READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

女性らしくキラキラ輝くヒントが詰まった絵本を輸入翻訳したい。

オーバーヘイム容子&スヌープ(犬)

オーバーヘイム容子&スヌープ(犬)

女性らしくキラキラ輝くヒントが詰まった絵本を輸入翻訳したい。
支援総額
115,000

目標 1,000,000円

支援者
14人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2015年06月03日 17:41

絵本につてのあらまし。

 

 

クラウディア・ブラック博士
「パパは私を愛してくれるけれど、病気なの(仮題)」
原題:My Dad Loves Me, My Dad Has a Disease

クラウディア・ブラックさんは「アダルトチルドレン」問題の開拓者として知られ、アメリカで最も有名な心理学者/セラピストの一人です。主著の一つの「私は親のようにならない―嗜癖問題とその子どもたちへの影響(訳:斎藤学、誠信書房)」は数百万部のベストセラーとなりました。

今回の絵本のタイトルは、クライアントの娘さんとの会話から生まれました。お父さんがブラックさんの診療を受けていることを知っているかと娘さんに尋ねたら、彼女はブラックさんのほうを向いてきっぱりと「パパは私を愛してくれているわ。でも病気なの」と言いました。ブラックさんは、親がこの病気を抱えていても自分への愛情を持ち続けているのだと他の子どもたちも信じてほしいと願っています。

本書は、親が依存症を抱える家庭の5歳から12歳の子供を対象に書かれています。各ページの質問に沿って絵や文章を書き込む形で、子どもたちが自分の感情や思いを表現できるようになっています。その中で病気の仕組みを理解し、「自分の体験や感情を話してもOKなこと」、「自分が病気の原因ではなく、治療もできないこと」を学びます。子どもたちと一緒に取り組むことで、大人の方でも新たな知識が得られるでしょう。

参考:
https://www.claudiablack.com/product/my-dad-loves-me-my-dad-has-disease

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼の手紙
・記念ステッカー贈呈

支援者
5人
在庫数
制限なし

10,000

・お礼の手紙
・女性たちからの感謝の声(色紙など)
・記念ステッカー贈呈
・協賛者としてWebサイトもしくはワンネスグループ発行のニュースレターにお名前を掲載
・フォーラムの無料招待及び支援者席(会場までの交通費は自己負担となります。)

支援者
9人
在庫数
制限なし

30,000

・お礼の手紙
・女性たちからの感謝の声(色紙など)
・記念ステッカー贈呈
・協賛者としてWebサイトもしくはワンネスグループ発行のニュースレターにお名前を掲載
・フォーラムの無料招待及び支援者席(会場までの交通費は自己負担となります。)
・麺屋拳玉名古屋本店御食事券

支援者
0人
在庫数
15

50,000

・お礼の手紙
・女性たちからの感謝の声(色紙など)
・記念ステッカー贈呈

・協賛者としてWebサイトもしくはワンネスグループ発行のニュースレターにお名前を掲載
・フォーラムの無料招待及び支援者席(会場までの交通費は自己負担となります。)
・座の里農園お試しセット贈呈
・セルフサポート加藤力氏による特別ワークショップご招待

支援者
0人
在庫数
15

100,000

・お礼の手紙
・女性たちからの感謝の声(色紙など)
・記念ステッカー贈呈
・協賛者としてWebサイトもしくはワンネスグループ発行のニュースレターにお名前を掲載
・フォーラムの無料招待及び支援者席(会場までの交通費は自己負担となります。)
・座の里農園お試しセット贈呈
・セルフサポート加藤力氏による特別ワークショップご招待
・麺屋拳玉名古屋本店御食事券
・セレニティパークジャパンマグカップ贈呈
・ヨガインストラクター神田尚子氏によるボディandマインドデザイン特別体験ご招待(東京、横浜近郊)

支援者
0人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする