READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

やっと掴んだチャンスだから。最高の条件でリコーダーを学びたい!

やっと掴んだチャンスだから。最高の条件でリコーダーを学びたい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

66,000

目標金額 500,000円

支援者
4人
募集終了日
2018年11月30日
4人 が支援しました
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2018年11月19日 09:16

レッスンウィーク

クラクフでは今夜とうとう雪が降りだしました。

日本と比べると時期が早い気がします、、、さすが北の国です。

 

さて、先々週から先週にかけてエリック先生が来訪してレッスンをしてくださいました。レッスン期間の日課としては、午前に基礎と理論、それから個人のレッスン(レッスン時間でない人は聴講や個人で復習など)夕方に全員集合してコンソート(合奏)レッスンでした。基礎練習は音程の跳躍の練習や、そのフレーズを用いたハーモニーの練習、様々なフレーズを全ての調性で練習するなど多種多様でした。

 

その後の理論ではバロック時代のオランダについて学びました。楽譜の出版が盛んだったことや、音楽愛好家がたくさんいたこと、そしてその需要を満たすためにソナタがたくさん作られたこと、作曲家についてなど。

 

ところで、個人練習は学生の皆さんがそれぞれの楽曲を持ち寄って指導を受けるわけですが、私は主に、ヘンデルの《ソナタ ハ長調HWV365》(アルトリコーダー)とイサン・ユンの《The Visitor of the Idyll》(テナーリコーダー)の2曲で指導を受けました。ヘンデルはバロック時代の著名な作曲家ですが、ユンは現代の作曲家です。私の知る限り、日本のリコーダー界は古楽の比重がとても大きいと感じています。しかし、私は現代を生きる演奏家として過去の音楽を演奏することはもちろんのこと、現代の音楽を演奏することもまた重要なことと考えています。そのため、今後も現代曲のレパートリーを増やしていきたいと思います。

 

個人レッスンの内容です。ヘンデルのソナタでは主に楽曲のフレーズ感とそれに伴うダイナミックスのつけ方や、和声と演奏の関係について学びました。私は以前、楽曲を演奏する際は言葉を話すように演奏するとよいと耳にしたことがあります。言葉にはフレーズごとの区切りや強弱、重要な部分の盛り上がりなど抑揚があります。今回のレッスンではこれらの大切さを学ぶことができました。また、作曲家が意図して不協和音をつくっていると思われる部分では、音をぶつけていったり、その音をやや長めに演奏して強調する。そして、楽曲の中で明るい和音と暗い和音の区別のつけ方などといった和声的なことを、音の強弱や替え指などを通して学ぶことができました。これらのことは当たり前のことに思われる方が多いかもしれませんが、なかなか観客へはっきりと伝えるのは難しいことだと思います。

 

毎日の最後に行われるコンソートレッスンでは、シックハルトの《協奏曲 ニ短調》やホルボーンの舞曲を扱いました。一般的なリコーダーとは形が異なるルネサンスモデルのリコーダーも演奏しました。これはけっこう息の量が必要でなおかつ調性が通常のC、Fでもなく、さらに、運指がバロック運指ではなく、俗にオールドフィンガリングと呼ばれる運指なので慣れるまでは大変です。また、リコーダーコンソート全般に関して言えることですが、全員のピッチ、演奏を揃えるということはとても重要です。やや慣れるのに大変な面もありましたが、特有の響きを感じることができました。

 

そして、レッスンの成果を示す小さな発表会もありました。

1人1人が独奏を行い、最後に教授も含めた全員のコンソートで演奏しました。

私自身まだまだ精進が必要ですが、今後取り組むべき事柄が見えてきてよかったかなと思います。

 

一覧に戻る

リターン

50,000

alt

【お世話になった先生向け】全力応援コース

◎感謝の思いを全力で伝える御礼のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

3,000

alt

お礼のメール

ご支援いただいた皆様に感謝のメールをお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
48
発送予定
2018年12月

5,000

alt

大学やクラクフの街の様子のレポート

大学やクラクフの街の様子を写真と共にレポートします。

◎お礼のメール
◎レポート

支援者
0人
在庫数
20
発送予定
2019年3月

5,000

alt

リコーダーについて語る

都築がリコーダーについて、資料や写真などを交えて語ります。

支援者
0人
在庫数
20
発送予定
2019年3月

10,000

alt

リコーダー演奏のアルバム

購入したリコーダーを使って吹きこんだアルバムを制作し、応援してくださった皆様へ配信します

支援者
1人
在庫数
29
発送予定
2019年4月

20,000

alt

ポーリッシュポタリーをお届けします。

ポーランドはポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の産地として知られています。
ご支援いただいた方に、ポーリッシュポタリ―を産地直送いたします。

支援者
0人
在庫数
25
発送予定
2019年1月

50,000

alt

アルバムとリコーダーについて語る

都築がリコーダーについて、資料や写真などを交えて語りるとともに、都築のソロアルバムをおつけします。

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2019年4月

プロジェクトの相談をする