2018年10月27日(土)

10時~14時

横浜港シンボルタワーにて開催のドッグラン・キャラバンにて

(※1)cocarde様主催「保護犬のためのチャリティバザー」が開催されます。

 

おまちしています!

 

バザーのブース内にて「ONE COIN犬のお悩み相談会」を担当させていただくことになりました。時間の都合上、8家族限定ですが10分500円で相談を受け付けます!そしてそのお金はすべて保護団体への寄付に使わせていただきます。

 

おそらく何か悩んでいることがあってご相談いただいた場合10分では解決しないようなことがほとんどだと思います。けれど、何か解決の糸口が見えたり、頼る先を探していたりする場合力になれると思います。また、アフターフォローとしてスクールについてのお問合せも大歓迎です。ぜひ、この機会をご利用いただいて、お気軽にお申込みください。

 

パートナーのコーダも一緒にお悩み伺います!

 

クラウドファンディングをする際に、しばらく連絡を取り合っていなかったお世話になった方々に連絡していました。久々の連絡が、ご支援を募るような内容であるにもかかわらず、みなさん優しく対応してくださって凄く温かい気持ちだったのですが、そのなかに、猫の保護活動をされている方がいました。

 

その方は、「思うところがあって保護活動は全て自費でまかなっている」だから、支援はできないけれども応援していると言ってくれました。

 

SNSが繋がっているので猫の保護活動の様子はいつも拝見しているのですが、本当にたくさんの猫を保護し、体と心が健康になるまで育て、譲渡する相手も見極めていて、本当に幸せにしてくれると判断した家族のもとへ渡しているのです。

 

こう言う活動をされている方には頭が下がります。私も応援したいと思いました。なので、私に何かできることがあれば…!と申し出ると、「犬の保護をしているボランティアの方に、犬への接し方のアドバイスをしてほしい。ボランティアの人はトレーナーやインストラクターではなく善意で活動しているので、保護した犬に対して懲罰を与えたり脅かしたりする昔ながらの接し方をしている人も多いから。」と仰ってくれました。

 

保護された犬は「不安」「恐れ」を抱えている場合が多いです。その犬たちに、「懲罰」や「脅かし」をしてしまったら不安や恐れが拡大してしまいます。そしてそれが他人からによるものであれば、人を嫌いになってしまう可能性もあります。すると譲渡の確立を下げ、保護されても家族が見つからなくなってしまうかもしれません。

 

Perritoは犬の保護活動の助けになる活動をしていきたいと考えています。

 

 

 

(※1)

cocardeとは、動物保護団体などに収益を寄付するイベントを企画開催する東京のボランティアグループです。

Instagramアカウント: @cocorde2017

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ