READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

障がいのある子が放課後デイサービスに通う為の送迎車を購入したい!

佐々木由美子(旧姓渡辺)

佐々木由美子(旧姓渡辺)

障がいのある子が放課後デイサービスに通う為の送迎車を購入したい!

支援総額

1,682,000

目標金額 1,515,315円

支援者
129人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
15お気に入り登録15人がお気に入りしています

15お気に入り登録15人がお気に入りしています
2013年10月31日 17:35

10/28:放デ「ぴこっと」

【2013/10/28 児童発達支援事業】 放課後等デイサービス「ぴこっと」
●近況アップデート●

作成: 『ぴこっと』 障害児通所支援(多機能型)施設(神奈川県大和市)

こんばんは。中村です。

今週もぴこっとに元気な笑顔で子供たちがやってきています。

今日、月曜日のグループは、ここ数週間、風船ブーム。
最初のうちは、膨らませられなかった子供たち。
なのに、彼らは、なぜか膨らませた風船を手を放して、飛ばすことが気に入ってしまいました。

膨らませられないのに 膨らませた風船を飛ばす・・・

わかりますか?
スタッフは、子供たちが持ってくる風船を膨らませては渡し、膨らませては渡し・・・無限地獄。
いやいや、風船ダイエット???(笑)

そんな状況を脱出すべく、最初は、風船を持つのはスタッフがやって 子供は息を吹き込むだけから練習。
そして、自分で手で持って 声掛けのタイミングで風船の口を握る。
それから自分一人で

そんなことを1か月ほど続けてきて 最近は、スタッフの手を離れ、子供たちだけで風船で遊べるようになりました(^^)ⅴ  

膨らませるために息を吹き込むイメージが作れないこどもたちのために昔懐かしい毛笛を使って 息を吹き込む練習をしたグループもありました。

比較的簡単に膨らむ毛笛の風船で子供たちは自信をつけ、普通の風船にもチャレンジしています。

ただ、毛笛は、うるさい

小さなぴこっとの建物に響き渡るブブセラを思わせる音。
耳元で音を鳴らされ、逃げるスタッフ。
それはもう大騒ぎです。

でも、大きい音が苦手な子どもも自分たちが発する音なら大丈夫だったり、ちょっと嫌で隠れつつも怖いもの見たさで参加したり、イヤーマフで音を小さくして参加したり、それぞれのスタンスで楽しんでいます。

たかが風船、されど風船
いろいろなことが起こります。

一覧に戻る

リターン

3,000

①メッセージカード(子どもたちからのサンクスカード)
②活動報告書
③オリジナルシール(はがきサイズ)

支援者
79人
在庫数
制限なし

10,000

①メッセージカード(子どもたちからのサンクスカード)
②オリジナルシール(はがきサイズ)
③オリジナルTシャツ

支援者
41人
在庫数
55

30,000

①メッセージカード(子どもたちからのサンクスカード
②オリジナルアイロンプリント(A4サイズ)
③オリジナルTシャツ
④オリジナルエコバック
⑤初乗車記念式招待券(日程別途)

支援者
6人
在庫数
24

50,000

①メッセージカード(子どもたちからのサンクスカード
②オリジナルシール(はがきサイズ)
③オリジナルアイロンプリント(A4サイズ)
④オリジナルTシャツ
⑤オリジナルエコバック
⑥購入した送迎車の車体&車内にお名前を掲載させていただきます。(10cmX5cm 小サイズ)

支援者
3人
在庫数
6

100,000

①メッセージカード(子どもたちからのサンクスカード
②オリジナルシール(はがきサイズ)
③オリジナルアイロンプリント(A4サイズ)
④オリジナルTシャツ
⑤オリジナルエコバック
⑥購入した送迎車の車体&車内にお名前を掲載させていただきます。(20cmX7cm 中サイズ)

支援者
5人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする