こんにちは、監督の増山麗奈です!

過去の作品などを、増山麗奈オフィシャルYahoo!ショップでもご購入できます!

 

 

わたしは10年間平和や核の問題に取り組んできました。

映画「ママの約束」は私の最初の長編ドキュメンタリー作品です。

上映権が付いた(約1時間30分)上映権付DVDを3800円でご覧になれます。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/renashop/ncgwnuknph.html

 

 

 

問い合わせ renaart1225@yahoo.co.jp 080-6687-4118まで
(映画上映には 別途 人数×500円がかかります 

 監督を呼ぶ場合、神戸からの往復の交通費+講演謝礼がかかります。)

 

予告編↓

https://www.youtube.com/watch?v=ZPF7hASOcOg

  撮影・監督・編集/増山麗奈
[映画] STORY 90分 ドキュメンタリー映画


画家でジャーナリスト、二児の母である増山麗奈が3.11以降 関東から移住してきた神戸市北区のたんぼを耕しながらドイツ、福島、インドで撮影した?ドキュメンタリー映画。元東京に住んでいた都民として、福島にリスクを押し付けてしま?ったこと、イラクでの劣化ウラン弾の被ばくを心配して産んだことを娘に伝える。ドイツの廃炉、自然エネルギーへの転換、原発輸出ではなくアートのつながりなど

 

 

 [ママの約束 上映会 御礼]
多くの皆様に応援していただいた、映画「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」おかげさまで北海道、秋田、福島、茨城、埼玉、東京、千葉、名古屋、長野、和歌山、京都、大阪、兵庫、広島、徳島、高知、博多、沖縄などで上映会ができ、約3000名の方に映画を見ていただいております。今後も沖縄、北海道などで上映が続いています。「ママの約束〜」は自分自身が原発避難者として関東から関西に移住しながら、福島やインド、ドイツでの取材を行い、「原発も戦争もない未来を子どもたちに伝えたい!」という二人の娘達との約束を果たすために作った映画です。この映画で伝えている[首都圏を含む土壌汚染][5年目から広がってくる健康被害と保養や避難の重要性][核の廃炉/核のゴミ処理が全世界的に難航している]という事実は、最も重要なのに、テレビや新聞などのメディアではほとんど取り上げられません。こういった上映会で口コミで原発への知識を広げて行くことが大事です。甲状腺被害を訴えていた映画「A2BC」は上映が禁止となってしまいました。制作、配給の体制を整え、表現の自由をまもるためにがんばらねば、と背筋を伸ばしています。応援お願いいたします。また、クラウドファンディングサイトで行った全国上映のための募金は、目標額を上回る256,000円が集まりました。改めて感謝いたします。今後も上映のオファーを受け付けております。