今日は、うれしいお知らせです。タマの妊娠が確認できました!2月26日に、かかりつけの動物病院でエコー診断をしたところ、少なくとも2頭の胎児がいることがわかったのです。

エコー診断では、投影できる範囲が狭いので、胎児の頭数を正確に把握することはできませんが、何はともあれ、まずはひと安心というところです。胎児はまだピンポン玉サイズですが、このあとは日々大きくなり、1ヶ月後には生まれてくる予定です。

実は、私は、しばらく不安な日々を送っていました。妊娠すると、食欲不振になったり、吐き戻りたりと、人間と同じようなつわり症状をもつ犬もいると聞いていたのですが、タマはまったくそんな症状もなく、すごく元気だったからです。

毎日、タマのお腹を擦りながら、「大丈夫、大丈夫、ちゃんと妊娠しているからな~」と声をかけつつ、タマと合わせて、自分自身もなだめていました。

 

なので、エコーで胎児を確認できた時、嬉しさと安堵感でタマを抱きしめ、「よしっ!」と声を上げてしまいました。

繁殖小屋でのタマとの静かな暮らしも、1ヶ月後には仔犬たちの鳴き声に包まれた賑やかなものになることでしょう。これがタマと2人だけで暮らす最後の1ヶ月になるかもしれないと思うと、今、この瞬間がたまらなく愛おしくなってきます。

 


 

新着情報一覧へ