お早うございます。松竹大谷図書館の武藤祥子です。


50日間のプロジェクトもそろそろ折り返し地点となりましたが、お蔭様で皆様からのご支援が目標額250万円の42%に到達しました!皆様がお寄せ下さった熱意溢れるコメントに、スタッフ一同たいへん励まされております!プロジェクトの成立にはあと約144万円のご支援が必要ですので、引き続きプロジェクトへのご協力・応援をどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、夏の整理休館中から断続的に行っていた、電動書架の基板交換の作業が、昨日完了致しました!電子部品の劣化が進み、しかも現在書架に搭載されている基板は、部品が古く業者に在庫が無いため、なるべく早く交換した方がよい、という事で修理を始めた書架ですが、1年に1ブロックずつ、5年で全5ブロックの修理を進める計画で、今回は2ブロック目の、戦前の劇場プログラムや、新劇・商業演劇の台本、松竹作品以外の日本映画台本、映画プログラムなどを配架している、一番幅と列が長いブロックの基板を交換しました。

 

手前の板を外して電動書架の部品の部分が見えている状態です。書架に配架されていた資料は事前に別の場所へ避難させてあります。

 

今回交換してもらう新品の基板です。

 


電動書架に付属している照明を点灯させるための部品も交換してもらいました。

 

商業演劇の台本の書架です
外国映画の劇場プログラムの書架です

 

昨年のプロジェクトでもお伝えしましたが、頭脳部分である基板と配線を新しい物に交換したため、駆動系に情報が伝わるスピードが格段に上がり、台車は元のままなのですが、電動書架の動きがとても速くなりました。今回修理したブロックは、幅と列が長く配架資料数や、資料の種類も一番多い書架ですが、動きがスムーズになったおかげで、スタッフは快適に、より早く出納作業ができるようになりました。

 

費用の支払いはこれからになりますので、このプロジェクトで皆様に頂くご支援のうち、約100万円をこの電動書架の修理費に充てさせていただけると、大変助かります。書架の基板交換は、残り3ブロックとなりました。時間もお金も掛かりますが、これからも地道にメンテナンスを進めたいと思います。


皆様のお力添えを心よりお待ちしております!

新着情報一覧へ