第52回福岡夜話会

 

▪️テーマ:『武士道精神を貫いた三人の日本人とポーランドとの秘密の関係』

▪️担当:石丸真子(なおこ)さん

▪️日時:平成29年4月24日(月) 19:30〜21:00
▪️会場:福岡NPOボランティアセンター「あすみん」(福岡市)

▪️参加費: 300円

 

三国同盟締結寸前、独ソの諜報活動のために日本人のいないリトアニアへ領事として赴き、6000人のユダヤ人の命を救った杉原千畝。
その二年前に、満州国ハルビンにて二万人とも言われるユダヤ人の命を救い、終戦直後のソ連の卑劣な侵略行為に立ち向かい、日本列島の分断統治を防いだ樋口季一郎。
中立国スウェーデンにて駐在中にナチスから命を狙われたポーランド人将校を守り、ドイツ降伏後のソ連の対日参戦をヤルタ密約直後にポーランド政府より入手し、暗号電文で大本営へ打電していた、小野寺信。
ヒューマニストであると同時に愛国者でもあるこの三人の共通点は、対ソ諜報活動においてポーランドと協力関係を築いていたことでした。
 背景にある日ポ関係史をふまえながら、三人の歩んだ道を紐解き、日本人個人としての生き方や、今後、日本が国として取るべき方針について一緒に考えてみましょう。

 

新着情報一覧へ