READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
達成

ボールを買い替えて、練習環境を向上させたい

ボールを買い替えて、練習環境を向上させたい
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月31日(月)午後11:00までです。

支援総額

235,000

目標金額 150,000円

156%
支援者
21人
残り
24日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月31日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

ご挨拶 

 

ページをご覧いただきありがとうございます。岡山大学男子バスケットボール部ORCASです。

 

現在選手23人、スタッフ8人計31人で2022年冬の全日本大学バスケットボール選手権大会出場を目標に日々練習に励んでいます。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、思うように練習することや試合機会を得ることが難しい中、すべての関係者の皆様のご支援・ご協力のおかげで、これまで活動してくることができました。

練習の成果が実を結び、2022年5月2日から開催された中国大学バスケットボール選手権春季優勝大会では、本学として16年ぶりの3位入賞を果たすことができました。私たちはこの結果に満足せず、さらにチーム力を高め悲願の中国地区大会優勝、インカレ本選出場を果たしたいと考えています。

 

9月24日より始まるインカレ予選で優勝し、切望するインカレ本選出場を果たすために、非常に心苦しいのですが、ボールを買い替える費用のご支援をお願いしたく、今回このプロジェクトを立ち上げさせていただきました。何卒宜しくお願い致します。

 

我々の現状

 

今年度は「岡山大学でバスケをしたい」と集まった、多くの新入部員を迎え、ますます熱意と活気に満ちた練習を積み重ねています。

現状、代々受け継いできたボールが劣化しており、そもそもボールの数が不足していました。そして今年は部員増加に伴い、さらにボール不足が深刻になっています。

 

現在使用しているボール↓

またコロナ渦で部員のアルバイトの収入が減少しており、合宿や県外で行われる練習試合を金銭的事情から断らなければならない状況が続いています。このコロナ渦で、金銭的な理由から退部する部員もいました。

 

しかし、インカレ出場を目指す私たちは、いまから始まる夏休み(8、9月)の練習、対外試合を充実させ、レベルアップする必要があります。以下の2点をもとにレベルアップを計画しています。

 

・練習環境の向上

 備品の買い替え・購入(バスケットボールの買い替え、iPadの購入、ストレッチポール・マッサージガン・テーピング等の購入)

 

・対外試合の実施

 関西の大学、その他大学や社会人チームとの練習試合

 

具体的なミーティングを重ねる中で、少なくともバスケットボールの買い替えの費用分は我々のみではどうしても用意することができませんでした。

 

我々は本気でインカレ本選に出場したいと考えています。しばらく遠のいているインカレ本選出場を成し遂げることで、岡山で本気でバスケに取り組むことができる一つの選択肢を、岡山大学バスケットボール部にしたい。それを成し遂げるために今日まで、「カルチャーを作る」を合言葉に理念制定からの組織づくり、学生コーチを主体としたチームバスケットの研究に取り組んできました。春季大会の3位入賞をはじめとして、今年度の部員増加など、徐々にその成果を実感しています。

 

国立大学で、インカレ本選に出場している大学は2021年インカレ本選出場チーム全32校中3校。最後に岡山大学がインカレ本選に出たのは24年前の平成10年です。

 

先輩方が繋げてきてくださったチャンスを、今年こそものにしたい。

その準備はできています。 どうか、あと一押しのご支援を、よろしくお願いします。 

 

 岡山大学男子バスケットボール部ORCASの活動

我々は上記理念をもとに、精力的に活動を行ってまいりました。

 

活動実績

〇前座試合2022年4月 プロバスケットボールチームトライフープ岡山VSアルティーリ千葉の前座試合の企画、実施をトライフープ岡山様と共同で行わせていただきました。

岡山大学VS広島大学のゲーム動画を以下のリンクから視聴することができます。

リンク

https://www.youtube.com/channel/UCsSOVadiriu4MfeQXIP2AHw

 

〇ホテルグランヴィア様での勉強会

2021年の3/15.16と2日間にわたってホテルグランヴィア岡山様との企画の元、勉強会を実施致しました。また、その様子をKSB様に取材していただきました。

リンク https://news.ksb.co.jp/article/14317647

 

〇Orcas Cup 開催

2021年の3/23に、第1回Orcas cupを開催致しました。大学、高校、社会人の交流の機会、またコロナ渦で最後のインターハイがなくなった高校三年生の試合機会になればという思いで岡山大学で開催いたしました。

リンク https://www.ou-orcas.com/orcas-cup-%E9%96%8B%E5%82%AC

 

普段は毎週火曜日、木曜日、金曜日、土曜日の週四日活動しています。

 

限られたコートや時間の中で密度の濃い練習を行うように工夫しています。例えば、新しい練習をしたりゲームを行ったりした際には、動画に収めその日のうちにチーム内で共有し振り返りができるようにしています。また、練習後や体育館が空いている時間には多くの選手が自主練習し個人技能向上に努めています。

岡山大学男子バスケットボール部ORCASのInstagram、Facebookでは、普段の練習の様子や試合情報を日々更新しています。我々の活動の様子をぜひご覧ください。フォローもよろしくお願いいたします。

Instagram:https://www.instagram.com/okayama_orcas/

Facebook:https://www.facebook.com/OkayamaOrcas

 

資金の使い道

 

モルテン製バスケットボール10個の購入資金に使わせて頂きます。https://www.molten.co.jp/sports/jp/basketball/bg5000/

手数料を差し引いて目標達成後のご支援は、その他練習環境を向上させるために購入予定の器具、(ipad、ストレッチポール、マッサージガン、テーピング、プロテイン等)の費用に使わせて頂きます。

 

リターンについて

 

●感謝のメールをお送りいたします。

●インカレ予選結果報告会、インカレ本選壮行会(zoomにて、10月以降に開催予定)にご招待させていただきます。

●練習試合、クリニック開催、イベント開催等のご要望がございましたら、スケジュールを優先的に組ませていただきます。 

 

最後に

 

大好きなバスケットボールが出来る環境に感謝し、少しでも地域・社会に還元できるように努力しながら、日々精進致します。

 

今シーズンの大きな目標である、9月末から始まるインカレ予選に向けて、悔いなく、充実した夏休みにすることをここに誓います。

 

そして、来年以降も、思う存分バスケットボールを楽しみながら周囲にいい影響を与えることができるようなチームが続いていくよう、残り少ない時間でできることに精一杯取り組んでいきます。

 

皆様のご支援をお待ちしております。

 

プロジェクト実行責任者:
長尾帆高(岡山大学男子バスケットボール部)
プロジェクト実施完了日:
2022年10月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

岡山大学男子バスケットボール部が練習で使用する、モルテン製バスケットボール10個の購入資金に使わせて頂きます。 また、目標達成後のご支援はその他購入予定の器具(ストレッチポール、マッサージガン、テーピング等)の購入に使わせて頂きます。

プロフィール

岡山大学男子バスケットボール部orcas

岡山大学男子バスケットボール部orcas

岡山大学男子バスケットボール部orcasです

リターン

5,000+システム利用料


alt

感謝のメール

●感謝のメールをお送りいたします。
●インカレ予選結果報告会、インカレ本選壮行会(zoomにて、11月以降に開催予定)にご招待させていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

10,000+システム利用料


alt

感謝のメール/スケジュールの優先

●感謝のメールをお送りいたします。
●インカレ予選結果報告会、インカレ本選壮行会(zoomにて、11月以降に開催予定)にご招待させていただきます。
●練習試合、クリニック開催、イベント開催等のご要望がございましたら、スケジュールを優先的に組ませていただきます。(有効期限:一年以内)

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

プロフィール

岡山大学男子バスケットボール部orcasです

あなたにおすすめのプロジェクト

ノミ取装置 のトップ画像

ノミ取装置

山田和晴山田和晴

#起業・スタートアップ

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
24日
通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト のトップ画像

通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

#チャレンジ

継続寄付
総計
8人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする