みなさんこんにちは、門田です。

 

プロジェクト終了まで、あと8日!!

残り211万6千円という、大きなチャレンジですが、なんとか、かんとか、プロジェクトを達成させられるように、頑張りますので、最後まで応援、ご支援の程、よろしくお願いします。

 

少しでも多くの方にプロジェクトを知っていただけるよう、Facebookでシェア祭りを開催することにしました!

世界のどこからでも、スマホかパソコンがあれば気軽に参加できますので、ぜひぜひご参加ください!!

 

-----------------------------------------

◆12/16(金)21:00~23:00 ケニアのママとエイズ孤児のために一斉にシェアしよう!

詳細はこちら

https://www.facebook.com/events/256310344788095/

【開催日】12/16(金)21:00~23:00
インターネットにつながる場所であれば、どこからでも、スマホで、パソコンで、どなたでも気軽に参加できます!

【参加方法】
① いますぐ、下記のFacebookイベントの「参加予定」をクリックしてください! 

https://www.facebook.com/events/256310344788095/

② 12/16(金)21:00~23:00になったら、下記のリンク先アドレスとハッシュタグを、ご自身のFacebookのタイムラインへ貼り付け投稿してください。その際に、一言応援コメントを添えていただけるとありがたいです。
https://readyfor.jp/projects/plaskenya
#kenyamama

応援コメントに迷う方は、以下の文章を使ってください。

<サンプル1(そのままコピペして使えます)>
【応援しています!いいね&シェア歓迎!】
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLASが12月22日までのクラウドファンディングに挑戦しています。PLASが活動しているアフリカのケニアでは、エイズで夫を亡くし、自身もHIV陽性であるシングルマザーたちがエイズ孤児を育てています。貧困のため、小学校さえ卒業できない子どももいるそうです。
12月22日までに400万円の支援を集め、ケニアのシングルマザーたちに仕事のスキルを教え、仕事を作ることで、自立した生活を送ることができるようすることを目指しています。よろしければぜひ応援してあげてください!12月22日までに目標額が集まらないと、0円になってしまうので、なんとか400万円を達成したいのです!
https://readyfor.jp/projects/plaskenya
#kenyamama


<サンプル2 (PLASに友達がいる方はこちらを!●●にPLASスタッフの名前を入れて使ってください。タグ付けも歓迎です!)>
【応援しています!いいね&シェア歓迎!】
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLASが12月22日までのクラウドファンディングに挑戦しています。PLASはお友達の●●さんが活動している国際支援団体です。
PLASが活動しているアフリカのケニアでは、エイズで夫を亡くし、自身もHIV陽性であるシングルマザーたちがエイズ孤児を育てています。貧困のため、小学校さえ卒業できない子どももいるそうです。
12月22日までに400万円の支援を集め、ケニアのシングルマザーたちに仕事のスキルを教え、仕事を作ることで、自立した生活を送ることができるようすることを目指しています。よろしければぜひ応援してあげてください!12月22日までに目標額が集まらないと、0円になってしまうので、なんとか400万円を達成したいのです!
https://readyfor.jp/projects/plaskenya
#kenyamama

④ 投稿完了!よければ、このイベントに「シェアしました!」の一言をコメントお願いします!わたしたちの、そしてシェア祭りに参加する皆さんの励みになります!!

⑤ 可能であれば、ご自身が所属しているグループLINE、Twitterなどでも投稿をお願いします。

⑥ 投稿終了後は、#kenyamama を検索してシェアまつりがどこまで広がっているか確認してみてください!


---私たちがこのプロジェクトに挑戦する理由---
PLASは、これまで1,000人以上の子どもたちに、学校に行くための教育支援を行い、約3万人の人々に、エイズで孤児になる子どもを増やさないためのエイズ予防教育を行ってきました。

今回は、エイズで夫を亡くし、自身もHIV陽性であるシングルマザーのためにプロジェクトを立ち上げました。ケニアのシングルマザーたちに仕事のスキルを教え、仕事を作ることで、自立した生活を送ることができるようになります。

また、エイズ孤児の中には、学校に通うことができても、複雑な家庭状況から、子どもと母親の間で気持ちに溝が生じてしまうことがありました。そこで私たちは、現地パートナーを巻き込みながら、母親にも子どもにも、カウンセリングのサービスを提供していきます。

彼女たちが安心して子育てし働くことが、子どもたちの健やかな成長につながります。いま、このプロジェクトを届けることで、シングルマザーが生き生きと輝き、子育てをできるようになり、そして子どもたちが学校に通うことができるようになるのです。


このクラウドファンディングは、12月22日(木)午後11時までに400万円以上集めることができないと成立せず、寄付がキャンセルされてしまいます。 まだまだ、このプロジェクトのことをご存知ない方も多いため、一人でも多くの方に知っていただけるよう、12月16日 21:00-23:00に、クラウドファンディングのページをFacebookで一斉にシェアしていただく「シェアまつり」を開催します。みんなで一斉にシェアして、このプロジェクトを盛り上げてください!

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします!
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
代表理事 門田瑠衣子

新着情報一覧へ