READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型
成立

ポストコロナ・アーツ基金|これからの社会をアーティストと探る

PCAF実行委員会

PCAF実行委員会

ポストコロナ・アーツ基金|これからの社会をアーティストと探る

寄付総額

5,226,000

目標金額 3,000,000円

寄付者
132人
募集終了日
2021年4月30日
プロジェクトは成立しました!

2021年04月01日 18:21

PCAFプロジェクト案ご紹介②|小泉明郞、サエボーグ、竹内公太

ポストコロナ・アーツ基金のクラウドファンディングへの応援を誠にありがとうございます。ネクストステージを設定しての挑戦も4月30日まで、早いもので残り一ヶ月を切りました。期間一杯まで引き続きご支援を募っております。

 

本日はPCAF参加アーティストによるアーツプロジェクト案を、先日に引き続きご紹介させてください。今回は小泉明郞、サエボーグ、竹内公太の3氏それぞれのプロジェクト案です。

 


 

小泉 明郞

プロジェクト名:解放されたプロメテウス

 

コンセプトドローイング

 

国家、共同体と個人、身体と感情の関係性を、虚実を織り交ぜた映像やパフォーマンスで探る小泉は、自身のVR演劇作品『縛られたプロメテウス』の続編ともいえる作品で参加。失われた戯曲をコロナ禍の現代に接続し、儀礼的パフォーマンスとして再構築します。

 

※本作は「シアターコモンズ’21」(2021年2月)で発表された作品を更新したVRインスタレーション作品になります。協働:シアターコモンズ(芸術公社)、A440(XR制作会社)、Rhino Studios(XR制作会社)
 

 

撮影 by Matadero Madrid
/ Photo by Bego Solis

略歴:1976年群馬県生まれ。チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン)にて映像表現を学ぶ。現在は国内外で滞在制作し映像やパフォーマンスによる作品を発表している。「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」(愛知県美術館/愛知芸術文化センター、2019年)、「第14回シャルジャビエンナーレ」(シャルジャ美術館、アラブ首長国連邦、2019年)、個展「Battlelands」(マイアミ・ペレス美術館、マイアミ、2018年)他、国内外の展覧会・国際展に多数参加。主な受賞歴に「Artes Mundi 9」ファイナリスト・ノミネート、「第30回タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞」、「第24回文化庁メディア芸術祭」アート部門 大賞。作品は、東京国立近代美術館、国立国際美術館(大阪)、テート・モダン(ロンドン)やニューヨーク近代美術館など多くの美術館に収蔵されている

 

Website: https://www.meirokoizumi.com/

 


 

サエボーグ

プロジェクト名:Slaughterhouseシリーズ/サエチキンローストレッグス

 

コンセプトドローイング

 

ラテックス製の着ぐるみを自作、装着するパフォーマンスで知られるサエボーグは今回、昨今の社会情勢や人々の心理を反映するようなプランを提案。管理された生命がテーマの実験牧場「slaughterhouse」シリーズの新作として、食べる部分が多くなるよう人工進化させられた「サエチキンローストレッグス」を構想中です。

 

Photo by ZIGEN

略歴:1981年富山県生まれ。東京都拠点。サエボーグはラテックス製の着ぐるみ(スーツ)を自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティスト。これまでの全作品は、東京のフェティッシュパーティー「Department-H」で初演された後、国内外の国際展や美術館で発表されている。2014年に岡本太郎現代芸術賞にて岡本敏子賞を受賞。主な参加展覧会に「第6回アテネ・ビエンナーレ」(Banakeios Library、ギリシャ、2018年)、「DARK MOFO」(Avalon Theatre/MONA 、ホバート、オーストラリア、2019年)、 「あいちトリエンナーレ」(愛知県芸術劇場、2019年)、 「Slaughterhouse17」(Match Gallery/MGML、 リュブリャナ、スロベニア、2019年)、「Cycle of L」(高知県美術館、2020年)など。

 

Website: https://saeborg.com/

 


 

竹内 公太

プロジェクト名:手紙と怪物

 

図1:「手紙」

 

竹内は2020年に福島県の帰還困難区域で自らの身体を元にフォントを制作しました(図2)。今回はこれを用いた「手紙」(図1)をレーザープリンターで出力、それらを素材に「怪物」のイメージを制作予定。そこには、命を守るために個人の権利が制限されるとき、個人の身体と「国家という想像上の身体」との混同が誘発される懸念と、そこでの情報のやりとりへの洞察が込められます。

 

図2(参考図版):《エビデンス》2020年

 

※アーティスト自身によるプロジェクト案の概要テキストは、PCAFウェブサイトの「ARTISTS / PROJECTS」セクションをご覧ください。

 

 

略歴:1982年生まれ。福島県帰還困難区域内の展覧会「Don’t Follow the Wind」実行委員。東京電力福島第一原発ライブカメラの「指差し作業員」の代理人。パラレルな身体と憑依をテーマに、映像・写真のインスタレーション等を制作。失われた歴史の痕跡を辿り、隔絶された土地で協働しながら、メディアと人の関係を探る。2020年個展「Body is not Antibody」(SNOW Contemporary、東京)にて、パンデミックにおける国家/身体のイメージについてのインスタレーションを発表。第3回「Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023」受賞。

 

Website: http://kota-takeuchi.net/

 

なお現在、最新個展「Parallel, Body, Possession」が、SNOW Contemporary(東京)で2021年4月17日まで開催中です。
 


 

他のプロジェクト案概要も、引き続きこの新着ページでご紹介していきたいと思います。ぜひご注目いただき、またご支援もお願いできれば幸甚です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

雨宮庸介ワークショップ 参加者募集のおしらせPCAFプロジェクト案ご紹介③|中村裕太、西村雄輔、布施琳太郎
一覧に戻る

ギフト

3,000


alt

PCAFライトサポーター

●寄附金領収書
●お礼のメール

寄付者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

10,000


alt

PCAFサポーター(スタンダード)

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)

寄付者
58人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

15,000


alt

PCAFサポーター(+オンラインイベント)

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)

寄付者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

30,000


alt

PCAFサポーター(+ギャラリートーク)

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF展覧会ギャラリートークご招待(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します)

寄付者
21人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

50,000


alt

PCAFサポーター(+図録)

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF展覧会ギャラリートークご招待(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF図録

寄付者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

100,000


alt

PCAFブロンズサポーター

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF展覧会ギャラリートークご招待(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF図録
●映像、図録にクレジット掲載・小(希望制)

寄付者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

400,000


alt

PCAFシルバーサポーター

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF展覧会ギャラリートークご招待(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF図録(サイン付き)
●映像、図録にクレジット掲載・中(希望制)
●PCAF一般会員権限を付与

寄付者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

1,000,000


alt

PCAFゴールドサポーター

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF展覧会ギャラリートークご招待(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF図録(サイン付き)
●映像、図録にクレジット掲載・大(希望制)
●PCAF一般会員権限を付与
●アーティストによるギャラリーご案内(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します。アーティストの選出はPCAFにお任せいただきます。)

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

3,000,000


alt

PCAFプラチナサポーター

●寄附金領収書
●お礼のメール
●PCAFサポーターカード
●活動報告書
●ホームページと報告書にクレジット掲載(希望制)
●アーティストオンラインイベント参加権(2021年6〜7月開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF展覧会ギャラリートークご招待(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します)
●PCAF図録(サイン付き)
●映像、図録にクレジット掲載・特大(希望制)
●PCAF一般会員権限を付与
●アーティストによるギャラリーご案内(2021年6〜7月、東京藝術大学にて開催予定、詳細は5月中にご案内します。アーティストの選出はPCAFにお任せいただきます。)
●アーティストのドローイング(アーティストの選出はPCAFにお任せいただきます)

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月
プロジェクトの相談をする