READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

須貝弥生

須貝弥生

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。
支援総額
2,910,000

目標 2,500,000円

支援者
243人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2014年03月31日 20:05

『蒲田週報』のデジタル化

お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

本日退職を迎える須貝主任へ、温かいメッセージやコメントを頂きましてありがとうございました。


今後プロジェクトの運営は武藤が引き継ぎます。至らない点が多々あるかと思いますが、これからも須貝主任同様、応援を宜しくお願い申し上げます。


さて、デジタル化作業のために寺田倉庫さんお預けしていた『蒲田週報』が、画像データを保存したDVDと共に帰って参りました! 

 

 

寺田倉庫さんから、作業報告の記事と写真もいただきましたので、以下ご紹介いたします。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

■松竹大谷図書館様デジタル化作業につきまして■

 

当社が担当させていただいたのは、紙資料修復工房さんで脱酸処理・補修が行われた『蒲田週報』を紙資料からデジタルデータに変換する作業です。

 

デジタルデータに変換するには、まず紙資料をスキャニングし、画像データとして取り込みます。画像データは、そのままでは検索が難しいため、後で閲覧する際に検索しやすいようなファイル名に変更し、データとしてDVDなどのメディアに保存します。今回は、万が一の災害や紛失などのリスクに備えて、保存用のDVDと普段ご利用いただくための外付けハードディスクを分け、さらにバックアップとして長期保管が可能なマイクロフィルムもご納品させていただく予定です。


ここからは、スキャニングとファイル名付与作業の様子をご紹介いたします。

 

 ↓ 蒲田週報デジタル化で利用したブックスキャナ

 

 

スキャニング機材にも種類がいくつかありますが、貴重な資料を傷めずに、高解像度でスキャニングするため、今回はブックスキャナという機材を利用いたしました。

ブックスキャナは、本や冊子資料、袋とじ契約書などを裁断せずに、綴じ代の奥まで読み込みできるスキャナです。


透明な和紙で補修してある部分も含めて、ありのままを綺麗に画像として残せるよう、スキャニングの対象にあわせて機材選択が必要です。

 

 ↓ スキャニング作業の様子

 

 

スキャニング前に、小さなホコリやゴミがないかを細心の注意を払って確認し、台座の上に『蒲田週報』をゆっくりと載せます。

 

 

さらに、資料がずれないように上からガラス板を下ろし優しく押さえ、画像取り込みに入ります。

 

 

一度スキャンした画像は、即座にスキャナの右側の画面で確認できるようになっています。ここで1頁ずつスキャニング画像に乱れがないか、正立ずれがないかなどチェックいたします。

 

今回の作業は、文書情報管理士という資格をもつ熟練スタッフが担当いたしました。文書情報管理士とは、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が認定する資格です。主にオフィスで取り扱う文書類、帳票類、伝票類、技術資料、図面などをコンピュータの画面で見ることができるようにするためにスキャニングしたり、また大量の書類を効率よく安全に長期保管するためにマイクロフィルムに撮影したりするための技術を取得するための資格です。

 

 ↓ スキャン後のファイル名付与作業

 

 

スキャニングで画像データを取り込んだあとは、その画像がキーワードで検索できるようにファイル名を変更します。図書館に閲覧にいらっしゃった方へ、希望の発行号数を即座にプリントアウトしていただけるよう、今回は『蒲田週報』のタイトルと号数、発行年月日のファイル名を設定し検索ができるようにいたしました。

 

ここで完成したデジタルデータは、まず、第1段納品ということでDVDにデータ格納をさせていただきました。今回、デジタルデータに変換したあとの『蒲田週報』原本と、データが格納されたDVDは大谷図書館へお返しさせていただきましたが、この大切な資料を最良の状態で後世に残すお手伝いができ大変うれしく思っております。

 

今後は、保管のプロとして最良の状態をキープしながら、様々なリスクから資料もデータも守るお手伝いができましたら光栄です。

 

マイクロフィルムとハードディスクは、4月の次回納品時までお楽しみに。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 


解体・修復作業と同様に、スキャニング作業にも対象にあわせた機材選択が必要なんですね!ブックスキャナはカタログや展示会などでは見たことがありますが、これまでは、まったく縁がなかったので、自館の資料で作業が行われている光景は、また感動もひとしおです!この光景をみなさまにもお伝えすることができて、大変嬉しく思っております。

 

納品されたDVDのデータも確認いたしました。このデータを今度どのように活用していくかは、図書館の使命と思っておりますので、今後ともどうぞお見守り下さい!

一覧に戻る

リターン

3,000

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPにお名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
17人
在庫数
制限なし

5,000

3,000円の引換券に加え、

■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー
 2種類1組セット
蔵出し台本「弁天娘女男白浪」&「男はつらいよ」の表紙の特製デザイン!

支援者
89人
在庫数
制限なし

10,000

5,000円の引換券に加え、

■台本カバーに支援者のお名前をお入れします

※作品リストより(本文「引換券について」の台本カバーの説明のところから見られます)ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
101人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円の引換券に加え、

■「かふきのさうし」オリジナル一筆箋
■歌舞伎座ギャラリーペア招待券

支援者
26人
在庫数
制限なし

50,000

30,000円の引換券に加え、

■図書館見学会にご招待
※午前(15人)/午後(15人)
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい

支援者
11人
在庫数
19

プロジェクトの相談をする