プロジェクト概要

 

★ごあいさつ★


ページをご覧いただいている皆様へ、愛と魂からのエネルギーを込めて書きました。

読んでいただけることに心から感謝致します。


私、原礼奈と申します。

早速ではありますが、今このページをご覧になっているあなたに自分の人生を振り返ってみていただきたいと思います。
どんな方でも一度は人生に悩みを抱えた経験があるのではないでしょうか?
人間関係が上手く行かなかったり、将来の進路に迷っていたり、打ち込める趣味や好きなことが分からなかったり・・・。
過ぎてみたら大したことのない悩みだった事もあれば、

とても解決出来るとは思えない、自分1人では解決の仕様もない悩みもあると思います。
そんな大きな問題に遭遇した時、また解決方法が解らない時は、本当に孤独で苦しいものです。

どんな時も、誰でも、どこかに活路を見出す方法があるのではないだろうか?

という期待や希望をもっているのも事実でしょう。

自分にとって何が1番正しい選択なのかを模索してはいるけれど、
もがけばもがく程袋小路にはまっていく心細さと苦しさは、私自身も経験したことがあります。

そうした問題に遭遇した時への解決策なだけでなく、自分の考え方・捉え方次第で楽しくなり輝ける方法を私は知っております。

私の目的は「人は自分次第で人生をとても楽しく豊かにすることができる。」ということを1人でも多くの方に伝えていく事です。

また〈和観2.0〉を通して、「自分が何者であるのか、自分の本当の理解」を伝えていく事にあります。

 

★自己紹介・生い立ち★


私の幼少期、青年期は大変辛く苦しいものでした。
物心ついた頃には、常に親の顔色を伺いながら「どうやったらほめてもらえるのか」ばかりを考え、子供らしい無邪気さやわがままを言えぬまま幼少期を過ごしました。

中学生の時には、いつも一緒にいた仲の良かったはずの友人達から、

いじめにあいました。ある日突然無視をされ、悪口を手紙に書かれ回し読みされたり、私物を捨てられたり、教科書には「死ね、バカ」と書かれたこともありました。
高校に進学した後も、同じ出来事が起こり、当時の私はそうした心無い人達に負けないようにと、気持ちを強く持っていたつもりでいましたが、幾度も裏切られていくうちに、だんだん人間不信になっていったのを今でも覚えています。

19歳から24歳頃までは、原因不明の鬱病と不眠症を患い、気持ちも荒みどうやって死のうかと毎日考えるようになり、遂には大量に睡眠薬を飲みリストカットをするようにもなっていました。

生きていても楽しくないし、暗く長いトンネルを這っているような日々を過ごし「私はなんのために生まれてきたのだろう?」と答えの出ないことをいつまでも考え続け、両親や友人に大変迷惑をかけました。

原因不明(問題の解決方法が解らない)というのは、とても辛く苦しいものでしたが、
ある日、とある風水師の方(先生)との出会いによって私の人生は大きく変わりました。

風水師の方に鑑定をしていただき、土地の方角をアドバイス通り従い、家の間取りを全て変えました。
当時の私は、そうした事を最初から信じていたわけではありませんが、わらをも掴む思いだったこともあり、半信半疑で鑑定して頂きました。
この鑑定が正解だったと気付くには多くの時間を必要としませんでした。
長年原因不明だった、鬱病と不眠は1日で完治してしまったのです。

この経験から理屈だけで語れない、目に見えない世界の大切さを知り実感することになりました。
鬱が治ってからは仕事を始め、一般生活を取り戻すことができる様になっていきました。

 

★第二の気づき★


26歳の時にバセドウ病を発症しました。
突然の発症で、自分でもとてもショックでしたが、1年程療養をして仕事復帰することが出来るようになりました。

それからはアパレルの販売を5年ほど続けて生計を立てていましたが、
やりがいを感じることが少なく、私はこの会社にいる意味があるのかな?と感じるようになっていき、人生の進路を改めて考えるようになりました。
多くの人の話を聞いたり、勉強をしたり、ネットワークビジネスと言われるようなものもやりました。
どんな活動であれ、活路を見出したい、より良くしたい一心で言われたアドバイスは真摯に取り組みましたが、実践しても実践しても上手く行かず徒労に終わりました。

ただ真剣に取り組んだおかげでいくつかの教訓を得ることが出来ました。
「行動する事で人生が変わる」
「人と出会うことで自分の人生が変わる」
「全ては自分次第」

「自分に起こる全ては成長のために必要なこと」

「全ては気付きと学び」
この教訓は向後も大事にしていきたいと思っています。

 

★和観2.0との出会い★


今まで様々なジャンルの鑑定を受けてきましたが、それはあくまで自分のための鑑定であって、自らがそれを学んで第三者に伝えたいと思うものではありませんでした。

鑑定をするのは、自分の人生をより良くするため、自分という人を知るための1つの手段という捉え方でした。

2018年の7月半ばにバセドウ病を再発したことをきっかけに、また新たな出会いがありました。
療養中に心配して駆けつけてくれた友人が教えてくれた〈和観2.0〉との出逢いです。
それは、自分の潜在的に持っているもの、顕在的に持っているものを深く知ることができ、人生のテーマや自分の癒し方を知ることができた初めての経験に繋がりました。
今までブレていた自分の軸が、やっとしっかりとかたまった感覚でした。

「この鑑定方法は、すごく面白い。沢山の人達に伝えたい」と初めて誰かにも伝えたい鑑定だと感じました。
それには私自身が〈和観2.0〉の鑑定をしっかり学んで、沢山の人達に伝えて行くべきだとも感じました。

どんな人であれ、できない理由を並べて1度しかない人生を適当に生きて欲しくありません。

 

★まとめ★


私達は日本に生まれたこと自体がまず幸運です。
誰でも皆、自分の好きなことや、やりたいことがあるはず(あったはず)です。

遠い昔に忘れてしまったのか、諦めてしまったのか、見たくないからフタをしているのか・・・

 

「自分と向き合うのには労力が要りますが、向き合うことによって見えてくることが沢山あります。」

 

〈和観2.0〉を通して沢山の人達に夢を持って欲しいと思いますし、自分を知ることの素晴らしさ、大切さを知って欲しいです。

自分を理解することで、自分の新しい一面を知ることができ、忘れていた何かに気づくことができるかもしれません。

鑑定というのは、依存するのではなく、人生の道しるべとして役立つものです。
ご支援頂きました資金で〈和観2.0〉を学び、プロの鑑定士になり、沢山の人達に伝えていきたいと思っています。

そして、1人でも多くの方により良い人生を過ごせるお手伝いが出来るよう、私が持っているものを提供できれば幸甚です。

 

 

【和観2.0とは】

日本古来から伝わる四季を五感で感じる文化と、古代マヤ暦の宇宙共鳴を元に、

今を生きる私たちの意識波動を高める【資質学】です。

宇宙と自然の流れから、自らの人生における使命や役割に自らが気づき、自分自身のことは勿論のこと、家族・職場・社会とのつながり、人間関係の改善をはかっていくことで、人生における意識の拡大を実践的にサポートしていきます。

 

和観2.0ホームページ → https://www.wakan20.net/

 

 

 

 

 

皆様、どうかご支援、宜しくお願い致します。

 

最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございます。

心から感謝致します。

 

 

礼奈

 

・プロジェクトの終了要項
2019年6月1日から2019年12月31日までに、「和観2.0」の初級、中級、上級講座全てを受講したことをもって、プロジェクトを終了します。 
講師名:廣野 峰子先生 
HP:https://www.wakan20.net/?mobile=1 
受講場所:オープンオフィス青山セントラル 
受講場所住所:東京都港区南青山2-2-8 DFビル 10F 
URL:https://regus-openoffice.jp/sp/openoffice/centre/

 

 

 

★プロジェクトを立ち上げたきっかけ★

2018年の夏に持病のバセドウ病を再発しました。

療養中に自分のこれからの人生、仕事、在り方などを見つめ直し、

和観2.0と出会いました。

これまで受けてきた鑑定やセッションと違うのを感じ、ものすごく感動しました。

自分の中のモヤモヤして曇っていたものが、すっきりクリアになり自分軸がしっかり出来た感覚がありました。

私もこの和観2.0を学び、沢山の人達に伝えて行きたいと強く思いました。

以前の私の様に、悩んだり迷ったり、自分が分からず立ち止まっている人達へ、

人生をより良い方へ導くサポートをして行きたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 


★プロジェクトの展望・ビジョン★

和観2.0の全てを学び、他者への鑑定の実践を繰り返し、1年後にはプロの鑑定師として、より多くの人達へ貢献していくことを決めています。

個人から企業への鑑定も視野に入れております。

 

 

★リターンについて★

皆様に沢山のご支援を頂ける様に、いくつかのプランを設定致しました。

ご支援をして頂いた方々には、「和観2.0」の鑑定を受けて頂き、どのようなものなのか知って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 


最新の新着情報