プロジェクト概要

純粋な心を持つ人々が増えれば地球は再生できると願いを込めて・・・。

初めまして、たっちゃんです。

現在の地球環境の変化は驚くべき自然災害をもたらしています。ケニア環境副大臣の故ワンガリマータイさんは、世界の環境の悪化を憂い世界に日本の言葉「MOTTAINAI」の精神を伝承しました。私もNPOと協力しエチオピア(113台)やマラウイ共和国(103台)への放置自転車を再生して贈る事業を実現してきました。捨てられるはずの自転車が現地では医師の救急車替わりに使われたり、往復30キロの通学の足として、農作物を運ぶトラクターの替わりになり生まれ変わりました。またこの事業は東日本大震災の時は被災地大船渡市に再生自転車を贈り(100台)観光面で復興支援に繋がっていきました。

 

※エチオピア大使と松戸市長が出席して再生自転車の贈呈式(左端が私です)

 

このような、身近なMOTTAINAIの再生事業にも携わってきましたが限界を感じる出来事がありました。

7年前に人知を超える大災害の東日本大震災が起き、2年前には震度7が二度も襲った熊本地震、また毎年のように襲い来る巨大台風が発生しています。東北や熊本の災害現場に立てば大自然の前になすすべがない人間の小ささに悲しみを深くし、それでもまた復興へ取り組む力強さ、人間の逞しさに感激もしました。また近年世界では北朝鮮やアメリカのにらみ合い、いつ核戦争が起きてもおかしくない状況が続きました。このような時代状況を見て、人間が作り出した地球温暖化を憂い、また人間の愚かさの究極である戦争を二度と起こさせないために今の地球がどのような状態かを伝え、次の100年間で地球を再生するためにどうすればいいか次代を担う子供たちに考えてもらうための物語を創作しました。

現在賛同する方々に絵やホームページを作成して頂き応援を頂いているところです。この童話が無事に出版できるまでをプロジェクトとして皆様のご支援を募るものです。どうかピューレを世界に送り出してください。よろしくお願いします。

※紹介用のホームページを作成(チーム・ドラゴン 木の大王編)https://ameblo.jp/puree2017//

 

 

星の子ピューレが、世界の子供たちに呼びかけます。地球を一緒に守ろうよって!

純真な心を持つピューレは生きとし生けるものと心を通じることが出来ます。ピューレは縄文時代から生きる木の大王や、空から全てを見通してきた雲の大王、そして地球温暖化の影響を受ける氷の大王、そして海の女王、最後に地球の大王と心を通じていきます。そして・・・。次代を担う世界の子供たちにピューレの大冒険を通じて「世界は一つ・美しい地球をみんなで守ろうよ」というメッセージを伝えていきたいのです。どうぞ、皆様のご支援をお願いします。世界中にピューレへの賛同の拍手が鳴り響きますように。

※出版業会の皆様のご参加や環境問題に積極的な企業の参加もお待ちしております

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

世界の子供たちに「ピューレの大冒険」を読んでもらうために出版する費用にご協力ください

皆様方からのご支援はイラストやホームページ作成費用や本の出版費用に充てさせていただきます。
また日本版の出版後、翻訳してハングル版や英語版、中国語版など世界の子供たちに読んでもらうための翻訳もおこないます。
翻訳をした作品をもって、ゆくゆくは世界の学校へ寄贈をおこなっていきたいです。

ご支援いただいた皆様には、4部作ある全ての原稿をお贈りします。

 

ピューレが世界中に地球を救うきっかけを作ります

大人の世界はしがらみや政治的な駆け引きで問題の本質の改革にはなかなか進みませんよね。

純真な子供の心に、そしてその子供たちの優しいお父さんお母さんに本当にいまこそ地球家族として全ての生きとし生けるものが力を合わせていかねば地球は救えない時代になったことを伝えるきっかけになればと思っています。

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ピューレ書下ろし原稿4部作と、出来上がった絵本を贈呈します

御支援いただいた全ての皆様に、ピューレの大冒険書下ろし原稿4部作(木の大王編、雲の大王編、氷の大王編、そして最終章の海の女神と地球の大王編)を差し上げます。

書下ろし原稿ですので、ここに挿入画が欲しいなど作者の想いが入っていますので完成までの道のりの大変さも見えてきます。
もちろん、本が出版されれば初版をいち早くお届けします。

皆様と一緒に作り上げるつもりで、頑張りますので宜しくお願いいたします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
2019/5/5までに、ピューレの大冒険(製作物)を300部発行したことをもって、プロジェクトを終了とする。 
※紹介ホームページの作成は2018/12/25までにおこなう 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー