READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

震災後唯一復旧した気仙沼の海水浴場に新しい水難救助艇を配備!

気仙沼ライフセービングクラブ 小山大介

気仙沼ライフセービングクラブ 小山大介

震災後唯一復旧した気仙沼の海水浴場に新しい水難救助艇を配備!
支援総額
1,051,000

目標 996,000円

支援者
54人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2015年01月12日 23:44

残り42日 ~未来の種をまく~

こんばんは。

 

今日は当クラブで実施している「ジュニアライフセーバープログラム」についてお伝えします。

 

気仙沼ライフセービングクラブでは当初の設立理念「災害に強い人材の育成」を達成するために平成24年4月から小中高生を対象としたライフセービングプログラムを実施しています。

 

当初は主に藤沢B&G海洋センター(岩手県一関市)を会場として行っておりましたが、海浜環境の復興に伴い、実際の海でもプログラムを行っています。

 

内容は、日本ライフセービング協会で実施しているウォーターセーフティー講習を参考に、自らの身を守る方法を中心に実施しておりますが、中高校生については、練習時間の後半を「人の命を守る」をテーマに実際の水難救助法を行ったり、競技会に向けた練習を行っています。

 

また、水難救助についてだけではなく、「心配蘇生法」、「応急手当」についての勉強会なども開催しています。

 

また、平成26年11月に岩手県盛岡市で開催された「第2回全日本ジュニア・ユースライフセービングプール競技会」でラインスロー競技で1位、マネキントウウィズフィンで1位・3位入賞を致しました。

プールで練習する機会が少ない中、自宅などでの個人練習が身を結んだ結果です。

 

 

今後も子どもたちへのプログラムを通じて、未来のライフセーバーの育成や、「災害に強い人材の育成」を行ってまいります。

 

今、必要なのは「教育」だと考えるのです。

 

 

この笑顔を守り、増やすために。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

1:サンクスレターと年度報

支援者
29人
在庫数
制限なし

10,000

1に加えて
2:年度報にお名前を掲載(希望者)
3:クラブオリジナルカレンダー
4:監視員のじいちゃん達が作ったビン玉ストラップ

支援者
24人
在庫数
制限なし

30,000

1、2、3、4、に加えて
5:監視員のじいちゃん達が作ったビン玉(直径8cm)
6:進水式へのご案内(2名)
7:クラブオリジナルポロシャツ
8:ボーンストラップ(フィッシュフック型)

支援者
5人
在庫数
制限なし

50,000

1、2、3、4、5、6、7、8に加えて
9:ボーンネックレス
10:フカヒレスープ1箱

支援者
0人
在庫数
5

100,000

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10に加えて
11:気仙沼市内観光案内(2名様まで)
12:気仙沼発の本格エスプレッソコーヒーショップ、アンカーコーヒーさんのコーヒーギフトセット

支援者
3人
在庫数
1

プロジェクトの相談をする