紅型手帳です。

 

花笠を図案化したもので、ポイント帯やスツールに使用されている図案と同じものです。今回は紅型手帳の「花笠バージョン」の詳細情報を載せますが、もう一方の紅型手帳の「金魚バージョン」についても少し商品の説明をします(後日「金魚バージョン」の詳細もアップしますが、今回の更新でだいたい雰囲気は判っていただけるはずです)。

 

手帳の形や機能性などは「花笠バージョン」も「金魚バージョン」も同じですが、革の色が少しことなります。

 

「花笠バージョン」は、表の革の色がブラウン、裏の革(カードポケット)はキャメルです、バンドはキャメルです。

 

「金魚バージョン」は、表がタン(キャメルより淡い)、裏は革(カードポケット)はブラウンで、バンドはブラウンです。

 

サイズは文庫本と同じですので、小説も入ります。ほぼ日手帳のオリジナルもちょうど良いサイズです(写真を参考にしてください)

花笠手帳1
花笠手帳 正面
花笠手帳2
ほぼ日手帳もぴったりときます
花笠手帳3
カードポケットは左右どちらにも同じサイズのものがついています
花笠手帳4
革製のしおりが付いています。紅型手帳に最初から付いているので煩わしくないです。
花笠手帳6
ペン差しにペンが入っていても、手帳のバンドとの隙間にペンが来るので煩わしさが軽減されます
花笠手帳5
厚みはこのくらい。写真には、ほぼ日手帳を使っていて、厚さは1.4センチ
花笠手帳7
花笠手帳はバンドがボタンでとめられます。金魚バージョンは差し込むタイプです(下の写真を参考にしてください)
金魚バージョン1
金魚バージョンの正面です。バンドは差し込むタイプです。皮のステッチは濃い水色で金魚の居る水中をイメージしました
金魚手帳2
金魚手帳の裏側です。スイレンの花と葉です。

 

新着情報一覧へ