こんばんは!
段々と春を感じる陽気になってきましたね☆

昨日はプロジェクトメンバーや地元有志で、宮城県名取市閖上地区に側溝捜索活動に行ってまいりました!
直接プロジェクトに関係があるわけではありませんが、「人のために何かがしたい」、という思いは共通しています。今回はプロジェクトの進捗としては番外編としてお読みください。

 

 

 

ミッションの内容は、住宅街の周りの側溝を開けて土砂の中から遺品等を見つけ出すことでした。すごく印象的だったのは、住宅街とはいっても、家の基礎以外すべて津波に流されてしまっていたんですね。。。
改めて、起こった現実の重さ大きさを実感いたしました。。。

 そして、けっこうな重労働ではありましたが、一定程度の遺品を見つけ出すことができました。私たちだけではありませんが、結果的には側溝を375メートル探し進めることができたようです。疲れたけれど充実感や達成感が得られたのは言うまでもありません。

また、現地の方に「ありがとう」との心のこもった感謝のお言葉をいただきました☆

これが今回の活動では一番の収穫だったといっても過言ではないでしょう!!

 


 

今回は震災のボランティアをしたわけですが、「人のために何ができるかを考え、実行すること」、「ありがとうのことばの大切さ」など今後「おもちゃのまちDEドイツビール祭り」でも活かせることを多く学ぶことができました!今後に活かします!

(写真にはプロジェクトメンバーでない有志の方も映っています。)

まずは、これをお読みになってくださった方々や支援くださった方々に感謝のことばをお伝えしたいです。

「ありがとうございます」(^_^)/



 

新着情報一覧へ