こんにちは!バレンタインの季節ですね。社内ではプレゼント合戦が過熱していますが(汗)。

 

さて、今まで見たことがない母の義兄の実家にあったおこし型を貸してもらいました。古い型で、あまり見たことがない彫り口でした。

なんとなくですが、祖父の彫り方のほうが特殊に見えたので、古典的作品を解析しています。やすりを使わないでもある程度平坦にする方法を試行錯誤して習得することに成功しました。

 

これが私の一番最初の作品。エッジが汚いうえ、浅いし、なめらかさも足りません。やすりもかけているんですけどね(涙)。おこし型特有のくっきり感がないのが一番の欠点かと。最初は初めての作品ができて舞い上がってうまくできたと思っていたんですけどね(汗)。

 

最初に彫った型を、習得した技で修正したもの(ピントがちょっとずれている・・・)。エッジがキレイですし、葉っぱのところも平坦。果実の部分もなめらかです。まだやすりをかける前ですが、かなりキレイに修正できました(自己満足)。

 

現在、初心者の方が、どうやって彫ったらいいか??どんな道具を使えばいいか??試行錯誤中です。初心者向けのおこし型の型のデザインも作成中です。そうなると木型になる木の不足や、試し掘り用の比較的扱いやすい(ちょっと高めの)彫刻刀などを準備して、ぜひ皆様に試しに彫って頂きたいな!という気持ちが高ぶります。そのために必要な資金を調達するため、皆様のご支援よろしくお願いします。

新着情報一覧へ