プロジェクト概要

 

小さい頃、父親とよく山に出掛け、

虫取りや泥遊びをして遊んでいた。

 

家に帰ると、

「またそんなに汚して!」と

母親に叱られながら夕食を食べる。

 

自分が親になって、

そんな何気ない日常の1ページが

大切な思い出になっていることに気づきました。

 

最近では、非日常になりつつあるこんな思い出を、

子どもたちに残していきたい。

 

その思いを実現するために、福岡・遠賀町に

アウトドアパーク【遠賀る?】(オンガル)をOPENします!

 

「いつか君が大人になったとき、

思い出してくれるかな…?」

 

 

 

遠賀町・遠賀郡をアウトドアの聖地に!
アウトドアパーク【遠賀る?】(オンガル)

 

はじめまして!【遠賀る?】協議会です。

 

私たちは、アウトドア体験を行う人、自転車好きのDJさんなど、とても個性的な6名+1法人が集まり、「地域を元気にする!」という目的のために活動しています。

 

メンバーは普段、アウトドア体験事業主、自転車店の店主、防災アトラクション事業主、サロン経営者・
女性起業者団体代表、イベント会社事業主、小学校教諭とさまざまな現場で活動をしています

 

私たちが活動をしているのは、「遠賀町」(おんがちょう)。北九州市と福岡市のほぼ中央に位置する、人口約19,000人の町です。

 

今回、この地域の約9万坪の【山】を使い、地域のシンボルパークをつくる、ビックプロジェクトを立ち上げました!このプロジェクトにかける熱い思いを綴りましたので、少し長くはなりますが、読んでいただけると嬉しいです。

 

 

忘れることのない、大切な思い出を子どもたちへ。

 

遠賀町は、福岡県北部の遠賀川水系の下流に開けた、遠賀平野の中心に位置しています。豊かな自然環境に恵まれ、古くから農業が行われてきました。

 

そんなこの地域の周辺で生まれ育った私たちのそばには、自然がありました。

 

 

冒頭でもお話した通り、休みの日は山で虫をとったり、魚を釣ったり、そんな子ども時代を過ごしていた私たち。しかし最近では、子どもたちが公園で集まって、みんなでゲームをしている姿をよく見かけます。

 

あの高い場所に止まっている虫をどう捕まえよう?

この魚はどうしてこんな色しているのかな?

この綺麗な色の実は、食べられるのかな?

 

自然には、新しい発見がたくさんあって、みんなで知恵を絞って、試して、失敗してー、そしてたくさんのことを学びました。そしてその体験は、今でもふと思い出いだし、心が暖かくなる大切な思い出になっています。

 

色々なものが溢れている現代では、こんな私たちの身近にあった日常は、非日常になっていると思うと、とても寂しい気持ちになりました。

 

「私は子どもたちに、どんな思い出を残してあげられるだろう?」

 

まだ、この地域には豊かな自然、そして最近では高齢化が進み、活用ができなくなってしまった遊休山林もあります。

 

この場所を生かして、ゲーム以外の楽しめる場所を作れないだろうか?

そして、この場所に遊びに来る人を増やせば、街も元気になる!

 

そんな思いつきに、

それなら、安い価格で1日楽しめた方がいいんじゃない?
自転車コースも欲しい!

自然を体験してもらうワークショップもやりたい!

など、さまざまな構想が加わり、このプロジェクトが動き始めました。

 

 

 

「遠賀る?」とは、ひとことで言うと

" たくましさ・優しさ・協調性の醸成の場 "

 

9万坪、東京ドーム約6個分。

広大な山に広がるのは、豊かな自然です。

 

ここに、説明書はありません。

「これはどうしたらいいのかな?」

「やってみよう!」

そんな風に、自分で考え、やってみる。

そうして、都会ではなかなかできない体験が

たくさんできる場をつくります。

 

 

<ここで出来ること>

広大な敷地で出来ることはたくさんあります!例えば、

・自然体験塾

・アウドドア(キャンプ、自転車、トレイルラン、ヨガなど)

・イベント(たけのこ掘り、自転車協議会など)

・災害教育

・ワークショップ(竹細工、ハーブなど)

・山コン

 etc…

ここでの体験を通じて、自分で考え自分で解決しながら何かを作る、やりとげる達成感や、協力しながら何かに取り組み、誰かを手助けし感謝されることの喜びを感じて欲しいです。

 

<こだわりポイント>

・参加型パーク

・性別・年齢関係、経験関係なく、気軽に楽しめるコンテンツ

 

 

<こんな方たちにおすすめです!>

・親子連れ

・運動不足を感じている大人

・手軽な価格で1日遊びたい方

・ものづくりを学びたい方

・ものづくりの素晴らしさを教えたい方

・自然を活用した活動を広めたい方

 

<アクセス>

住所:福岡県遠賀町尾崎1806-1

JR鹿児島本線 遠賀川駅から車で約10分

国道3号線 戸切 交差点から車で約5分

 

<建設計画>

広大な敷地のため、順に整備しながら完成を目指していきます。

〜平成31年1月:自転車コース、トレイルランコース、自然体験塾フィールド

〜平成31年8月:サバイバルスポーツフィールド(サバイバルゲーム、サバイバル験)

〜平成32年3月:ハーブ農園

 

 

 

遠賀町・遠賀郡と言えば【遠賀る?】となるように…

 

リーサスという、地域の活性化につながる分析を行うことができるシステムで、遠賀町へくる人たちの目的を調べてみました。

 

すると、1位はゴルフ場でした。決して悪いことではありません。しかしもっと多くの世代の人たちが楽しめるものがあれば、遠賀町のことを知り、たくさんの方がここをおとづれるきっかけになると思います。

 

遠賀町をご存知でない方は【トオガ】と読みます。このプロジェクトを成功させ、みんなが【オンガ】を読めるようになるくらい、アピールしていきます。

 

ここでたくさん思い出を作った子どもが大人になって、また自分の子どもを連れて来る。そんな風に、この場所が楽しかった思い出で繋がっていくと考えるととてもワクワクします。

 

一緒にこんな場所を作りませんか?みなさまの暖かい応援・ご支援をお願いします!

 

 

 

<いただいたご支援の使い道>

みなさまからいただいたご支援は、アウトドアパークを利用される方が休憩できる小屋を設置するための費用として活用させていただきます。

 

この小屋は、4名程度がくつろげる広さを確保し、テント、パラソルなども設置する予定です。小さいお子さんがいる方や、お年寄りの方などが休憩できる場所として使用していただければと思います。

 

 

<メンバー>

 

■平安正典■

office masa 代表

外資系保険会社等勤務を経て派遣会社を設立、防災アトラクションに出会い生涯を掛けて広めていきたいとおもい、防災アトラクション会社office masaを設立。

 

「何もない山で、人と人がつながり、山とともに成長していくそんな場所を作りたい!」

 

■米田昌生■

太陽の力(代表)

行政運営の自然少年の家、民間のアウトドア体験事業会社等の勤務を経てアウトドア体験事業会社【太陽の力】を開設。

 

「北部九州のアウトドアの聖地にしたい。アウトドア体験を非日常から日常にしたい。アウトドア体験には様々な学びがあり生きていく力を創造する。」

 

 

■馬場直由樹■

一般財団法人中間ゼネラル運営企画主査

雑誌・温泉博士編集長、フリーライター等を経て一般財団中間ゼネラル入職。

 

「北部九州の観光資源を掘り起こし、プロジェクトと融合させて地域の活性化をはかりたい。」

 

 

■有村真一■

ありむらサイクル代表

専門学校卒業後、DJ活動等を経て家業である自転車店を経営する。自転車サークルと協働で自転車イベント等の企画運営も行っている。

 

「初心者も安心して楽しめるコースも整備して、自転車の普及と、それに関連してイベント等を行い地域の活性化につなげたい。」

 

 

■富倉卓郎■

小学校教諭

作業療法士として医療福祉機関の勤務、一般会社運営の農場長等を経て現在は小学校で教壇にたつ。

 

「プロジェクトの成功を通じていずれは障害をもった人達が安心して働くことができる職場を作りたい。」

 

■柴田敬子■

古賀ハーブ農園園長、古賀市女性起業家サロンKoga-jo代表

エステサロンの他、ハーブ農園を段階的に運営を開始してきた、現在地域の女性起業家団体の代表として女性視点の地域活性化活動に積極的に取り組んでいる。

 

「女性や子供達が気軽に楽しめる施設を作りたい。プロジェクトの実施を通じて女性が夢を叶える為の活動を手助けしたい。」

 

■有働徳仁■

モンゴルヒップホップダンススクール代表

タレント活動、有名ミュージシャンのバックダンサーを経てダンススクールの運営の他、イベント企画の会社の代表を務める。

「プロジェクトを通じて若者が夢の実現のための力強く活動できる勇気を与えることができるようにしたい。」

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)