には『駿河清見のお茶』は、五大産地に数えらました。"駿河清見"は、興津宿の清見寺付近の事です。
近年の清水港は、お茶の輸出で栄えた町です。

清水のお茶は、山あいで手間ひまかけて育てられ、『山のお茶』が主流です。
富士山の絶景ポイントで育てた『日本平のお茶』。『雲海を望む茶畑』興津川から発生する霧の中で育ち爽やかな香りと旨味で毎年、高値をつける『両河内のお茶』。香りの強い『駿河清見のお茶』のルーツを持つ『庵原のお茶』。

この度のプロジェクトのリターンで、ご協力いただき、記載させていただいている『茶楽』さんは、岡屋旅館の近くにあるお茶屋さんで、お茶の香りの立ち込める工場併設のおしゃれな古民家風のカフェにて、『清水のお茶』をお試しいただけます。
このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)