こんにちは。プラン・インターナショナルの馬野です。

本日4月28日(金)23時、私たちの挑戦のフィニッシュラインが見えてきました。

 

思えばこの32日間、マラソンを走っているような気持ちでした。走りきれるのだろうか…何度も何度も自信を失いそうになりましたが、伴走してくださった多くの支援者の皆さんの応援の声に励まされました。

 

今日はこれまでご支援くださった方々の温かい「応援コメント」をぜひ共有させてください!

***********************************

学ぶことで、世界は広がる!がんばれインドの女子たち!(Kさん)

 

女の子が理不尽な扱いをされていること、それが当たり前の社会があることに、胸が痛みます。教育が、そこから脱出する一助になればうれしいです。(Rさん)

 

「女の子だから」「低カーストだから」と人生を諦めていた女の子たちが、この奨学金で笑顔になったら嬉しいです。(Yさん)

 

今はまだ微力ながらの支援ですが、今後、更なる支援が出来るように精進していきます。1人でも多くの笑顔の為に自分達が出来ることを全力で☆(Kさん)

 

「幸せになって欲しい。」と純粋に思います。日本では当たり前のようにある人権や社会や地域に育まれる環境と、余りにギャップのある彼女たちの環境の改善のために、どうぞ頑張って下さい。(Hさん)

 

同じ親!国が違っても子供達の未来を一緒に応援してます。(Kさん)

 

インドの集団暴行の事件は本当に恐ろしいと思いました。女の子、女性がモノとして扱われていることに耐えられません。(Sさん)

 

どうか世界中の女の子に人生の選択権を与えてあげてください。生まれた国が違うだけでこんなにも生き方が変わるなんて思いたくないです、どんな場所に生まれても、同じ女性として同じ権利を持てるような世界になって欲しいと思っています。(Mさん)

********************************************************

私たちプラン・インターナショナルと一緒にフィニッシュラインを駆け抜けたいと思った方、本日4月28日23時までお待ちしています。

インドの女の子たちとともに「完走」を祝いたいと思います。

「カースト制度に苦しむインドの女の子へ奨学金を届けたい!」

最後までよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ