READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

FIP(猫伝染性腹膜炎)の治療費のご支援ご協力のお願い。

加藤麻紀子

加藤麻紀子

FIP(猫伝染性腹膜炎)の治療費のご支援ご協力のお願い。

支援総額

729,000

目標金額 600,000円

支援者
206人
募集終了日
2021年4月21日
プロジェクトは成立しました!
48お気に入り登録
48人がお気に入りしています

終了報告を読む


48お気に入り登録
48人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼目標達成のお礼とネクストゴールについて

 

皆様の温かいご支援のお陰で無事に第一目標金額の60万円を達成することができました!

本当に有難うございます。

毎日たくさんの方々にご支援と温かい応援メッセージをたくさん頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

クラウドファンディングに挑戦する当初は皆さんにレオの病気のことなど上手く伝えられるのか、また目標達成できるのか不安ばかりでしたが、こうしてたくさんの方々に支えられて

ご支援して頂き本当に嬉しく思います。

このプロジェクトを通じてFIP(猫伝染性腹膜炎)という病気のことを皆さんに知って頂き

日本では無承認の薬の効果を証明できた事は私達にとって最高のプロジェクトになりました。

▼ネクストゴールのお願い

 

勝手なお願いで申し訳ありませんが、残りの支援期間にネクストゴールに挑戦させてください!

ネクストゴールを80万円に設定して残りの掲載期間に挑戦させてください。

概要にも書かせて頂きましたがFIPの治療費に全部で170万円程かかってしまいました。

レオは目の病気のぶどう膜炎から発見された為、眼科の方でも通院費、検査代等がかかり

費用が高額になってしまいました。

★薬代(1,342,584円)

★ぶどう膜炎通院代、検査費用(383,579円)

FIP治療代 合計 1,726,163円

ご支援して頂きました60万円よりクラウドファンディングの手数料を引くと実際残るのが52万円程になります。

80万円の場合の手数料等引いた金額が69万円程になりますのでネクストゴールを80万円に設定させていただくことに致しました。

ご支援して頂きましたお金はすべて今までかかりました治療費にあてさせて頂きます。

今後FIP(猫伝染性腹膜炎)になってしまった全ての猫ちゃんが助かります様に

1日でも早く日本でお薬が承認されますようにお祈り致します。

勝手なお願いですが引き続きご支援ご協力お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

                             

                          

 

 

 

▼自己紹介

はじめましてページをご覧いただきまして有難うございます。

愛知県に住んでおります加藤と申します。

 

夫婦と短大生と専門学生の娘の4人家族と子猫(レオ)一匹で暮らしています。

娘2人は小さなころから猫が大好きで、小学校の頃はよく猫カフェにも通う程猫好きで主人も子供の頃にシャム猫を飼っていた事もあり家族みんなが猫好きでした。

 

今まで飼えなかったのは私に持病があったこともあり、あとは賃貸マンションだった為なかなか飼えませんでした。

今回、今まで住んでいたマンションを中古で購入する事が出来ましたので

子猫を迎えることになりました。

 

短大生の姉が色々と保護猫を探すなか、保護猫活動グループの『チルミルのおうち』から我が家にやって来たのがキジトラの子猫レオです。

初めて猫を飼う不安な私たちの悩みなど色々と相談に乗って頂き

一切不安なくレオを迎えることが出来ました。

 

わが家へ初めてきたのは2020年7月26日の暑い日でした。

保護されて1ヶ月間は『チルミルのおうち』の方に大切に育てて頂いたかわいい子猫でありました。

ちょうど2ヶ月で体重もまだ650gしかなくあまりにも小さい為

抱くのも怖いくらい小さくかわいらしい子猫でした。

 

(初めて我が家に来たときのレオ)2020年7月26日

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

保護猫のレオは我が家に迎えた7月26日の時点で猫かぜをひいており

病院に通院するのが日課でした。

後で聞いた話ですが、保護された時には親もおらず兄弟3匹は全員亡くなり

レオが一匹だけ助かったと聞いております。

何だかの感染症にかかってしまった為死んでしまったのではないかと先生に言われました。

 

(保護された時のレオ)

 

 

(我が家に来た日のレオ 生後2ヶ月)

『チルミルのおうち』の活動グループの方に1か月間育てていただき、レオが生き延びたことが奇跡だということで、

「ミラクル」のミラくんと呼ばれていました。

 

レオは猫かぜ回虫、原虫(コクシジウム)下痢も続き、色々な病気にかかり

ずっと病院に通院していました。

ワクチンは一度打ったきりです。下痢、原虫があった為、二度目のワクチンは打てていません。

 

原虫駆除が落ち着いた頃、子供たちがレオの表情を見て右目がおかしいと言い出しました。

よく見ると右目が濁っているではありませんか。

 

9月23日に近隣の病院へ行き、先生より抗生剤の処方を受けて帰りました。

まだその時は大丈夫何ともないですよと言われていたのです。

 

9月26日にレオの顔を見ると目が真っ赤に充血しているので

あわてて病院へ行き、細かな検査を受けました。

その結果、眼圧検査で本来眼圧が10~15で正常なところ

左はギリギリ10あったものの

右目は何と2しかありませんでした。

 

右目はぶどう膜炎と診断され目薬を使うことになりましたが

3か月の子猫にステロイドは使えず、抗炎症薬点眼液をもらい帰りました。

 

1週間投薬しましたがまったく回復せず、セカンドオピニオンで眼科専門医のいる病院へ予約していきました。

 

10月8日に診察して頂き、ぶどう膜炎の症状がひどいと言われました。

専門医もレオがまだ小さいのでステロイドの使用を迷っておられましたが、

目の状態がすごく悪いためステロイド点眼投薬をすることになりました。

 

突発性なら1週間で回復するが、治らない場合は

猫コロナウイルスから突然変異するFIP(猫伝染性腹膜炎)の疑いがあるかもしれない

と言われました。

FIP(猫伝染性腹膜炎)という言葉をその時初めて聞き

説明を受けて、愕然としました。

 

FIP猫伝染性腹膜炎というのは不治の病で、猫コロナウイルスが突然変異を起こして毒性の非常に強いウイルスに変化し、ほぼ100%死に至る恐ろしい病です。

 

罹患すると、腹水や胸水がたまるウエットタイプと、肝臓、腎臓、脳幹、眼球等に肉芽腫を発症する、ドライタイプと2種類あるそうです。

 

原因や治療法がまだ殆ど解明されていなく猫にとっては最悪のウイルスです。

現在の動物医療では、ステロイドや、インターフェロンでの対症療法がありますが、

あくまで延命治療でありほとんどの猫が死亡しています。

 

多くの猫が罹患し命を落とすなか、日本では未だ未承認ですが

海外でFIP(猫伝染性腹膜炎)に非常に効果のある薬があり、

ここ数年程で多くの猫がFIP(猫伝染性腹膜炎)より生還しています。

 

日本では未承認ということもあり非常に高額で、また日本で取り扱っている病院もまだまだ少なく、どうすれば良いか途方に暮れていました。

 

でも、7月末に小さな可愛い身体で家に来たレオ

この世に生まれてたった4ヶ月しかたっていないのに難病に苦しむレオ、

家族に大きな大きな幸せを届けてくれた

レオの姿を見ていると何とか助けてやりたい気持ちで

いっぱいになりました。

 

 

 

 

▼未承認新薬を求めて協力病院へ

11月1日

4日前から大好きなウエットフードも一口も食べなくなり

少し口をつけたと思ったらすぐに吐いてしまう日が続きました。

 

ぐったりと元気のないレオを抱きかかえた時に食べてないせいか体重がとても

軽くなったように感じこのままではレオの命が本当に危ないと家族で涙しました。

 

医師からはぶどう膜炎の症状がひどいためFIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性は高いと言われていたことが頭に浮かびFIPに有効とされているたった一つの希望の新薬をたよりに

兵庫県にある協力病院に電話をかけました。

とても容態が悪いことを伝えると、その日の診察終了時間後の21時に予約を入れることが出来ました。

 

まだ血液検査の結果は出ていないものがありましたが、結果を待っているとさらに悪化すると思い

私たちはレオを助けたいという一心で新薬を求め3時間以上の道のりを車で走らせました。

 

そして私たち家族の話し合いの結果、その日の23:30分から投与を始めることにしました。

車での移動中ぐったりとしているレオをみて何とかこの薬にかけようと強く思いました

(協力病院にいく車の中でぐったりするレオ)

 

そして次の日、地元の病院より電話があり、

「コロナウイルス陽性と出ました、やはりFIP確定で間違いありません」

と聞いたときに一日でも早く投与出来ていたことに本当によかったと思いました。

 

 

 

 

▼薬代治療費について

 

お薬は体重によって変動する為、体重が増えると薬に量が増えます。

84日間必ず飲まないといけないのです。

体重1kgに対して薬が100mgが基準になります。

レオはドライタイプ中期の為1.5倍かけることになります。

 

  体重2.5kgの場合

 

  2.5×100×1.5=375

お薬200g×2=400mg

となります。

         50㎎…1,320円

         100㎎…2,640円

         200㎎…5,280円

 

このように体重により値段が大幅に変化してきます。

2.5kgの場合一日10,560円かかってくることになります。

そしてお薬を飲み始め67日目の今日は4.3kgと体重がとても増えました。

4.5㎏の場合650㎎の投与となりますので、1日の薬代が17,160円になり大変高額になります。

 

 

2020年9月23日

下痢がひどく右目が濁って見えるので地元の病院へいく。

【9月26日】

目が赤くなりすぐに病院に行く。

眼圧を測ってもらうと右目が2しかありませんでした。

 

【10月8日】

はじめて隣町にある眼科専門医に行きました。

ステロイドの目薬を点眼しても、ぶどう膜炎が良くならない場合

FIP(猫伝染性腹膜炎)という病気があるのでとりあえず血液検査で抗体検査をすることになりました。診断がとても難しい病気だという事と治療薬が無いという話しを聞きました。

ステロイド点眼薬を処方され、1日3回点眼することになりました。

【10月15日】

ステロイドを使っていたおかげで少し目の状態は良くなっていましたが

検査の結果があまりよくなく、このままぶどう膜炎が良くならない場合は

FIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性があると言われました。

FIP特有のグロブリンの値も高いので今後の結果次第になりそうです。

抗体の値も1600倍でした。診断確定が難しい病気なので色々検査をして

総合的に判断しないといけない為、内科医と連携取りながらやっていった方がいいと

教えてくださいました。

同じ病院の一般診察を後日受診することになりました。

 

【10月22日】

眼科の先生に「先週は良かった目の充血と濁りが、悪くなっている」と診断され

ステロイド点眼薬回数を一日4回に増やすことになりました。

先生の説明でただ事ではないことが分かり帰りの車の中で涙しました。

【10月29日】

眼科での検査の結果、目の状態が悪くFIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性が高い事と

治療薬はなく延命治療しかないと告げられ、もうだめなのかとどん底に陥りました。

一般診察の先生にも血液検査、エコー等してもらいました。

血液検査の数値は悪くないがエコー検査で腹腔内リンパ節が腫れているのと、ぶどう膜炎がひどいこともあり

今後の検査結果で総合的に判断するしかFIP(猫伝染性腹膜炎)と確定診断することができないとのお話がありました。そして確定診断を待つ間にどんどん病気は進行してしまう怖い病気だと

教えてくれました。

それでも何とかして治療ができないかとネットで探し、薬の存在を知ったのでした。

 

 

【11月1日】

投与1日目

協力病院へ車を走らせました。

その晩から新薬の投与が始まりました。

これがその時の薬代と検査費です。

検査費とお薬200㎎を30カプセル(15日分)と抗生剤、貧血等の薬代金の

合計 249,733円でした。

 

血液検査等して頂き総合的に判断してFIPの可能性が高いので

お薬投与する事に決める。

 

投与1日目です。

午後11時半に協力病院にて投与 ぶどう膜炎、下痢等でドライ中期と診断

体重が2.55㎏なので200㎎を2個投与する。

遠方の為、15日分の薬を処方してもらい帰りました。

【11月2日】

投与2日目

「コロナウイルス抗体で陽性が出ましたので総合的に判断してFIPで確定です」

と地元の病院から電話が入りました。

昨日より投与を始めているので冷静に話を聞く事ができました。

【11月5日】

投与5日目 

ステロイド点眼をずっとしてきたので角膜に傷がある為 

ステロイドの目薬をいったん止めて抗生剤とビタミン剤と

ヒアルロン酸の目薬をすることになりました。

右目は赤く充血がひどく、食事は食べてもすぐに吐いてしまいます。

 

 

【11月6日】

投与6日目

協力病院で受けた検査の結果がでました。

猫下痢パネルにて猫コロナウイルスがプラス

出たのです。

ずっと下痢が続いていた理由がようやく分かりました。

 

【11月10日】 

投与10日目 

体重2.85㎏ 

食欲は少しずつ前のように戻ってきています。

最近は嘔吐も少なくなりました。目の充血はまだありますが食事が

取れるようになってきたので薬の効果を信じて頑張ろうと思います。

お薬200㎎を30カプセル(15日分)

お薬50㎎を15カプセル(15日分)を処方してもらいました。

合計196,540円になりました。

【11月16日】  

投与16日目

投与2週間たったので検査のため地元の病院に行きました

昨日まで目の状態は良好でしたが、16日朝起きたら右目の充血がひどく真っ赤になっており

右目がうまくあけられていません。急にまた悪くなってしまい不安でいっぱいでした。

しかしこの新薬は84日間必ず続けなければいけません。途中で中断はできないのでレオを信じて投与を続けます。

(その時の目の状態の写真です)

検査の結果ぶどう膜炎が悪くなっていました。

まだお薬の効果が目には効いておらず一度中断していたステロイド点眼を

1日4回再開することになりました。

 

【11月19日】  

投与19日目

眼科で眼圧、眼底検査  

内科で熱と下痢がひどいため注射と抗生剤と栄養点滴する。

ウエットを食べても吐いてしまう。良かったと思ったらまた悪くなり一喜一憂の日々です。

まだまだFIPと戦っているのか体調が悪い日があります。

 

 

【11月24日】

投与24日目

お薬200㎎30カプセル(15日分)

お薬100㎎30カプセル(15日分)

合計261,880円になります。

【11月26日】 

投与26日目 

最近は薬が効き始めているのか、体調も落ち着いていて嘔吐も少なくなり

体重3.26㎏お薬は500㎎投与しています。

眼科で眼圧、眼底検査

目の調子はすごく良くなってきているそうです。

お薬が効いてきてるみたいで、ステロイド点眼も1日2回に減らしていきます。

28日に眼科で網膜の検査をします。

 

お薬投与二週間後の検査の結果がでました。

エコーで腹腔内のリンパの腫れが少し悪いようです。

血液検査とレントゲンは良かったみたいですが抗体の値が前より悪くなっており

心配です。

 

【11月28日】 

 投与28日目

眼科で眼圧、眼底、OCT検査

OTCとは、主に網膜の断層を撮影する装置で角膜も撮影する事ができます。

網膜剥離などの網膜疾患や緑内障などの診断に使うそうです。

左右の眼底の画像です

 

(右目網膜の画像です) 網膜が通常より厚くなっていて

下の画像の左の網膜と比べると傷んだ感じで、きれいではありません。

眼底検査でもブツブツとしたぶどうの様な画像でびっくりしました。

(左目網膜画像です) 網膜の厚さは正常で,上の画像に比べると明らかにきれいです。

 

【12月1日】 

投与31日目

体重3.4㎏ 下痢はほとんどありません。

200mg×2  100㎎×1   

合計 500mgの投与です。

お薬50mgを10カプセルを処方してもらいました。

合計 15,040円になります。

【12月12日】

投与42日目 下痢もなく目の表面もきれいです。

体重3.7㎏ 体重が増えた為、 

200㎎×2  100㎎×1 50㎎×1

投与しています。

お薬200㎎を45カプセル(15日分) 

お薬50㎎を10カプセル(10日分)を処方してもらいました。

合計276,400円になります。

【12月17日】

投与47日目 

投与から6週間目の定期検査です。レントゲン、エコー、血液検査

コロナ抗体遺伝子検査等しました。

【12月19日】

投与49日目

投与から6週目定期検査で眼底、眼圧、網膜の厚さの検査をしました。

網膜の検査は前回と変わりなく網膜の厚さも良くなっていませんでした。

網膜まで薬は効かないのかもしれませんが目の表面の濁りは本当に良くなりました。

 

【12月25日】

投与55日目

体重3.97㎏

お薬200㎎を30カプセル(10日分)を送ってもらいました。

合計 174,760円になります。

 

先日の検査の結果がでました。

良くなったのと悪くなったのがあります。またまた一喜一憂の毎日です。

薬の副作用なのか血液検査の結果が悪いのが気になりますが

エコー検査も他の検査も良くなっているので良しとするしかないです。

 

【1月7日】

投与68日目

体重4.3㎏  

お薬200㎎×20カプセル(7日分)

50㎎×7カプセル(7日分)を処方してもらいました。 

合計 126,844円になります。

       

 

       

 

▼FIPの治療費について

 

現在までのお薬にかかった費用と通院、検査等にかかった費用です。

84日必ず投与の為、現在購入した薬代と残りの1週間ぶんの薬代の合計です。

(領収書には薬の送料も記載されているため領収書と金額が違います)

11月1日 体重2.55㎏(投与400㎎)  

200㎎×30カプセル(15日分)

5,280円×30=158,400円 

 消費税15,840円 

(合計 174,240円)

                                       

11月10日 体重2.85㎏(投与400㎎)

 

200㎎×30カプセル(15日分)

 5,280円×30=158,400円

50㎎×15カプセル(15日分) 

1,320円×15=19,800円

 消費税17,820円

合計 196,020円)

  

11月24日 体重3.1㎏(投与450㎎)

 

200㎎×30カプセル(15日分) 

5,280円×30=158,400円

100㎎×30カプセル(15日分) 

2,640円×30=79,200円

 消費税23,760円 

合計261,360円)

 

12月1日  体重3.4㎏(投与500㎎)

 

50㎎×10カプセル(10日分) 

1,320円×10=13,200円

 消費税1,320円

合計14,520円) 

 

12月12日  体重3.7㎏(投与550㎎) 

 

200㎎×45カプセル(約22日分)

 5,280円×45=237,600円

50㎎×10カプセル(10日分) 

1,320円×10=13,200円

 消費税25,080円

(合計275,880円)

  

12月25日  体重3.97㎏(投与600㎎) 

 

200㎎×30カプセル(10日分) 

5,280円×30=158,400円

消費税15,840円 

(合計174,240円)

  

2021年1月7日 体重4.3㎏(投与650㎎) 

 

200㎎×20カプセル(約6日分)

5,280円×20=105,600円 

50㎎×7カプセル(7日分) 

1,320円×7=9,240円

消費税11,484円

(合計126,324円)

   

後残り一週間分の薬代をプラスしての合計を出しました。

 残り1月23日までの分 120,000円

 

★ (薬代  1,342,584円)

 

★(ぶどう膜炎病院通院代、検査費用等 383,579円)

   9月23日    4,620円     

   9月26日    3,960円      

 10月  8日  27,280円  

 10月15日    6,600円  

 10月22日    7,700円  

 10月29日  25,135円   

 11月  1日  64,970円

 11月16日  30,415円

 11月19日  11,182円

 11月26日  10,307円 

 11月28日    9,900円  

 12月17日  28,710円

 12月19日    7,700円

 12月26日    1,100円

(眼科検査6,000円×4)24,000円

(定期検査約30,000円×4)120,000円

(84日目の検査、投与後一ヶ月毎三回)

※FIP治療代 合計 1,726,163円

 

  (今まで飲んだお薬 64日分)

 

治療費は約173万円ほどかかります。

ドライタイプ中期で特にブドウ膜炎の目の調子が悪い事もあり検査等の費用もかかりました。

右目の濁りも大分良くなり、当初は失明も覚悟しておりましたので

今後の将来はわかりませんが、失明を回避できただけでも本当にうれしく思っております。

 

縁があってレオが家族の一員となったからには何とかFIP(猫伝染性腹膜炎)の病と戦って

少しでも長生きしてほしいという思いでいっぱいです。

皆様のお力を少しでもお借りして投薬を中断することなく84日間続けFIP寛解を実現し

レオと一緒に暮らせることを家族一同願っています。

 

費用のことですが恥ずかしながら底をついてきました。私は持病があり働けず主人の給料で生活しています。子供の大学の学費と専門学校の学費が高く残りの治療代が難しくなってきていて

今は貯金を崩しながらそれを治療費にあてています。

 

現在体重が4.3㎏あり薬も一日650㎎投与で一日に17,160円かかっています。

当初より体重が増えた為FIPの薬代と検査費用で170万かかりそうです。

本当に勝手なお願いですが170万円のうちの60万円を助けて頂けたらと思います。

 

コロナ禍による皆さまの生活も大変ななか、勝手なお願いをしていることをお許しいただけたらと思います。レオの治療費を最後まで継続するために少しでもご協力を宜しくお願い申しあげます。

 

          

▼支援金の使いみち

 

皆様からの支援していただきましたお金は手数料等差し引いた金額すべて治療費に

あてさせて頂きます。

2020年11月1日より投与始めて2021年1月23日で84日の投与を終了となります。

本当はもっと早くお願いしたかったのですが、機械おんちの為準備等に大変時間がかかり

残り二週間になってしまいました。最後に皆様のご支援ご協力をお願いいたします。

どうかレオを助けてください。

 

 

▼リターンについて

 

ご支援・ご協力していただきました方にはメールで感謝をこめたお礼のメッセージと

レオの写真入りのオリジナルグッズをささやかですが、お送りさせて頂きます。

 

・レオの写真入りポストカード(はがきサイズ)(100×149mm)

・レオの写真入り2L判(写真サイズ)ミニカレンダー(127×178mm)

・レオの写真入りA4クリアファイル

・レオの写真入りエコトートバッグ(約W420㎜×H580㎜×D150㎜)

・レオの写真入りラバーコースター(約W90㎜×H90㎜)

(写真の画像はこちらで選択させて頂きますことをご了承下さい)

 

 

※クラウドファンディング終了後、プロジェクトが成立致しましたら

オリジナルグッズの発注を行う為その時の発注先の在庫の状況や発注商品の取扱いの製造停止などの理由でやむをえず他の商品に差し替えさせていたく事があります。

その場合は必ずメールでご連絡させていたきます。

 

コロナ禍の影響により発送に遅延が生じる場合がございます。

 ご了承頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

▼最後に

 

この度は最後までお読み頂きありがとうございました。

残りの投薬が二週間しかありませんが84日投薬後、三か月間の経過観察となり再発がなければ

寛解となります。

 

まだまだ長い道のりになりそうです。レオはこの薬を投薬してから三週間目くらいから

目にみえて体調が良くなった気がします。嘔吐も少なくなり、体重も順調に増えました。

今後どうなっていくのかわりませんが、少しでも長く生きて幸せな猫の一生を終えてくれたらと

思っています。

 

今後、FIP(猫伝染性腹膜炎)になってしまったすべての猫が助かりますように

一日でも早く日本で承認されますようにお祈り申し上げます。

どうかご支援ご協力よろしくお願い致します。

 

 

★なお投薬するお薬は日本において動物医薬品として承認されていません。

レオの飼い主としてあくまでも個人的な自己責任と判断の上で投与しております。

すべてのFIP患者の方に有効であるという趣旨ではありません。

 

★本プロジェクトはAll-or-Nothing方式となります。

支援総額が目標金額に1円でも満たない場合は全額支援者に返金されるシステムになっています。

支援金が目標金額を超えたプロジェクトのみが成立し手数料を差し引いた金額が実行者に

支払われます。

 

娘がインスタグラムでレオの様子を投稿しているので是非見てください。

https://www.instagram.com/reo_gram.__

 

 

▼プロジェクト終了要項

 

治療・手術対象    
レオ(キジトラ、6ヵ月、オス)

治療・手術内容    
不治の病FIP(猫伝染腹膜炎)の治療薬の薬代
(84日間分)

治療・手術完了予定日    
2021年4月23日投与、経過観察終了

 

プロジェクトページ表記における法令遵守の観点から、「薬品名」「薬が獣医による診療の中で処方される場合、事実と異なる購入等の表記」を削除、修正させていただきました。
2021年3月9日 READYFOR事務局

プロフィール

愛知県在住 夫、大学三年生の娘 専門学生の娘の4人家族です。 2020年7月26日に我が家にレオを迎え入れました。

リターン

1,000

全額応援コース:1000円

全額応援コース:1000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りさせていただきます。
●レオの画像メールをお送りさせていただきます。
メールのみのリターンとさせていただきご支援いただいた全額を治療費・お薬代金として使わせて頂きます。

支援者
112人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

3,000

全額応援コース:3,000円

全額応援コース:3,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオの画像つきメールをお送りいたします。
メールのみのリターンとさせていただき、ご支援いただいた全額を治療費に使わせていただきます。

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

3,000

レオ君写真入りポストカード3枚コース:3,000円

レオ君写真入りポストカード3枚コース:3,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君写真入りポストカード3枚をお送りいたします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

5,000

全額応援コース:5,000円

全額応援コース:5,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオの画像メールをお送りいたします。
メールのみのリターンとさせていただきご支援いただいた全額を治療費に使わせていただきます。

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

5,000

レオ君オリジナルA4クリアファイル1枚、 レオの写真入りポストカード2枚コース:5,000円

レオ君オリジナルA4クリアファイル1枚、 レオの写真入りポストカード2枚コース:5,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君のオリジナルA4サイズクリアファイル1枚、
 レオの写真入りポストカード2枚をお送りいたします。


支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

7,000

全額応援コース:7,000円

全額応援コース:7,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君の画像メールをお送りいたします。
メールのみでのリターンとさせていただき、ご支援いただいた全額を治療に使わせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

7,000

レオ君写真入りラバーコースター1枚、レオの写真入りポストカード2枚コース:7,000円

レオ君写真入りラバーコースター1枚、レオの写真入りポストカード2枚コース:7,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君写真入りラバーコースタ-1枚、はがきサイズポストカード2枚をお送りいたします。
ラバーコースター(約W90㎜×H90㎜)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

10,000

全額応援コース:10,000円

全額応援コース:10,000円

●感謝のきもちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君の画像メールをお送りいたします。
メールのみでのリターンとさせていだき、ご支援いただいた全額を治療費に使わせていただきます。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

10,000

レオ君オリジナルトートバッグ、2L判写真入りミニカレンダー1枚(写真サイズ)ポストカード1枚コース:10,000円

レオ君オリジナルトートバッグ、2L判写真入りミニカレンダー1枚(写真サイズ)ポストカード1枚コース:10,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君のオリジナルトートバッグ、2L判写真入りミニカレンダー(写真サイズ)1枚、写真入りポストカード1枚をお送りいたします。
エコトートバッグ(約W420×H580×D150㎜)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

30,000

全額応援コース:30,000円

全額応援コース:30,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君の画像メールをお送りいたします。
メールのみのリターンとさせていただき、ご支援いただいた全額を治療費に使わせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

30,000

レオ君オリジナルトートバッグ、写真入りラバーコースター1枚、ポストカード2枚コース:30,000円

レオ君オリジナルトートバッグ、写真入りラバーコースター1枚、ポストカード2枚コース:30,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君オリジナルトートバッグ、写真入りラバーコースター1枚、
ポストカード2枚をお送りいたします。
エコトートバッグ(約W420㎜×H580㎜×D150㎜)
ラバーコースター(約w90㎜×H90㎜)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

50,000

全額応援コース:50,000円

全額応援コース:50,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君の画像メールをお送りいたします。
メールのみのリターンとさせていただき、ご支援いただいた全額を治療費に使わせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

50,000

レオ君オリジナルブランケットコース:50,000円

レオ君オリジナルブランケットコース:50,000円

●感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします。
●レオ君オリジナルブランケットをお送りいたします。
ブランケット(約W650㎜×H480㎜)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

プロフィール

愛知県在住 夫、大学三年生の娘 専門学生の娘の4人家族です。 2020年7月26日に我が家にレオを迎え入れました。

あなたにおすすめのプロジェクト

竹ストローでSDGsを広め熊本県に寄付したい!

目白大学 柳田ゼミナール(柳田志学)目白大学 柳田ゼミナール(柳田志学)

#国際協力

75%
現在
150,000円
支援者
25人
残り
19日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする