2月28日にスタートしたプロジェクトもあと一週間を切りました。

 

まだ準備をしているとき、Readyforさんや他の方からも「とても良いプロジェクトですね!」「絶対成功しますよ!」と言っていただいたにもかかわらず、前半は期待以上に広がりをつくることができず、こちら側の非力を痛感しておりました。

 

しかしながら後半を過ぎていくにつれて、まるで支援者様がまた次の方を呼んで来てくださるかのように、たくさんのご支援をいただけるようになりました。

 

途中からポーランド菓子のケータリングとネット通販のポンチキヤ様がお礼品でコラボレーションしてくださることになりました。ポンチキヤ様にはネット等でプロジェクトの宣伝もしていただき、そこから活路が開けた感じがいたしました。

 

その後、Aiko&Emil様がポーランドのポータルサイト「Wykop」へ、このプロジェクトが紹介されるよう尽力してくださり、それが実現したことでポーランド在住の方からのご支援が多く寄せられるようになりました。お二人はPR動画も制作してくださいました。

 

支援者様から「○○のFacebookページで紹介します」、「○○へ支援を要請してみます」などとご連絡いただくことも増えました。ポンチキヤ様と当会をつないでくださったのもやはりご支援をいただいているポーランド製輸入インナー・ランジェリー卸 「株式会社アヴァンサ」様でした。

 

本当にいま、とても温かい気持ちでいっぱいです。とはいうものの、達成までまだまだという状況には変わりありません。

福田会のメンバーもそれぞれの持ち場でこのクラウドファンディング達成に向けて、あるいは予算諸々の条件に合った航空券を探すなどといったポーランド行きのための具体的な準備に取り組んでいます。

もちろん絶対に達成するつもりで取り組んでいますが、万が一このクラウドファンディングが不成立になったとしても、子どもたちに今回はごめんねとは言えませんし、関係者一同、何が何でもポーランド行きを実現させるつもりでいます。

 

昨年はこの時期に子どもたちの中から選抜メンバーが決まっていたのですが、今年は開催が日本では夏休み前(学校によっては試験期間中)ということもあって難航しています。

正式に決まれば、その旨をまたこちらでご報告させていただきたいと思っています。

 

どうぞ最後まで応援をよろしくお願いいたします。

 

阿部浩一


 

新着情報一覧へ